(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))

  • 124人登録
  • 3.80評価
    • (9)
    • (8)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 安澄加奈
  • ポプラ社 (2013年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591135884

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))の感想・レビュー・書評

  • 武官になるのが嫌で家出した先で出会ったのは
    かぐや姫に関する少年達。

    序盤で少年達の正体が分かるわけですが
    ある意味全員すごいです。
    子供特有の無邪気さと純粋さで進む彼らと
    自分の都合で進んでいる主人公、と幼馴染。
    読み進めて行くと、主人公誰だった? という感じです。

    順調に集まっていくので、これは最後まで? と思ったら
    それはそれで想像力羽ばたく最後に。
    始終、わくわくどきどき、というよりは
    どうするつもりなのか、という展開。
    悪用している人と、ないと抵抗も出来ない人。
    こういうのに直面すると、どうしていいのか
    さっぱり、になります。

  • 今までにない、かぐや姫の話だった。説明し難い人の感情を題にした物語で最後まで楽しく読めた。

  • 面白かった。日本最古の物語といわれる『竹取物語』を、現代の若者向けにテンポよくアレンジしてある。特にかぐや姫が五人の公達にリクエストした五つの品を、それぞれ真実を映したり雷を操ったりできる神の力が宿った宝に見立てたところがよかった。中でも蓬萊の玉の枝は秀逸。月の満ち欠けにあわせて熟す白き果実ーーそれをひとかけ口にすれば、この世の知恵を望むだけわがものにできる。そしてその力を使った藤原不比等が右大臣として君臨したという設定もまことしやかで痛快だ。が、肝心の月守りカップルがかぐや姫と皇子というのはやや出来過ぎで安直感あり。あとラストの2行は蛇足だと思う。

  • 竹取物語をモチーフに、運命に逆らうかぐや姫と姫を守る少年を描く。

    かぐや姫の伝説をうまく物語にしているとは思うけど、いまいち入り込めなかった。登場人物も、かぐや姫側の輝夜と阿生はまだいいとして、一緒に旅をすることになる弥吹と朝香、それに翼が、みんな重要な役割であるのにうすっぺらく、それぞれの関係も浅いように感じてしまうので、もっとそれぞれのつながりをしっかり描いてほしかった。どこを中心に話がすすんでいくかもぶれているので、軸をしっかりさせてほしい。

    中高生向けのレーベルらしいから軽さが売りなのかもしれないけれど、ライトで読みやすくても軸のしっかりした物語はあると思う。ひとつひとつの設定はおもしろいと思うので、残念。

  • キヨが女の子だと自覚するシーンにじんときた!
    自分もぶりっこって言われるのが嫌でわざと
    男みたいに振舞ってたなあ。

  • たけとり物語をモチーフにしたお話。
    2015/5/6

  • 青春アドベンチャー

    いまはむかし~竹取異聞~(全15回)

    『竹取物語』に秘められた少年少女の冒険を描く和風ファンタジー

    【出演者】

    細見大輔 前田希美 能登麻美子 冨樫かずみ
    藤元英樹 高瀬哲朗 祖父江進 佐藤誓
    清水明彦 関輝雄 村澤寿彦 三谷悦代
    市原朋彦 瀬尾智美 天野勝弘 渋谷茂
    柳沢栄治 仲野文梧 山﨑千惠子 油井昌由樹
    堀田勝 白倉裕二 加藤裕 春原雅之 渡辺優奈

    【原作】安澄加奈

    【脚色】田中摂

    【音楽】山下康介


    【スタッフ】

    演出:木村明広
    技術:坂野伊和男
    音響効果:今井裕 鳥水哲也 米本満

  • たしかに勾玉シリーズを思い浮かべた!

    昔ながらの話は私的には読みにくいものがおおいのだけれど、この本は現代風の書き方でとても読みやすかった!

  • 竹取物語新解釈!読みやすいライトな古典好き向けファンタジー。

    確かに勾玉シリーズ彷彿とさせる…けども、違いますね。主役ペアが二組いるので、目線のぶれがちょっと気になりますが、ライトにまとまった感じ。
    何となく、語り部君を中心にしてるのかなぁと感じましたが、竹取組が主軸なので、うむ、ぶれる。

    皆それぞれの転機のお話なので、これからを感じさせる結びでした。頑張れ若者たち!

  • 『竹取物語』を下敷きにした、和風ファンタジー。

    綺麗に始まって、綺麗に終わって読後感がよかったです。

    荻原規子さんの「勾玉シリーズ」が読みたくなる。

  • 勾玉シリーズを彷彿させる。
    すごく菅流。

  • 完全に友風子さんのイラストにひかれて手に取った本でした。
    が、中身もかわいく、テンポよく、少し先が見えてしまうけど、やっぱりすてきにおもしろかったです。走ってる少年少女の話は、大好きです。それがひとりよがりでも、迷いながら遠回りでも。
    竹取物語をつかず離れず踏襲しつつ、でも、まったく異なった物語でした。
    平安感は個人的には薄いけど、その分さくさく読めた。

  • ハードカバーから記載が変わってるとこ、探すのが密かな楽しみです。
    やっぱりあずみさんの表現大好き。

全14件中 1 - 14件を表示

(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))を本棚に登録しているひと

(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする