ネルソン・マンデラ: 自由へのたたかい (ポプラ社ノンフィクション)

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Pam Pollack  Meg Belviso  伊藤 菜摘子 
  • ポプラ社 (2014年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139677

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あおき ひろえ
モーリス・センダ...
ヨシタケシンスケ
三浦 しをん
池田 ゆみる
ケイト バーンハ...
ヨシタケ シンス...
たかおか まりこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ネルソン・マンデラ: 自由へのたたかい (ポプラ社ノンフィクション)の感想・レビュー・書評

  • 分かりやすく、コンパクトにまとまってる。
    ここまで、不屈の精神で戦えるのが何故なのか、が知りたくなった。
    無抵抗主義の限界が、アメリカの人種差別闘争との違いを表している気がする。

  • 南アフリカの「アパルトヘイト」と真っ向から戦い、約27年間も投獄されても、信念をつらぬき自由と平和を勝ち取り、昨年95歳で亡くなった氏の生涯がわかりやすく書かれています。
    (saika)

  •  アフリカ大陸南端にある南アフリカ共和国。マンデラの少年時代、南アフリカの人口の3分の2は黒人だったが、黒人は自分たちの国の国民とはとてもいえない状態だった。
     1948年、南アフリカ政府は「人種隔離政策(アパルトヘイト)」をはじめる。ネルソンたちANC青年同盟は、暴力にうったえることなく平和的に抗議する不服従運動をはじめる。
     黒人として初めて南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(1918‐2013)の伝記。

全3件中 1 - 3件を表示

ネルソン・マンデラ: 自由へのたたかい (ポプラ社ノンフィクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ネルソン・マンデラ: 自由へのたたかい (ポプラ社ノンフィクション)はこんな本です

ツイートする