([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)

  • 663人登録
  • 3.67評価
    • (29)
    • (88)
    • (51)
    • (17)
    • (2)
  • 71レビュー
著者 : 大島真寿美
  • ポプラ社 (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591137710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

  • ハードカバー版を読んだ時のうっとりとした感じは相変わらずで、再読してもじーんと感動した。

    刻々と、けれどしっかりと移りゆくヴェネツィアの物語を紡ぐのは、中年(いや、老年?)の女性たち。
    それも、身分や境遇の大きく隔たった女性たちが、作曲家ヴィヴァルディを囲む点として現れては、やがて線となり、事態を大きく動かしていくのが面白い。

    女性は言葉がなくとも、何をかいわんとする所を通じ合わせる不思議なシンパシーを持っている。
    けれど、それは青春期には大成しない。

    生きていく中で、心に溜めこんできた様々が、出会った瞬間「それ」と感じ合える不思議さ。

    これは、
    冬の話で。
    夜の話で。
    裏側の話なのである。

    表舞台をせわしなく駆け回っているのは、男性たち。

    けれど、エミーリアを乗せて、ヴェネツィアの街を往くゴンドラを想像するだけで、ぞくぞくしてしまう。

    決して彼女たちが裏側にいるのだと感じさせない、生き生きとした動きがある。

    私の中での名作である。

  • ヴィヴァルディ先生(実在してた)との関わりのある(架空の)女性たちの交流が描かれていました。
    フィクションだけど、本当にあった話かのように思えた。ラストのシーンが一番感動を覚えた。
    偶然のつながりも大切だなと感じた

  • タイトルのイメージで何か宗教的な要素でもあるのだろうかと勝手に思っていたら、全然関係なかったです。ヴェネツィアに実在したピエタ慈善院という、孤児院(今でいう赤ちゃんポスト的な場所でもあったようです)で育った娘たちと、彼女らに音楽を教えていた作曲家ヴィヴァルディにまつわるお話。

    主人公はピエタで育ったエミーリア。そして彼女と同じくピエタで育ち双子のように仲が良かったアンナ・マリーア(実在のヴァイオリニスト)や、薬屋に嫁いだジーナ、貴族ながらピエタでヴィヴァルディ音楽を学んだヴェロニカ、ヴィヴァルディに可愛がられゴシップの元にもなったアンナ・ジロー(実在の歌手)とその姉、そしてヴィヴァルディに愛された高級娼婦のクラウディアなど、ヴィヴァルディと所縁のある女たちが、ヴィヴァルディの死後、彼の思い出やヴェロニカが探している楽譜をきっかけに関わりあってゆきます。

    導入部の鮮やかさと、楽譜の謎が明らかになったときのカタルシスは素晴らしかった!楽譜の件の解決がこの作品のキモだとしたら、真の主役はエミーリアよりむしろヴェロニカとゴンドリエーレ(ゴンドラ漕ぐ人)のロドヴィーゴだったかもしれません。あとヴィヴァルディ先生のことは好きになりました。今後ヴィヴァルディの音楽を聴くときの気持ちはちょっと変わると思う。

    最後まで一気に読めたし、仮面舞踏会のきらびやかなヴェネツィアが舞台というのも素敵でしたが、細かい部分でご都合主義的な展開や端折りがあるのはちょっと気になりました。前半で大親友扱いだったアンナ・マリーアが後半まったく登場しなくなったのもなんだかな。

    冒頭でエミーリアは45歳、そこから10年以上の時間が作中で流れているはずなのに、読者にはその年月の重みがあまり伝わらないのも勿体なかったし、エミーリアの行動は年齢のわりに少々幼い部分も多かったような(だからこそ年齢を気にせず読めるというメリットもありますが)。あと、丁寧語や敬語の使い方がくどいのも少し気になりました。「お妹さん」って、なんかおかしい気がする・・・(「お弟さん」とは言わないし)。

  • とても余韻の残る素晴らしい作品です♪舞台はヴェネツィア。ピエタ慈善院で育った女性のお話です。あの作曲家のヴィヴァルディの訃報からお話が始まります。楽譜探しから色々な人達にお話が繋がっていき、泣いてしまう所が多々ありました。女性三人で語り明かした夜など素敵な場面も多くあります。主人公が昔ピエタを抜け出し、一緒に過ごした人とのお話もとても切ないですが良かったです☆顔も知らなくても魂そのものが触れていて強く愛せたのも素敵でした!最後も感動的です★お気に入り♪

  • 水の都ヴェネツィアを舞台に、孤児院でヴィヴァルディの音楽を心の支えとして育った少女の半生を、彼女を取り巻く女たちの人生とともに淡彩で描いた作品。

    ちいさな鳥かごのように彼女らを束縛するその都市から、いつか飛び立とうと思いつつも飛び立てずにいる「小鳥たち」の苦悩と葛藤。彼女らの自由への渇きは、はたして癒されるのか。。。最後のゴンドラの情景はうつくしい。軽い羽毛を手のひらで包むようにして、静かに、大切に読みたい物語である。

  • とってもよかった!
    淡々としているようで、いろいろな人の人生が交錯する物語にぐいぐい引き込まれる。
    それこそ音楽のように、流れるような文章。
    登場人物それぞれの人生に思いを寄せられたのは、自分の今の歳のせいかもしれない。
    物語の終わりもとても美しいものでした。
    映画になったらきれいだろうな。

  • 子どものころ、NHKで日曜の夜によくやってたアニメを見ているようだった。異国のまったく知らない世界。名前に音引きが入ってる、それだけで憧れたような。

  • 単行本は図書館で借りて読んだのですが
    とても面白くて、好きだったので、文庫は迷いなく買いました。
    2012年の本屋大賞で3位でした。

  • なんとなく、翻訳モノのような雰囲気。
    穏やかで静かでファンタジーっぽくて、文章のせいなのか、なにか児童文学を読んでいるような。
    雰囲気はすごくよかったのだけれども、なんでだろう、なにかもの足りなかったというか。美しすぎるというか。
    世界や人生がこんなふうだったらいいかもしれないけれど、これはおとぎ話、と思えてしまうような。
    うーん。

  • 18世紀の作曲家ヴィヴァルディと、彼を慕う何人かの女性たちを巡る物語。

    ヴィヴァルディの死から物語が始まるのだけれど、感傷や感慨に浸るのではなくて、
    むしろそれをきっかけにして、主人公の世界が広がっていく感覚が心地よかった。
    失われた幻の楽譜を探すうちに彼女がどんどん積極的になって、行動的になって、
    気付けば彼女は晴れた空の下、ヴェネチアの河に浮かぶゴンドラに乗り、穏やかな波に揺られ、
    昔話を語り合える友と一緒に歌を口遊んでいた。
    まるで死んでしまった作曲家が彼女を連れ出して導いたみたいに。

    物語の傍らにはいつもヴィヴァルディの音楽が流れていて、ゴンドラを運ぶ水の音が聞こえていた。そして「ピエタの娘たち」の話し声も。
    「音」が「空気の振動」であるのならば、彼が作った音楽も、彼女たちが息をしたその空気も、きっと今でも、私たちのすぐ近くにあるはずだ。
    とても暖かい小説だった。

  • 作曲家ヴィヴァルディの死の直後から、物語が始まります。
    場所はヴェネツィアで、語り手は、ヴィヴァルディに音楽を教えられた「ピエタの娘」、エミーリア。

    ミステリ、という程の謎でもないけれど、色々とばら撒かれていたパーツが、最後にはきっちりとかみ合い、すっきりとした読後感でした。

    中世の話なので、勿論、ヴィヴァルディを始め、歴史上の人物も登場するのですが、敢えて名前を書かれていないマリア=テレジアや、伝説の娼婦ヴェロニカの存在に、ちょっとにやりとしてしまうのも、楽しい仕掛けです。

  • 読み終わってとても穏やかな気持ちになった。
    行動力があって自分に正直なヴェロニカがすきだなあ。
    ヴィヴァルディの音楽は後世へとしっかり届いていますよ、と言ってあげたい。

  • 一番輝き熱く心が揺れ動いた時では無く、それが過ぎ去った後の話なので、祭りの後のような静かな寂しさと切なさが漂ってる。
    亡くなった先生を中心にして動いているため、過去が凄く前に出ていて、悲しいわけでも後悔しているわけでも無いのに、少し苦しい。

  • ちょっと難しかったかな。

  • 語の舞台は18世紀のヴェネチア。
    孤児たちを養育する「ピエタ慈善院」で、音楽の才能にあふれる子供達を指導していたのは、かの有名な『四季』の作曲家ヴィヴァルディ。
    そのヴィヴァルディの訃報が届くところから物語はスタートする。

    「ピエタの娘」であり語り手のエミーリア。ピエタと深いかかわりのある令嬢ヴェロニカ。知的で聡明な高級娼婦クラウディアなど、登場する人物たちはとても魅力的で。

    「どこに生まれても私は私。あなたはあなた」
    読み進めるごとに、物語の謎とともに、「人生」に対しての謎もほどけてゆく感じがしました。

    ピエタ院やヴィヴァルディの愛弟子であったというアンナ・マリーアは実在であるため、どこからどこまでが実際の事なのかを想像しながらの読書は楽しい。

    数年前の夏。私は、縁あってヴェネチアを訪れた。
    その前に周遊したアルプス山脈があまりにもインパクトが強すぎたためか、その後に訪れたヴェネチアの印象は薄い。
    しかしながら、『ピエタ』を読んでいると、もう一度訪れたい都のひとつとなった。

  • ヴェネツィアが舞台でヴィヴァルディの史実をもとにした小説。
    と聞いただけで、絶対面白そうと思ったんだけど・・・今一つだった。うーむ。

  • 作曲家のビバルディの死から残った謎
    どうして彼はそのような行動をとったのか?
    ベネチアのピエタ慈善院のスカフェータという赤ちゃんポストに捨てられ、そこに育ち、慈善院を支える立場になった女とその友人たちが物語を聞かせてくれます。

  • 18世紀のヴェネツィアが、実際どういう場所だったのかはわからないが、鎖国をしているわけでもないのに極めて内向きな街のような気がする。
    カーニバルの華やかさの裏側で、刹那的で退廃的な人びと。
    貴族は町を守るより自分たちの財産や立場を守り、子どもを育てることができない人たちは子どもを運河に捨てる。

    運河ではなく慈善院に捨てられ、そのままピエタ慈善院で育てられたエミーリアは、恩師であったヴィヴァルディの死を知る。
    ピエタ慈善院で子どもたちに音楽を教えていた彼は、一時は人気作曲家としてもてはやされたりもしたが、今では過去の人として扱われ、結局ヴェネツィアを捨てウィーンへ行ったのだった。

    貴族の娘ヴェロニカは、ピエタ音楽院に保管されているヴィヴァルディの楽譜の中に、自分のいたずら書きが書かれたものが遺されてないか、もしないとしたら、なんとしても探し出してほしいとエミーリアに頼む。
    見つけ出したらピエタに多額の寄付をする、と。
    経営の苦しいピエタのために、エミーリアはその楽譜を探すことにするが。

    楽譜探訪のため、普段はピエタの外に出ることがあまりないエミーリアはいろいろな人と出会う。

    という話なのだが、行ったこともない18世紀のヴェネツィアの光と影が目に浮かぶようで、運河をゆくゴンドラから街を眺めているように読んだ。
    読後感も大変によい。
    気持ちのいい読書だったというのが感想。

    しかし、作品として考えた時、漫然としている感は否めない。
    楽譜の行方、エミーリアの親捜し、ヴィヴァルディの人生。
    いろいろな流れが、とてもゆっくりとした時間軸で語られる。
    そもそも登場時点でエミーリアは中年だ。
    なのに楽譜探しが難航しても、特段焦ることもなく、何年かが経過する。

    もう少しメリハリがあった方がいいんじゃない?
    狭い世界の、いくつもの鬱屈が少しずつ解き明かされるのは確かに気持ちのいい事。
    特にクラウディアさんが病に倒れてから、彼女のためにと手を貸してくれる人たちが集まってきてからの流れは圧巻。
    そうだったのか、と。
    だからこそ、もったいない。
    もう少しドラマティックにできたのではないかと思ってしまう。

    だけど18世紀って、今よりもっとゆっくりと時間が流れ、世界は小さかったのだろう。
    だからこその、人との出会い。
    受けいれる。柔かく。

    “空は遥か。
     光は遥か。
     むすめたち、よりよく生きよ。
     むすめたち、よりよく生きよ。
     よりよく生きよ。
     よりよく生きよ。”

  • 先月、イタリア旅行でベネチアを訪れた。カーニバルの最終日に当たっていて街には仮面を付け仮装した人々が溢れていた。石畳、細い路地、高くそびえた塔、美しい教会、ゴンドラと、ピエタを読みながら街の様子が目に浮かんだ。ヴィバルディ先生に縁の人達の絆の物語で、ドキドキしながら読めました。

  • 興味深い独特な世界観。でも最後まで波に乗れなかった。
    あらすじ(背表紙より)
    世紀ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で、“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日教え子エミーリアのもとに恩師の訃報が届く―史実を基に、女性たちの交流と絆を瑞々しく描いた傑作。2012年本屋大賞第3位。

  • 「四季」のビバルディを中心とした女性たちの生き様を描いた作品。導入は悪くないし、これからどうストーリーが進んでいくのだろう?というワクワク感もあったのだが…、結局何もなかった。最後まで読んで、え?これで終わり?という感想。すべてが終わってしまった過去の事なので、こういう感じなのかな。

  • 本屋大賞、2012年3位。良質の美しい小説。「四季」の作家のヴィヴァルディにゆかりのある孤児院ピエタを中心とする話。今まで読んだことない世界であり、展開に予想がつかず引き込まれていく。最初だけ少ししんどいけど、すぐ、平易だが美しい文章、メリハリのきいたてきぱきとした展開、ところどころウルっとくる逸話に安心して身を任せていける。子供の頃読んだ世界名作文学のよう。ミステリー的な要素もあり、さまざまな謎がじょじょに明らかになっていくのも心地良い。自分の読解力のなさからか、縁談が壊れたた真相は明らかにはならなかったような気がするけど。小手先の技に頼らず、変な刺激や違和感を織り込むこともなく、全編静かに緩やかに流れていく。文学の王道と思う。

  • ヴィヴァルディ先生が亡くなってから、ピエタの娘・エミーリアが過去を旅する 的な。ヴェネツィアが舞台。
    静かな感じで物語が進んでいくけど、エミーリアの過去だったりヴェロニカの楽譜だったり、謎要素なんかもあったりして、飽きずに次々読んでしまう。
    登場人物は主に女性、色んなキャラクターがおって、みんないい
    特にコルティジャーナのクラウディアさんは本当に素敵な人だと思った。
    ヴェネツィアに行ってみたくなった。
    感動した。人生について考えた。

  • 18世紀、水の都ヴェネツィア。
    ゴンドラが運んでいくのは、
    秘めた恋とかけがけのない友情――
    生への限りない祝福に満ちた感動作!

    18世紀ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、
    孤児たちを養育するピエタ慈善院で、〈合奏・合唱の娘たち〉を指導していた。
    ある日教え子エミーリアのもとに恩師の訃報が届く――
    史実を基に、女性たちの交流と絆を瑞々しく描きだした傑作。

    ---
    書き方が好き。情景や、台詞ひとつひとつが宝石みたいにきらきらしていて、いやらしくない。
    ヴィヴァルディ先生の死を通してふたたび繋がっていく点と線。
    よろこびは、ここにある。
    素敵な先生。

全71件中 1 - 25件を表示

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)に関連する談話室の質問

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に登録しているひと

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)の単行本

ツイートする