(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)

  • 122人登録
  • 3.18評価
    • (3)
    • (10)
    • (21)
    • (3)
    • (3)
  • 22レビュー
  • ポプラ社 (2013年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591136768

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田原の質問に上祐が答えていくという形式。しかし、オウムのことはともかくとして、喋っていることに真新しさがない。他の人が他の本で書いている内容のようなものがたんたんと続く。結局、身を乗り出すような部分はなく読了してしまった。

  • 「危険な宗教」についての「見分け方」、書いてあったっけ?!(笑

    でもまあ、1995年から20年ほどたって、ワカモノにしたら「オウム真理教」って「なんだか分からないけど怖そう」なイメージだろうけど、普通にスピリチュアルに興味あったりしてそうで、「危険な宗教」にハマってしまう可能性って今でも十分あるんだろうなーという気がする。

  • 見分けれてない。

  • スピやセラピーの教祖様&信者様集団と、カルトって、結構似てますね

  • 上祐史浩は本当に過酷な道を歩んでいてすげーなと思う。談志くらい赤裸々に語る人はこの人くらいではないかしら。オウム時代のマスコミ向け上祐はすべて嘘だったわけだが・・・。

  • 読了。

  • 2013年発行の上祐史浩と田原総一朗の対談。
    上祐史浩が,オウム事件の頃の様子や現在の心境を語る部分が中心。さほど驚く内容はなく淡泊だが,そのぶんリアルなのかもしれない。ただ,この本を読んでもタイトルどおりに危険な宗教は見分けられないとは思う。

  • 田原さんと上祐さんの対談本。

    直接的にどのような宗教が危険かということを明確に説明しているところはないと感じました。自分が読み取ったのは
    ・教祖がカリスマ性があり、逆らえない空気を作り出している

    でした。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4789257.html

  • 上祐氏のオウムを抜けられないエピソードに、宗教からの脱却の難しさを知った。

  • 上祐氏は本当に頭がいい人だと思う。これまでの経緯の考察が鋭すぎる。だからこそ、こうした頭のいい人がなぜオウムに?ということは、常に気になってしまうのだが。

全22件中 1 - 10件を表示

田原総一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)はこんな本です

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)の作品紹介

なぜ、信じるのか――?

有名大学出身のエリートたちは、なぜカルト教団にのめり込んでいったのか。
なぜ予言が外れ、真実が明らかになったあとも妄信し続けたのか。
ジャーナリストの田原総一朗氏が、元オウム真理教の広報担当・上祐史浩氏の、今まで語られなかった“本心”に迫る対談。

上祐さんのお話は、
人間というものの弱さと強さを、
この上もなくわからせてくれる。――田原総一朗

ツイートする