(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)

  • 160人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (25)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2014年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591138793

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)の感想・レビュー・書評

  •  読んで最初に思ったのは「読みやすい」ということ。登場人物ひとりひとりの個性が強くとても読みやすい作品だと思います。
     一章ごとに悩みを抱えているお客さんがやってくるという構成、ずっと読みたかったんです!(まさに私が求めてた小説だ!)一章の長さと内容も程よく、難なくスラスラ読めました。
     人は誰しも悩みを抱えているもの。主人公の希実も、クレさんも、弘基も、変態ストーカーの脚本家も、ホームレスのニューハーフも、純粋無垢の小学生も。少しシリアスな部分もありましたが、最後はやっぱり暖かかった。たくさんの愛が詰まったお話だと思います。
     舞台がパン屋さんなだけあって、パンを作る描写がとっても素敵 (´∀`) 出来立てのあったかいパンが食べたくなりますねー。

  • 心温まるお話。
    こだま君がかわいい。

  • 可愛らしい表紙のイラストからは想像できないくらい悲劇的なストーリーだけど、仄かに心が温かくなる様な救いがある。
    物語的な都合の良さの中にもリアリティがある。
    面白い!と軽々しくひとにオススメはできないけど、大好きです\( *´•ω•`*)/

  • 登場人物がどの人も魅力的で良い!
    パン屋を訪れる人たちは、初めは胡散臭かったり、身勝手だったりするけれど、次第に人間的な魅力が出てくる。

    また逆に、癖のある客たちを広い心で迎え入れる二人、パン屋のオーナー暮林と、パン職人の弘基は、上手くやっていそうで、実は何やら因縁がありそうな付箋。

    一気に読んだ。
    次の作品も早く読みたい!

  • 全く予備知識なく図書館で手にとって読んでみた。読みやすく一気に読み終えた。

  • 20140722#途中ウルッと。続編読んでみよう~

  • 皆、何かしらの陰を抱えて生きている、でもそれはそれ、彼らなりに一生懸命生きてる、そんな感じがよかった。続編でさらに味が出てくるパターンだな

  • すらすら読めました。
    どの章も、心暖まるストーリー。

    美味しそうなパンの描写に思わず微笑んでしまう場面も多々ありました。

  • そのラスクを口に放り込んだ瞬間、 口の中に広がった甘酸っぱいフランボワーズの味わいと、 同時にやって来たブラックチョコレートの香りと甘味、 そして程よい苦味が口の中にぎゅっと詰まって、 思わず希実は足をばたつかせてしまったのである。 真夜中のパン屋さん第二弾。 相変わらずの美味しい描写にいろいろ食べたくなってしまうのです。 そして(相変わらずの3人組+前回の登場人物3人)×(今回の登場人物+π) ってって感じでどきどきに仕上がっています。 単純に読めそうで なかなか進まないのは 内容が濃いから 軽やかなのに充実 サックサクのクロワッサンのように。

  • 流れがよくて、スラスラ読めた。

全11件中 1 - 11件を表示

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に登録しているひと

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする