(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)

  • 664人登録
  • 4.06評価
    • (65)
    • (79)
    • (41)
    • (6)
    • (0)
  • 93レビュー
  • ポプラ社 (2013年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591137352

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
西 加奈子
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃は『やさしいライオン』が大好きで、とてもお世話になりました<(_ _)>懐かしいな、保育園時代を思い出しました。


    ものごとや世間に対して、自分自身に対しても、とても謙虚。目線は子どもの高さ。真摯な眼差しを感じました。

    アンパンマンとバイキンマンの関係、正義と悪のあやうい関係。健全な関係。全部うまくバランスが取れているからこそ、子どもに受け入れられてアニメにもなっているんだと知りました。ここまで計算(というよりも気にして)キャラクターを設定しているんだと驚きでもありました。



    ●正義はある日突然逆転する。
     逆転しない正義は献身と愛です。21ページ

    ●完全に善の人はいない。もしそういう人がいると、とても気持ちの悪い、付き合いきれない人になるはずです。29ページ

    ●必要悪という言葉がありますね。つまり光がなければ影もないし、影がなければ光もない。120ページ



    『文・堺雅人』も読んでいますが、本当にできる人というのは静かで謙虚なんだと知った。

  • 『正義はある日突然逆転する。
    逆転しない正義は献身と愛です。』

    やなせたかしの考える正義について語られたもの。半世紀近く正義の味方を描いてきた90歳の話は実に深い。
    やなせたかしが戦争で1番辛かったのは、「飢え」だそうだ。世の中に完全無欠のヒーローはたくさんいるが、飢えた子供は救ってくれない。アンパンマンが自分の身をけずって顔を差し出す理由を初めて知った。やなせさんの生立ちや影響を受けた作品、アンパンマンに出てくるキャラクターたちが何故その個性を持つのか等々、結果論ではあるものの全てのことに意味がある。

    戦う時は友達を、まきこんじゃいけない、戦う時は自分一人だと思わなくちゃいけない。愛にはいさましさが、勇気にはやさしさが含まれている。
    最後に「アンパンマンマーチ」の歌詞を読んで泣きそうになった。

    しかしながら、文章の読み易さは然り、冒頭に『あんぱんまん』のあとがきを抜粋し最後に「アンパンマンマーチ」の歌詞を集大成として載せた構成は、さすが放送作家をされていた方だなと思った。

  • 2013年に亡くなられたやなせたかし氏が、「未来のおとなたちへ」として思春期を迎える児童向けに執筆した“正義”論。生い立ちや実体験を通して学んだ“正義”とは、そして自身の行き着いた“正義”がどのように『アンパンマン』に反映されていったのかを説く。

    正義のための戦いなんてどこにもないのです。
    正義はある日突然逆転する。
    逆転しない正義は献身と愛です。

    本文から引用した上記がやなせ氏の不動の姿勢なのだと思う。読めば読むほど、ものすごく多面的に物事を捉えられる方だなという印象。一概には言えない立場や考え方を持つ人がいると知っているだけでなく、受け止める大きさがあるからこそ数多くキャラクターが登場する「アンパンマン」という作品が生まれたんだと思う。
    優しい柔らかい文体のなかに、強い意志を感じる作品。

  • アンパンマンに至るまでのやなせさんの生涯と、その裏にあった思いがわかります。正義を表現するるために必要悪とかかっこ悪さも描くという、現実的な見方が印象的でした。

    アンパンマンに影響を与えた作品群はかなり意外です!

  • 正義とは何か。
    よく、悪がいなくては正義は何立たないという言葉を耳にする。テレビで見ていた典型的なヒーローは怪獣とか星人とか絶対悪がいた。でも漆黒も純白もこの世には誰ひとりいない。ドキンちゃんは悪者側だけど食パンマンが好きだったりする。やなせたかしさんはそのことを誰より心得ていた。アンパンマンはきっと人間の世界に酷似した世界だ。だからアンパンマンには真の正義がかかれている。
    そのアンパンマンを通して勿論正義について書かれているのですが、正義以外にも漫画家としてもその他でも幅広いやなせさんの人生とかが知れた。人生なんだから一筋縄ではいかないのだけれど、そんな中にやなせさんのメッセージがあって
    丁度進路について考えている時期に出会えたとこは幸運でした。
    全てを読み終えてアンパンマンのマーチの詞を読むと、体の芯に何か手応えがあるはず。

  • 正義とは何か。アンパンマンの作者である著者がどういう思いで正義を主張しているのかがわかりました。
    人間は良い面も悪い面も持ち合わせていて、真っ白な人も真っ黒な人もいない。

  • やなせたかしさんがお亡くなりになった時にテレビで特集をしていて、アンパンマンの歌詞の意味を初めて知って感銘を受けた。それからずっと、やなせさんの本を読みたいと思っていた。

    正義のヒーローだからといって完全無欠ではない、正義で自分も傷つく。「正義=真実」というより、「正義=愛」なんだろうなと思う。アンパンマンってやっぱり深い…!

  • なぜ、アンパンマンは生まれたのか。正義とは何か。どうやって生きたいか。
    やなせたかしさんのパワフルな生き方の原点は「人を喜ばせたい」という強い欲求にあったのだろうと思った。良心だけ/悪心だけの人間なんていない。諦めず、良心の割合を少しでも増やせる生き方がしたい。

  • 正義とは何か。傷つくことなしには正義は行えない。

    やなせさんがなくなって約半年。正義なんてなかなか言いにくい言葉だけど、心のどこかで常に意識してはいる。
    本の中でアンパンマンの誕生秘話として触れられていたけど、まだ人気が出る前に、通っていた教会の中庭で読んだ記憶からか、アンパンマンとイエス様が改めて重なって考えさせられた。

  • 悪は誰の心にもある。それを認めて正義を語るべきなんだろう。
    アンパンマンのうた
    「~愛と勇気だけが友達さ~」の本当の意味が分かりました。

全93件中 1 - 10件を表示

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする