ちいさいきみとおおきいぼく (ポプラせかいの絵本)

  • 70人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : オリヴィエ タレック  Nadine Brun‐Cosme  Olivier Tallec  礒 みゆき 
  • ポプラ社 (2013年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591136430

ちいさいきみとおおきいぼく (ポプラせかいの絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丘の上の大きな木の下に、おおきいオオカミがずっと1人で住んでいました。ある日、そこへちいさいオオカミがやってきて・・・。初めての気持ちに戸惑いながら、大切なことに気づいていく、心温まる物語。

  • 一人でも全然平気だったのに
    現れたもう一人に、相手を思う気持ちを感じるのです。

    「しんぱいしてたんだよ・・・」
    「ぼくだってしんぱいした」って、

    もう可愛すぎるぅ。

  • キュンとするというか、萌えるというか…。

  • 思いを言葉にすることの大切さ。
    あたたかな絵と、心のこもったストーリー。胸がキュンとなる。

  • 一人きりで生きていた大きいオオカミが、小さなオオカミと出会って、二人になるまでのお話。

    キュンキュンする、こういうお話。
    ある意味、すごく大人の絵本。
    小さいオオカミ「ぼくだって、しんぱいした」って、究極の口説き文句だと思った。
    絵もシンプルで可愛い!

  • 出会った最初は小さかったその存在も、徐々に心を占領していき、そして今はもうなくてはならない存在に。人の心の動きを丁寧に優しく、そしてストレートに表現している。

    色鉛筆とアクリルのラフな絵が可愛い。
    ”ちいさいキミ”のマスコットがあったら、かわいいだろうなぁ。

  • 5分くらい。

    ひとりぼっちの大きいオオカミのところに、ある日、小さいオオカミがやってくる。
    なんとなく一緒に木の下に座り、一緒に眠り、一緒に気に登って体操をして…。
    大きいオオカミは、散歩に出かける。
    時々振り返りながら、小さいオオカミを確認する。
    遠くまで出かけたオオカミは、帰り道、小さいオオカミが見えるか確認するけれど、見当たらない。
    小さいオオカミはいなくなってしまった…。

  • 初めての恋を描いたような印象の本。読み聞かせには高学年向き?8分17秒。

  • 『水曜日の本屋さん』などの絵を描かれたオリヴィエ・タレックさんの絵が印象的。
    文章は…うーん『ハグくまさん』みたいな感じ?好きな人は好きなんだろうけど、私はこの手の大人目線のメッセージ絵本は、なんとなく違和感があります。

  • 8分30秒☆大切に思う気持ち、失って気づくことあるんだな。

全12件中 1 - 10件を表示

ちいさいきみとおおきいぼく (ポプラせかいの絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちいさいきみとおおきいぼく (ポプラせかいの絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする