(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 65人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (11)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 松村栄子
  • ポプラ社 (2014年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591137284

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 「雨にもまけず~」の続編。比叡山のお寺に自分を見つめ直すために修行に来た遊馬の奮闘と、その周りの人々のその後を描いている。最初の頃に比べて精神的に非常にたくましくなった遊馬の描写が非常にいい。ただ、茶道のことについてはあまりよく分からないので、道具や茶道の精神、心得などについて理解して読んだとは言い難い。ただそれを差し引いても遊馬の成長譚として非常に興味深く読むことが出来た。続きを読みたいが、これでシリーズが終わっているのは残念だ。もう少し茶道も含めた歴史の知識を蓄えたうえでいつか再読してみたい。

  • 茶道の虚と実を
    長男が受け継ぐという家元制度に生まれ合わせた
    若者たちが
    その理不尽でもある重圧と摩擦の体験から
    外目線の社会的価値観と内目線の精神的自律を学ぶ
    年令を問わない青春物語

    空を飛べるがごとくの仙人のように
    体力も気力も人智を超えた人ですら
    マンネリに陥っていることに気付けず
    傲慢になっているという気付きの無限性をも描いている

    ここにお互いの自在性と対等性による調和のあり方を
    学ぶことが出来るのだと悟るチャンスがある

    目からウロコの市民達の開眼によって
    過去の唯物的権利と競争に引きづられた虚の依存的政治を
    こうした視野の広い実の意識にまで成長させたいものだと思う

  • 「風にも負けず粗茶一服」読了。知らない間に雨にも負けず粗茶一服の続編が出ていて、図書館で借りた!雨にも負けず〜に、負けないくらい面白くてあっというまだった!遊馬は魅力的なキャラだったけど、続編ものんびりしながらもできる子で、健在。

  • 面白かった。武家茶道坂東巴流家元の若様・遊馬の比叡山修行編。
    前作の『雨にもまけず~』に嵌ったのだが、まさか続きがあったなんて嬉しい!

    茶の湯を疎んじていたはずの遊馬に群がる茶人たちの、ユニークな個性は相変わらず。遊馬はやっぱりちゃらんぽらんだけど、前作を読んでると「成長したなあ……」と妙に感慨深い。
    遊馬は自分本位で生きていけそうだけど、その分弟の行馬が割を食いそうで不憫。報われて欲しいなあ。
    テンポの良いストーリーと語り口で茶道の世界が描かれ、粋で奥深い茶会が目白押し……だけど、今回は山奥なので、前作よりは茶の湯のシーンは少なめ。

    お茶には少々苦手意識がありましたが、肩肘張らずに楽しめる話。
    前作の勢いそのままの続編に、やっぱりこのシリーズ好きだなあと改めて感じ入った。
    今作で閉じても問題ないくらい、すっきりとした読後感だが、願わくは、続きが出ますように!

全5件中 1 - 5件を表示

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

弓の道、剣の道と交わる茶の道って、何――?
曲者ぞろいの茶人たちに翻弄されつつ成長する
弱小家元Jr.の奮闘を痛快に描いた
大傑作青春エンタテイメント、第2弾!

弓道、剣道、茶道を伝える坂東巴流の家元Jr.友衛遊馬、19歳。
弱小流派を継ぐのを厭って家出中の身ながら、ようやく茶の湯に目覚めた――
かと思いきや、なぜか比叡山の〈天鏡院〉で修行中? 
一方、弟行馬を巻き込んだ宗家巴流の跡継騒動や、
お目付け役カンナの結婚話にも、新たな展開が……。
めっぽう面白くてじんわり泣ける大傑作青春娯楽小説、待望の第二弾!
〈解説・大島真寿美〉

松村栄子(まつむら・えいこ)
1961年静岡県生まれ。筑波大学第二学群比較文化学類卒業。
90年『僕はかぐや姫』で海燕新人文学賞を、92年『至高聖所(アバトーン)』で芥川賞を受賞。
著書に、『雨にもまけず粗茶一服』(ポプラ文庫ピュアフル)、『ひよっこ茶人、茶会へまいる。』(朝日文庫)、
『京都で読む徒然草』(京都新聞出版センター)などがある。
共著『明日町こんぺいとう商店街』(ポプラ文庫)には、本シリーズのスピンアウト短編を収録。
京都市在住。

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本(ソフトカバー)

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

ツイートする