わたしをみつけて

  • 674人登録
  • 3.94評価
    • (86)
    • (157)
    • (86)
    • (5)
    • (3)
  • 151レビュー
著者 : 中脇初枝
  • ポプラ社 (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591135365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

わたしをみつけての感想・レビュー・書評

  • 本を読むのと同じくらい、おままごとが好きでした。
    それも、「おかあさん」「おとうさん」と呼び合うおままごとではなくて
    「今日の私は、エリザベス♪」と、金髪巻き毛の女の子になり切って
    小さなティーポットでしずしずとお茶を淹れるような。
    おままごとそのものよりも、「今日の私の素敵な名前」を考えるのがうれしくて。

    そんなふうに、名前に込められた意味やイメージについて想像するのが大好きなので
    初めてピアノのレッスンに来た生徒さんには、必ず「お名前は?」と訊いて
    「うわあ、きれいなお名前ね!」と盛り上がったり
    「あ、そのお名前の入った曲があるよ!」と弾いてあげたりするところから始めます。

    。。。だから、ショックでした。
    名前の由来を訊かれること、言い当てられることを苦痛に思う人がいると知って。

    三月に捨てられたから、弥生。
    三月に生まれたから、ではなく。

    たぶん生まれ月は二月なのに、捨てられ、拾われた月の
    「弥生」という名前を背負って彼女は生きている。
    施設は18になったら出なくてはいけないから、准看護士の資格しか取れない。
    院長がアパートの保証人になるのは一回きり、という規則のせいで
    天涯孤独で他に保証人の当てがない彼女は、
    勤めている病院でどんなに理不尽な扱いをされても、職場を変えられない。

    いい子でなければ、欲しがってもらえなかった。
    いい子だから、と引き取ってもらった家では、
    わるい子でも変わらずに愛してもらえるのか確かめたくて
    ことさらにわるい子を演じ、案の定突き放されて。

    『きみはいい子』で、通りすがりだろうが、ちょっとした顔見知りだろうが
    誰かが「きみは、ほんとはいい子だよ」と語りかけ、見守ることで
    救われるこども(もちろん大人も)がいることを、丁寧に描いた中脇初枝さん。
    でも中脇さんは、ちいさな救済のその先を、ずっと考え続けていたのですね。

    いい子でもなく、わるい子でもなく、わたしはわたし。
    誰でもいいから、「わたしをみつけて」と心の中で叫んでいた弥生が
    「わたしをみつけて、さあ、それからどうする?」と
    人の顔色を窺うばかりだったまなざしをすうっと上に向けるとき
    ああ、このタイトルは、ラストシーンは
    悲痛な叫びじゃなくて、思わせぶりな尻切れトンボでもなくて、
    未来へと繋がっていたんだ!と、ただただうれしくなるのです。

  • 3月に捨てられ施設で育った弥生は、今は准看護師として働いている。「よい子」として生きるしかなかった彼女は自分の心をさらけ出すことが苦手だ。患者とも同僚看護師たちとも距離を置いて表面的に付き合い、深く関わろうとはしない。患者の家族からは医師や師長には決して言うことのないひどい言葉を投げつけられ、医師にはいいように使われている。

    そこへ現れた新しい看護師長。穏やかで優しい目をしていた。
    にこにこと笑顔を絶やさずに応対するけれども決して妥協や無責任な仕事を許すことはない。柔らかな物腰の彼女は、高圧的でなく大声も出さないけれど、すべきことは毅然と貫き通すことができる。

    親に愛された経験がなく、その後も愛情に乏しい生活を強いられてきて、人を信じて委ねることはなかなかできないだろうし、根源的な自信も持てないまま、今に至っている弥生。さらに、身近な人たちに絶対的な信頼関係を築けなかった。自分を解放できる関係を持てず、繭のようなものの中に自分を存在させるしかない。

    新しい師長は看護師たちに意欲や自信を取り戻させ、自分たちの仕事に対する誇りと責任感を再確認させていく。結果、彼女もその繭の中からようやく出ることができた。

    そういったやり取りや一歩踏み出す勇気を持てたことにより、弥生の仕事ぶりが変わっていき、考え方にも変化が出てくる。その上、今まで自分に関わってくれた人たちやその中で自分を大事に思ってくれた人がいたことを思い出す。


