いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)

  • 83人登録
  • 3.91評価
    • (8)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 和田裕美
  • ポプラ社 (2014年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139653

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)の感想・レビュー・書評

  • ・能力の差は考え方の差、収入の差は行動量の差。


    ・成功者は走りながら考える。


    ・変えるのは行動です。

     行動が変われば、すべてが変わります。

     そして、それを変えることができるのは、自分だけです。


    ・”わくわく”できないと、人生にいいことは起きません。


    ・感情を色で表す。

  • 幸せと感じるのも不幸と感じるのも自分次第だと思った。自分の気持ちをコントロールするのは人を変えるより楽だと思うので実践したい。

  • 仕事のことに限らず、能動的に明るく考え、行動をする、変えると、うまく転がるよ。といった本。おやすみ前の良かった検索、就寝前にその日の良かったことを思い出した方が良い。というのはいただき。池理論というの外から見たらDDのようでどうかとも思うが、、、女性向けなんだが、面白い。

  • 「変えるのは行動です。行動が変われば、すべてが変わります。そして、それを変えることができるのは、自分だけです。(p59)」

    この一文がこの本のすべてを表しているといっても過言ではないと思います。どのように行動を変えていけばいいのか、それはどうすればできるのか。そのことについて書かれた本です。

    <目次>
    はじめに
    Chapter 1 ももいろ波長で「いいこと」だけを起こすために
    Chapter 2 ももいろ波長で人間関係の2次災害を起こさないために
    Chapter 3 ももいろ波長で恋愛の落とし穴に落ちないために
    Chapter 4 ももいろ波長で自分を好きになるために
    Chapter 5 ももいろ波長を簡単に身につける18の方法
    終わりに

    「女子向け」の本だよ、とさんざん聞かされていました。カバーはももいろの花柄。確かに男は手に取りにくい(苦笑)

    しかし、書かれていることは必ずしも女子向けではありません。去年の『わくわく伝染ツアー・モウレツ人生のつくり方』で話されていたことがベースになっています。だから、男が読んでも全然不思議ではありません。装丁や一部に完全女子向けの部分もありますが、ほとんどの内容で性別は関係ありません。

    以下、http://amba.to/1hPciSf

  • p30
    「ああ、腹立つわ~♪」「ああ、落ち込んじゃったわ~♪」と、声と態度と表情を使って、明るく乗り切る。
    「ずっと元気でいるべき」な、「べき論」ではない。臭いもの=つらいことに蓋をするのではなく、ダメな私でも、悲しい私でも、足を引っ張られて0のラインまで落ちず、9,10のラインをキープ。

    p34
    そのためには、「マジシャンモード」で、行動を明るく、服もピンクなどにする。行動で脳を騙して、自分の気持ちをあげる方が、気持ちを切り替えるより簡単

    p38
    おやすみ前に「よかった検索」。
    つらいことがあっても、「それでも、わかってくれる友人がひとりでもいてよかった」「まあ、健康なだけでもよかったじゃない」と、その中からいいことを探す。つらいことにばかりフォーカスしていってしまうのを防ぎ、よい睡眠が取れて、元気になる。

    p47
    自分の目が「相手だけを輝かせるスポットライト」になったつもりで話を聞く

    p50
    「「困った~」「どうしよう~」という、気持ちが下がりそうな言葉ほど、明るい女神になったつもりの声で吐くように心がけてみてください。それだけで、気持ちを高い位置で維持することができます。」
    「ふふふっ♪」と、落ち込みそう、困ったときこそ、笑顔で「ネガティブスイッチ、入っちゃった~、ふふふっ♪」

    p73
    「出会い運がいいとは、「いい人に出会う」ことではなく、相手の「いい側面に出会う」という意味です。出会いは自分の波長次第でどうにでもなるのです。」

    p110
    他人の星のりんごではなく、自分のりんごをもっとおいしくする。どうしたって、自分のりんごしか食べられないのだから。
    自分の人生、やっていること、手にしていることを徹底的に肯定して、わくわくすること。

    p122
    「人見知りだから」「私はバカだから」っていえば他人も自分も期待しないでいい。サボっていい。誰も裏切らない。楽になる。ネガティブ設定は、自分で楽をするために、不幸になるために、している。
    「楽をしながら、楽しみは得られません。でも、楽しんでいるとだんだん楽にはなってきます。
     あなたは楽するために、不幸になろうとしていませんか?」
    「「自分はダメだ」というネガティブな設定は簡単に達成できるので楽な生き方ですが、成長もなく楽しみもありません。自分にかけた「ネガティブ設定」を外して、幸せなももいろ人生をめざしましょう。」

    こういうようなことを、親ヤギが言っていた。
    始めは面倒だと思っていても、そのうち、楽しさがわかってくる、とか。
    今、親ヤギに「とにかく楽観的になれ、ポジティブ思考になれ」って言われてる。
    「それはわかってるけど、でも」っていう口癖、思考をどうにか、ポジティブな考え方にしていこう。

    この本で、親ヤギと美輪さんがこれを言ってたなあってところがあったんだけど…どこだったろう。
    何度も何度も、このメッセージと出会う印象があって、それだけ自分に必要だけれど、それが出来ていないってことなんだろうなと思ったのに…やはり楽観的のところだっただろうか。


    p132
    ・出会った瞬間、笑顔を5秒キープ。笑顔の余韻が残る。
    ・ムカつく相手は「タコ」呼ばわり。ネガティブワードは、自分にも悪影響だから。
    ・わくわくするような、いいアドバイスは、疑わずに受け入れる。そんな調子のいい、都合のいいことあるかい、って思っても、楽しい方がいい
    ・「もしもし♪」は明るく出る。嫌なことを言ってきそうな相手に「まさか、ネガティブなこと言いませんよね」のプレッシャーにもなるし、明るく始められる。
    ・初対面や営業なら、相手は警戒するのだから、笑顔で迎えてなんかくれない。だから自分で「好き好き」って、相手に対して呪文を唱えてい... 続きを読む

  • 「受動的な考え方から能動的な考えにチェンジし、自分で自分の人生を動かす」ことが自分の人生を生きる、幸せな人生に変えていくことになるとして、そのために必要な「ももいろ波長」とその身につけ方が紹介されています。


    「ももいろ波長」とは「自分の気持ちが常に高いラインで維持できている状態のこと」。
    和田さんの著書を幾つか読んだ方は「あぁ、なるほどね」と思えるでしょうが、知らない方は「なんだ、それ?」という感じでしょうか?
    簡単に言えば「常にわくわくしていて、楽しい気持ちでいること」です。(合ってるかな・・)

    暗い人の周りには暗い人が集まり、いつも明るいオーラを出していていきいきしている人の周りにはやっぱり同じようなパワーに満ちた人が集まってくる。だからももいろ波長を身につけて明るい幸せオーラを常に纏えばいい。

    そうはいっても気分は浮き沈みするものだと思いますが、そこで能動的な考え方をして「自分の気持ちを高いラインで維持する」ようにする。
    「あの人に~された」ではなく「自分が~した」と考えると相手の状態は関係がなくなり、全ては自分次第となります。それが自分の人生を自分で動かす大前提。

    帯には「すぐに自信を失ってしまうあなたへ」と書かれています。
    自信とは自分を信じること。何も難しいことは書かれていません。「信じること」と「自分の幸せ」を繋ぐ線が幾つも読み取れると思います。

  • 本当に変われそうな気がするし、良いことがたくさん起こりそうな気がする。
    たくさん。

  • 自分がまさにそうなのですが、周囲の感情の影響を受けやすいと思われている方、感情に振り回されやすいと感じている方におすすめします。

全8件中 1 - 8件を表示

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)の作品紹介

"ももいろ波長”とは?

→花の蜜にミツバチがよってくるように、
自然といいことやいい人が集まってくる明るいオーラのこと

常にわくわくしていて、いいことばかりが次々と起こるような
体質のひとには“ももいろ波長”が自然と身についています。
実はこの“ももいろ波長”は簡単に身につけることができるもの。
和田裕美さんの新・陽転思考をベースに、
“ももいろ波長”を身につける方法をわかりやすく1冊に。

1章:「いいこと」だけを起こすために
2章:人間関係の2次災害を起こさないために
3章:恋愛の落とし穴に落ちないために
4章:自分を好きになるために
5章:ももいろ波長を身につける18の方法


気持ちの波を高い位置で維持したまま、落ちたり下がったりせずに
いいことばかりが起こるような人生って自分で簡単につくれてしまうものなんです。

こんな都合のいい話を誰が信じてくれるのかとも思うけれど、
「いいことがあれば悪いことがある」ということを信じて生きるよりも
「いいことがあればいいことが続く」という新しい法則を信じて生きているほうが
人は自分を生かすことができるというのは紛れもない事実。

だからまずはちょっと真剣にこの超都合のいい話を聞いてほしいのです。
                                      -和田裕美

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)はこんな本です

いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方 (一般書)のKindle版

ツイートする