(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)

  • 408人登録
  • 3.63評価
    • (26)
    • (37)
    • (37)
    • (5)
    • (7)
  • 55レビュー
著者 : 鎌田實
  • ポプラ社 (2013年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591136300

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ○に近い△とはある意味絶妙なタイトルだと思った、決して○と✖の中間ではなく、あくまでも○に近いというところが。でも○に近い△が常に正解ではなく、時には✖に近い△であったり、またある時は□や☆でもいいんじゃないでしょうか。

  • 世の中の定説とか、常識とか。ずれてても自分の感性に従ってもいいんじゃない?ってことかな。
    病気を治してもらうより、ならないように。
    自分なりに考えましょう。

  • レビュー省略

  • この人がこの本の中で「別解」という言葉や「○ではなく△」という言葉を使うたび、虫唾が走る。自分の言葉に酔っているような雰囲気を感じてしまい、興醒め。こういうことは、自分の心の中だけで思っていればよい。多分著者は立派な方なのだろうが、この人の吐く言葉を生理的に受け付けられない。

  •  生きていると絶望的な状況に追い込まれることが何回かある。そんな時、〇ではなく△でいいんだと思うと、新しい、いい波が起きやすくなる。そう、人生は波。不思議に、絶望的な状況からいい波が始まる。

     鎌田先生は、時間があると東日本大震災の被災地に通う生活を続けていた。本書は、そんな忙しい毎日を過ごしていた鎌田先生のところに、ポプラ社の千美朝さん、坂井宏先社長が登場。説得されて出版に至った。

     本書には『週刊ポスト』の「ジタバタしない」という連載の一部を大幅に書きかえて利用した部分と、書き下ろしの部分、人気ノンフィクション作家である石井光太さんとの対談の部分が収録されているのだが、昨今の少年兵は男の子より女の子が多いなど、活字にも関わらず、目を覆いたくなるような世界の惨状も描かれている。

     しかし、そこで生きる人たちの中には決して諦めることなく、少しでもいいところを探して絶望に耐えようとしている人たちがいた。想像を絶するような方法で脱出を図る少女もいる。報道を観ているだけでは決して知ることのできない絶望的な現実をあえて書くことによって、私たちに〇でも×でも得られない△という別解があることを説く。

  • 相手の文脈を探す
    別解力

  • 現代社会ではある「正解」に向かって行動するのが良しでそれ以外は不正解、負け犬の領域に属するような風潮があるような気がしてならなかった。そんな中、本書ではそれ以外の第3の道があることを示しその道を進めている。内容として少し突っ込みたい部分もあるが本筋としてすごく賛成できる本だった。

  • ◯も×も私は否定しない!!◯と×があるからこそ、その間、著者のいう「別解」があるのだと思う!△が一番幅広く存在しているにも関わらず、△を見つけることが難しかったり、△に行き着くことを許されない現実。でもそれを解決できるのは△の別解なのだと思った!
    こんなにも読みやすい本の中に、生きるすべがすべて含まれている!深い感銘を受けた1冊!!

  • 別解を出していくには?

    →文脈という捉え方が大事

  • いままで◎に近い○をず~とめざしてきた。それが正しいと思って・・・そのせいで?体を壊し、病気にもなってしまった。もっと早くこの本に出会いたかったな~

全55件中 1 - 10件を表示

(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)の作品紹介

生き方をちょっと変えれば、人生はうんと変わる。
○か×かで生きるのはもうやめよう!

今の日本に必要なのは「別解力」。
たった一つの「正解」に縛られるのではなく幾つもある「別解」の中から○に近い△を見つけていきましょう。
会社の中でも、家庭の中でも、地球の中でも、みんながより幸福にあたたかく回転していくために。
ベストセラー医師が意を決して新たな生き方を提案!

ツイートする