    中脇さん、上手いなあ。
    不器用だったり、子どもの頃に満ち足りた気持ちを持てなかった人を描いて、希望を見出させるのが上手いと思う。派手にハッピーエンドではないけど、実は何もないと思われていた日々の中に小さな小さな花が咲いていたと気づかせてくれる。
    見過ごしていた風景の中にあるしあわせ。
    誰だって、あれやこれや不満を口にしてしまうことがあるけれど、少しばかり前向きに、人と比べずに自分を見つめれば、忘れていた喜びやうれしかったこと、幸せだと感じたことが確かにあったと気づけるはず。

    苦く、ほろ苦く、少し甘い。
    「私をみつけて」と願ったとき、実はそこに「すでにみつけている人」がいた。
    きっと私たちのまわりにも・・・。

  • 過去の半生がどんなに辛く苦しいものだったしても、
    大きなトラウマを抱えていたとしても、
    自暴自棄になっていたとしても、
    自分を生きることを諦めていたとしても、
    たった一人、たった一人でいいから自分を理解し受け入れてくれる人がいればそこからきっと生き直せる。
    自分の人生をやっと自分のものにすることができる。

    この小説の主人公は三月に捨てられ施設で育った弥生。
    自分の居場所を守ることに必死で、固い殻に閉じこもって生きている。
    そんな弥生が新しい看護師長やある患者さんに出会うことによって、生まれ変わっていく姿がすがすがしい。

    現実的には、こんなきれいごとでは済まないのかもしれない。
    でも、こんなすさんだ世の中だからこそこの物語が光となる。
    個人的には「きみはいい子」より好き。
    主人公が前を向いて歩いていく姿はいつだって私の希望となる。

  • いい子でないといけませんか?

    主人公の弥生は生まれてすぐ親に捨てられ、施設で育ったため、「いい子」のふりをして、生きてきた。

    必死に勉強して準看護師になった彼女は真面目で優秀、医師の杜撰な仕事ぶりにも不満を言わない「いい子」。

    だが、新しくやってきた看護師長の完璧な仕事ぶりと患者と親身に向き合う様子に、築き上げてきた自分が揺らぎ始めて…

    愛情を注いでくれる家族がいるから「わるい子」にもなれる。「いい子」でなくても見捨てられない。

    周囲の大人を試すことでしか愛情をはかれない子供は孤独で不幸だ。

    だけど、ずっと一人ぼっちと思ってきた弥生も一人で生きてきた訳ではない。

    虐待するような親なら、いない方が幸せでさえある。寮を出て初めて、それまで毎日誰かにご飯を作ってもらっていたことに気付く。人は一人では大きくなれない。

    「赤ちゃんだった私にはわからなかったが、誰かが私を拾い上げてくれた。誰かが私を見てくれていた。神田さんを見守っていた菊池さんのように。そのとき、私はきっと祈られていた。今、私が菊池さんを思うように。」

    育児放棄、DV、虐待、医療ミス…重たいテーマと登場する医師のひどさにショックを受けるが、読後には希望が感じられる作品。

  • こどもと母親の闇や問題を書いた「きみはいい子」より、こっちのほうが冷静に読めたというか、自然に物語に寄り添って読めた感じがします。

    生後直後に産院前に捨てられていた弥生は、施設で大きくなり、生きていくために勉強して准看護師の資格を取り必死で働いてきた。
    不幸な生い立ちを持つ主人公は、なんだかんだいっても健気で純粋で…というのがセオリーですが、弥生は誰もが持ってる汚い部分やずるい部分を隠さずに自分でもそれを認めて、それでも踏ん張っている。
    藤堂師長は、弥生の強くて美しい心を具現化したような存在のように感じました。

    消防団のおじいさん・菊池さんが
    「きみも(自分を捨てた)親を探すなんてばかなことはしないことだよ」
    と言うところと、
    息子を虐待され自身も暴力を受けても男と別れられなかった神田さんに
    「こどもを捨てないだけでも、神田さんはいい親だと思います」
    と言うところがとても印象的でした。

