真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 2063人登録
  • 3.77評価
    • (144)
    • (355)
    • (246)
    • (34)
    • (2)
  • 265レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2013年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591136249

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書中ずっとレモンとバターのいい香りに
    包まれつつ、また少しベールが薄く剥離した午前3時の
    いろんな事情を抱えた眠り姫たちのそれぞれ。

    失われていた希実ちゃんの記憶のフラッシュバック。
    レモンの木々の葉の隙間からこぼれる光、
    広がる青空、木漏れ日をうけてキラキラ光る睫毛。
    香りと結びつく記憶たち。

    楽しい記憶ではない意地悪な従姉妹"沙耶"ちゃんとの再会。
    癒えることのない漫然としたソフィアさんの孤独。
    未来にすがれず、逃げ込んだ思い出の記憶。

    世界は呪いでできている。
    幼い頃から親にかけられた呪縛、
    自分が自分に知らずにかけた呪縛、
    人との巡り会いの中でかけられた呪縛。

    毎日起きて、食事をして、働いて、笑い合う人がいれば
    日常に中に特別は必要ないほど愛おしく幸せに溢れている。
    空を見上げる理由をくれる人と、一緒に見上げてくれる人。
    誰かの傘になるパン屋の真相。

    楽しく美しく幸せな世界と、人の心の弱さと醜さと凶暴さ。
    それは同時に存在し、いつだってひっくり返る瞬間は傍にある。

    大切な人と一緒に食べるウィークエンドデニッシュのように
    冷たさと温かさが一緒になってほどけるように混じりあい
    ひとつなぎになっていく縁の魔法を感じた今作。

    人の手は繋ぐとちゃんと温かい。
    切なさを孕みつつ、次に希実ちゃんを待ち受ける
    展開が温かい赦しと救済の光になるといいな。

  • まよぱんもおもしろくなってきた。
    今回は希実の従姉妹が登場して、彼女の封印されていた過去が明らかになってきます。
    まだまだあるんだけどね、この人たち抱え過ぎ。
    今回は暮林さんの出番が少なかったけど、いちばん大事なカギはこの人が握っているのでしょう、おそらく。
    ついに、希実の母との再会...!というところで終わってしまい、次巻が待ち遠しいです。

    希実ちゃんがどんどん愛おしく思えてきて、弘基がますますいい男に。
    相変わらずパンがおいしそうで、アイスデニッシュすごい食べてみたい。

  • 真夜中のパン屋さんシリーズ第4弾。次第に希実の生い立ちが明らかになってくる。辛く思える環境にも楽しいことはあるし、楽しそうに見える中にも闇を抱えてることもある。どんな環境でも、おいしいものを大事な人たちと食べられることは幸せなんだなぁ。

  • シリーズ4作目。
    希実の過去が明らかに…
    次巻も楽しみです
    今回もやっぱりパンが食べたくなりました

  • パン屋に集う人たちは、みんな心優しくあたたかい人たちばかりだ。
    でも、その優しさの後ろには過去に経験してきた痛みや哀しさが隠されている。
    ソフィアの笑顔にも、暮林や弘基の笑顔にも、希実の笑顔にだって過ぎてきた哀しい時間が隠されている。
    人を思うただ大切に思えばいいことなのに、どうして人は間違えてしまったりするんだろう。
    中には「誰かを大切に思う」こと自体が苦手な人もいるかもしれない。
    もしかしたら、「誰か」よりも「自分」が先に来てしまう人だっているだろう。
    どんなに愛情があったとしても、いつだって後回しにされていたらいつかその愛情だって感じられなくなってしまう。
    家族を守るため…それって都合のいい言い訳でしかない。
    結局は自分の居場所を守るため、自分がいつでも帰れる場所をなくさないため。
    激情に駆られて子供だった希実にしてはいけないことをしてしまった律子。
    どんなに後悔しても無かったことには出来ないし、時間を戻すことも出来ない。
    ほんの少しだけ大人になった希実が、自分を冷静に見つめることの出来るようになっていて良かったと思う。
    大切だからこそ臆病になる。
    優しいからこそ遠回りをしてしまうこともある。
    でも、「パンはいつでも誰にでもおいしい…」。

  • 真夜中にオープンする不思議なパン屋さんに現れたのは、ワケアリ男女の二人組。居候女子高生の希実は、彼らが抱える不穏な秘密によって、不本意ながらも、またまた事件に巻き込まれていく。降り止まない雨の中、希実の過去に隠された謎が明らかに…。人気シリーズ第4弾!!

  • だんだんからくりが明かされていく。人と人の、ややこしい話。みんな、誰かの幸せを願ってる。

  • 巻が進むにつれ、どんどん話が重くなってきましたが、同時に面白さも増しています。希実が6歳まで預けられていた広島の実家の話や、従姉妹、そして母親と美和子の関係まで、びっしり400ページ強で描かれています。3巻までの伏線が少し回収され、少しだけスッキリする4巻。クレバヤシは朝5時までの営業、ということは、この物語は5巻までなのか?でも0時から始まってるしな…といらん考察をしつつ続きを楽しみにしています。

  • はー、辛かった。どうしてこの作品に出てくる人はまず嘘をつくのだろう。何重にも重ねて。そういう人を扱った作品だと思えばいいのかな。そして相変わらず皆身勝手で強引で自分の意見を通すことしか考えていないように思えて、イライラとかそういうんじゃなくて、読み疲れて「好きにしたらええがな」と思えてしまいました。人気作品なのにここまで合わなかった作品も珍しい…。

  • 既刊のシリーズ四作を通して思ったのは、悪も悪にはなり切れないところが結局は親なのかもしれないということ。

    自分から解放してあげることが唯一の救いだと思っている希実の母親とこだまの母親。愛を受けたことがないからって決してあげるつもりがないわけではない、けれど酷く不器用なこだまと幸太郎の父親。守りたいからこそ過剰に閉じ込めてしまう村上の母親。本当は誰よりも大切にしてあげたいのに、自分にも子どもにも傷を残さないと互いを保つ術がないなんて。でも、そこには精一杯の愛がるから苦しい。

    親子の愛のカタチは他のどの愛よりも複雑で、もしかしたら程よい距離のある人のことほど器用に思いやれて、うまく愛せるのかもしれない。

全265件中 1 - 10件を表示

大沼紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)に関連する談話室の質問

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)の単行本

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)のKindle版

ツイートする