    どこかに、だれかの、祈りや救いや希望はある。

  • 中脇さんの作品「きみはいい子」を借りようと思いましたが、タイミング
    良く先に返却された「わたしをみつけて」を借りることができました。

    中脇初枝さんの著作は初めてですが、前作の「きみはいい子」で扱っ
    た虐待のテーマは重く、本作はどうかと期待しておりました。

    生まれて直ぐに捨てられた子供、3月に拾われたので名前は弥生。
    心の奥底になぜ自分は捨てられたのか、良い子であれば捨てられな
    かったのか、深い傷を抱えて生きていきます。自分の自然な感情を表
    現することを畏れ、再び捨てられないためのいい子を演じ続けます。

    「わたしがほんとはいい子じゃないとわかっても、お父さんとお母さんは、
     私を捨てないでいてくれるだろうか」
    「いい子じゃなかったら、お父さんとお母さんの子供にしてもらえなかった」

    その後の生き方を決定づける言葉ですが、絶えず自分の中の”本当の
    わたし”はそうじゃないという思いが深く流れています。

    やがてありのままの自分を受け入れてくれる存在に出会い、本当のわた
    しを表に出すことができた時、どのような新しい世界になっていくのか、
    期待は我々読者の想像の中にあります。

    大変面白く、夜の更けるのも忘れ一気に読み終えた作品でした。

    香山リカさんの 「いい子じゃなきゃいけないの」 とも通じます

  • 「きみはいい子」がとても良かったので、中脇初枝さんの「わたしをみつけて」も借りて読んでみました。
    「好き嫌い」がハッキリ別れる本だと思います。
    『小説新潮』7月号・山本周五郎賞の選評を事前に読んだので、・・・どうかなー・・・「きみはいい子」のほうは良くて、こっちは全然ダメなのかな?と、あまり期待していなかったんですが、とても良かったです。
    読んで良かった。


    「きみはいい子」同様に、虐待が根本を流れています。
    親に愛されているか、愛されていないか。子どもが愛されていることを実感しているか・・・。まだ2冊しか読んでいませんが、きっと中脇氏の「描く原動力」というか、著作テーマなんだと思います。なので「虐待」とか「愛されていないかもしれないという不安」とかいうテーマに、まったく共感できない方は、中脇氏の本は全然面白くないだろうな。と。

    人は愛されていることを自覚して育ったタイプと(経済的なものは関係なく。)、
    程度の差こそあれ、(たとえ虐待とはいえないものだったとしても)家庭での立場にすごくさみしさを感じていたり、愛されていないかもと感じたりした子ども時代を経たタイプの人がいて、
    両者はこの本をどう感じるか、まったく違うと思うのです。
    あるいは「子どもが可愛くて可愛くて仕方ない、育児は天職だ」と思えるタイプは読まなくていいかな。「子どもは可愛いんだけど、仕事から疲れて帰ってきて、自分の思うようにいかずに子どもを叩きたくなった、怒鳴りたくなった(実際に叩いてなくても)。悲しい。」と思うような(これすなわち私)母親ならm共感できるかもしれない。


    「児童養護施設」「病院の現場」あたりのリアリティは低いです(どうしてわかるかというと、かつての職場だから。苦笑。でも、中脇氏も児童養護施設等に思い入れがあるのかもしれません。)でなければ、数十年前の現場の姿なのかな。現代の病院の問題点にメスを入れる!とか、そういうテーマではないです。そもそもこれは、この物語の主要軸ではない感じがする。


    主人公・弥生の成長物語。
    本屋でこれを見かけたら最初のページだけでも読んでみて、もし物語に入っていけそうだったら読んでみることをオススメします。
    (主人公が自分を一番憐れんでる、とか、かわいそうな自分に酔ってる、とかいう評をいろんなところで見ましたが、もし私自身が弥生だったら、そうやって自分自身を憐れまなければ(実際、弥生はかなり自己評価低いし)生きていけなかっただろうなあと思います。)
    「わたしは自分ひとりで生きて育ってきたわけではなかった」と、師長とのやりときで気付き、前を向いて生きていこうとするあたりは感動します。弥生は、痛みを乗り越えたんですね。
    私は師長と弥生の、「笑顔についてのやりとり」を見てから、仮面でもいいから「笑顔のおかあさん」をやろうと思いました(笑。30年続けたら、きっと「いつも笑顔のお母さん」となるでしょう。

    「僕が悪い子だから、うちにはサンタさんが来ないんだ。」と言っていた、
    「きみはいい子」の神田さん、こちらにも。(実際にこの子は登場しないんだけど)
    幸せになってね、神田さん。

  • いい子でなくても捨てられないことを自分でたしかめるために、どこまでゆるされるか親をためす。いい子でなければまた捨てられてしまうという絶望。もう二度と絶望しないように、いい子の仮面をかぶりつづける。いい子もわるい子も自分なのに。
    看護師になった主人公は、いろいろな大人が子どもたちを見守っていることを知る。見守ってきた人は見守られることを知る。自分が見守られてきたことに気づき、見守る人になろうとする。看護師のかぶる仮面は自分を守るための仮面ではなく、他の人を守るための仮面だった。

  • やっぱり好きだな、中脇初枝さんの作品。

    捨て子だった山本弥生が、藤堂看護師長、菊池さんとの出会いによって、人として、看護師として成長するお話。

    「自分ひとりで大きくなったわけではなかった」と気づくまでの道程。
    「わたしはわたし」だという心持ちにまで至る。
    その過程の描き方が良かった。
    シンプルで、淡々とした印象を受ける文章がまた効果的。

    優しくて強い人の話はとても好きだ。

  • 「いい子じゃないと、いけませんか。」
    この問いかけに、はっきりNOと答えたい
    でも自分自身にも「いい人」と言われたいという気持ちが根強くある

    前作の「きみはいい子」も好きだった
    これは長編、一気に読んだ

    ≪ どこにいる? ほんとのわたし つくるもの ≫

  • 児童養護施設で育った主人公の弥生は准看護師として淡々とした日々を送る。自分の居場所が無くならないようにということだけを考え、理不尽な院長や医者にも従っていくが、新しく来た師長はそんな弥生の頑なな心を変えていく。

    いい子じゃなかったから親に捨てられた、ずっとそう考えてきた弥生を思うとせつないです。

  • 「きみはいい子」と同じ桜ヶ丘団地を舞台に〜巡り合いにより救われる〜共通の世界観で描かれるメッセージ性の高い作品。
    ただベースとなるストーリーがベタなだけに読み手によってどうとでも変わってしまうのでは?といらぬ心配もしてしまう。
    ビフォーアフターのギャップをつけるためにヒロインの卑屈過ぎる位置付けも共感はし難いし悪役とはいえあまりにもアホ過ぎる医者も興醒めする原因のひとつではないか。
    孤の時代にマッチするテーマは独創的で惹きつける力を持っている、だからこそもっとじっくりと深い物語を描いて欲しいと思う

  • 鈴木保奈美と滝本美織のドラマもよかったが、原作はもっとよかった。途中、何度か涙が出そうになった。「きみはいい子」につながる感じ。

  • お医者だからとか看護師だから、ではない。人間はいい人に出会えるかだよなぁ。そして確かに世の中にはいい人がいっぱいいると思う。

  • ひりひり、ひりひり、する。
    でも最後の最後に、なんとかほほ笑むことができる、
    そんなお話。

    きみはいいこ、がよかったので、
    他のもよんでみよーと思い手にとる。
    いやあ、中脇さん、いいなあ、好きです。
    文は比較的易しいので、一見児童文学的でもあるんだが、
    内容は、なんかこう、人の核心をついてる、とゆーような印象。

    「名づけは親の最初の暴力みたいなものだし」
    に衝撃とともに、ちょっと納得。
    そりゃあ、大抵は子を想ってつけてるんだろうし、
    どちらかというと最初の贈りもの、なんだろうけど、
    それが、そうじゃない場合もあるんじゃないだろうか。
    最近のキラキラネームとか、親のエゴが強すぎる気も・・・。その名前で呼ばれて、その名前で生きていくんだもんなあ。

    九九の呪文ペーパーを書いてた菊地さんに、感動。
    え?なに、この人、どんだけいい人なの!!!?
    こんな出会いってあっていいの??
    ありがとうっ!ってな感じで、落涙ものでした。

    にしても、トンでも病院だな。
    こんな病院あっていいのか。あるわけないよな、と思いたいが、どっかの大学病院でもそーいや何人も患者死なせてたよなあー。
    もちろん、真摯に患者と向き合っている人たちだって
    いるんだろうけど、運悪く、こーゆー医者もどきにあたってしまったらどうしたらよいのだろう??
    ラスト、悪い予感は的中して、院長、お前が死ね、と呪いました。
    うう、菊地さん、絶対助かってくれよ~~~。

    親に捨てられた。
    その自分に対する最初の拒否に深く傷ついて、
    その傷を抱えたまま生きてきた主人公が、
    新しい出会いによって、少しづつ強く、前をむいていく。
    こーゆー出会いは、素敵だ。

    間違っていることに、慣れちゃだめだ。
    人は簡単に染まってしまうから。
    でも、変わることだって、きっとできる。

  • 『きみはいい子』を読んでから少したって、また手にとった中脇初枝さんの本。

    主人公の准看護師の弥生は、3月に捨てられていたから、その名がついた。
    親を知らず、施設で育ち、看護師としていい子でい続けようと決め、周りとの諍いなく、日々勤め、暮らしていた。
    いい子でいれば捨てられない、そう心に決めて。

    新しい看護師長、近所の菊池さんとの出会いから、少しずつ固くなになっていた心が溶けていく弥生。
    自分のいる場所を見つけ、そこで頑張ると決める。

    3月に『拾われた』わたし。
    3月に祈られたわたし。


    いろいろ考えさせられました。
    施設のことも、病院のことも。
    師長や菊池さんのように、常に他人を思いやれる、そんな人には、どうしたらなれるのか、とか。

    最後の弥生の決意に涙が出ました。
    明日の見える終わり方で良かった。

    いい本でした。

  • 親と子の深い傷痕が心に痛い。
    見舞いに来る娘より、ほったらかしの息子の名前ばかり呼んで亡くなった母親を見守る娘にかけられた師長の言葉に泣けた。
    全部ウソでもいい。
    あんな風に誰かの心を助ける言葉は、
    強く、優しい。

  • わたしをみつけて
    タイトルの8文字に込められた、主人公の思い。
    3月生まれだからではなく3月に捨てられていたから、そう名付けられた准看護師の弥生。
    淡々とした性格の主人公。喜怒哀楽はほとんどない。
    物語も淡々と進行していくが、弥生の思いが切なくて苦しい。
    気づいたら涙がこぼれていた。
    淡々と生きていくことで、自分を守っている弥生が本当に切なすぎて。
    菊池さんとの九九のやり取り。
    外出中に読んでいたにも関わらず、涙がこぼれてきて困った。
    菊池さんや藤堂師長との出会いで、じぶんをみつけていく過程が心地いい。
    またゆっくり読み直したくなる作品。

  • 不遇な境遇で育ち、ひたすら「いい子」を演じて
    自ら思考することをやめていた弥生が、
    良き出会いを経て、自らの意志で変わっていこうとする姿に
    心を打たれました。

    どんな自分であってもそれを丸ごと受け入れ、
    見守ってくれる人がいる、というのは、
    大きな自信と、困難に立ち向かう力を与えてくれるのですね。

    私も他の誰かに対して、そんなふうでありたい。

    そうか、子どもがわざと私を怒らせるようなことをするのは、
    私を試していたのね・・・

  • 『きみはいい子』がすごく良くて、今度は長編。『きみはいい子』同様、家庭に問題のある話だったから途中何度もうるっときた。物語は淡々と進んで行くんだけど、感情や心理描写が丁寧に、でもさらっと描かれていて心地いいスピードで読める。
    人に認めてもらうってとってもとっても重要なことなんだなって,あらためて思った。

  • この作家さんの本、2作品目を読みました。

    自分の心を隠して、淡々と生きてきた主人公が出会った人によって変わっていく様子。

    捉え方を変えられたラスト、悲しい境遇の中に救いを見いだせた主人公。
    読み終わった後、あったかい気持ちになれる本でした。

  • 図書館にて。
    「きみはいい子」から、この筆者の2作目の作品も不幸な子供の頃の記憶を持つ女例が主人公だ。
    今回は長編。
    こういう作品を読むたび、親というものの責任について考えさせられる。
    大人も生きていくのに必死だが、自分で生きていくことができる。
    でも逃げられない子どもは?
    子供の頃の強烈に不安な気持から逃れられず、大人になっても自信が持てないでいるなんて、なんて不幸なことなんだろう。
    でも、そんな記憶をケアしていける、記憶は記憶としてこれからを前を向いて歩いていける気持ちを持つことができる、それをこの本は教えてくれている。
    大人だとしても子供だとしても、この世界は決してやさしくはないけれど。
    私は今妊娠中で、正直この本を読むことを迷ったが、本当に読んで良かったと思う。
    子供には親からの不幸な記憶を何一つ持たないでほしいのは願いだけれど、多分そうはいかないだろう。親子がうまくいかないことがあるかもしれない。
    親として、理不尽に考えを押し付けたり、シメさんのように言葉で傷つけたりも絶対にしたくないと思う。
    そして子供にはいつか傷ついている人を救うことができる人になってほしいと思うし、私もそうなりたいと思う。

  • 親に捨てられ施設で育った主人公が、生きるために身につけた「いい子」を演じながら、本当の自分をみつけていく物語。センテンスが短く、リズム感があり、読みやすい。その短い文の中に人として大事なエッセンスがつめられていて話中に引き込まれる。結末は読者に任されているが、主人公の幸せを願う気持ちがわきあがる。

  • 『きみはいい子』と同じ桜ヶ丘が舞台なので、登場人物が、ほんの少しだけ重なり、会話から『きみはいい子』に登場した子どもの、その後が想像できた。

    私は3月生まれで『弥生』という言葉も好きだ。
    『弥生』という名前を聞いて迷わず『3月生まれなんだ』と言ったこともある。
    だから、この本は冒頭から私には衝撃的だ。
    普段は考えもしなかった言葉の暴力があるということ。

    『いい子』でいれば、受け入れられる。
    『いい子』じゃなければ嫌われる。
    『いい子』じゃなかったから捨てられた。

    『いい子』は呪縛の言葉のように思える。

  • 題名が主人公の心情すべてを物語っています。テーマであり主人公そのものだと言ってもいいです。

    全体としてちょっとほの暗さが漂いますし、人間臭い部分も多々描かれますが、最期に主人公が希望を見出した辺りが救いがあってよかったと思えました。「師長」さんのキャラの存在が大きいですね。彼女のような人がいればどんな人でも救われるのかもしれません。もっと早く主人公と「師長」さんが出会っていればと思わずにはおられません。
    彼女の仕事についての考え方や価値観にははっとさせられるものがあり、看護師さんだけではなく、様々な人の胸に届くのではないでしょうか。

    主人公が「師長」さんの元に行くのではなく(結末から察するに行くことになりそうですが)自ら蹴って自分の気持ちを貫いたところが彼女の「成長」の結果なのだと思えて胸が熱くなりました。私もそういう生き方ができればと思います。

全151件中 1 - 25件を表示

わたしをみつけてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたしをみつけてを本棚に「積読」で登録しているひと

わたしをみつけての作品紹介

いい子じゃないと、いけませんか。
施設で育ち、今は准看護師として働く弥生は、問題がある医師にも異議は唱えない。
なぜならやっと得た居場所を失いたくないから――

『きみはいい子』(第28回坪田譲治文学賞、第1回静岡書店大賞、2013年本屋大賞4位)で
光をあてた家族の問題に加え、医療現場の問題にも鋭く切り込む書き下ろし長編。
中脇初枝が再び放つ感動作!

わたしをみつけてのKindle版

ツイートする