([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)

  • 141人登録
  • 3.65評価
    • (7)
    • (20)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2014年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139721

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 司法浪人の涼子、服飾デザイナーの撫子、そして不条理なリストラにあい職を失った柊子。彼女たちが住む下宿に、ある日臨時管理人として現れたトモミさんの存在がはからずも三人が抱える問題を浮き彫りにしていく。“家族の森”で迷子になっているすべての娘たちに贈る「父と娘」の物語。

    登場人物がみんな憎めないキャラクターで、ほのぼのする。
    三人が立ち向かっている現実は厳しいものだけど、トモミさんがどっしりと構え、家族のように心配して助けてくれる(トモミさんにとっては「仕事ですから」だそうだけど)。
    だから安心して、立ち向かっていける。
    家族ってそういう心の拠り所だと思う。
    果たして自分は、家族のそういう拠り所になれているのかな。
    特に子どもにとっては、そうでありたいと思う。

  • 主人公を筆頭に下宿に住む皆がそれぞれに問題を抱えていて、決して安泰な生活を送っているわけでは無いのですが、トモミさんが言うように何故か大丈夫な気がする。
    根底がなんだかあったかくてしっかりしているので、今も、先も、苦しい事があっても乗り越えていける力があると思えてくる。
    どこか暖かく読後感の良い物語です。

  • 【あらすじ】
    世田谷区、松陰神社前駅から徒歩15分。女性専用の下宿「タマヨハウス」には、年ごろの三人の女が暮らしていた。弁護士を目指す涼子、アパレルのデザイナーとして働く撫子、そして不条理なリストラに遭い、人生にも道にも迷い続ける柊子。幸せでも不幸せでもない日常を過ごしていた彼女たちだが、春の訪れとともに現れた真面目だけが取り柄の臨時管理人の過干渉によって、少しずつそれぞれの「足りない何か」が浮き彫りになっていく。

    【感想】

  • 女性専用の下宿に臨時の管理人としてやって来た初老の強面男性が、住人である3人の女性をまるで父親のような温かさで包み込むという話。
    あくまでも管理人の業務というスタンスを徹底するものの、それぞれに曰く付きの父娘関係を持つ3人にとっては特別な経験になっていく、という過程の描き方が上手です。

  • 読みはじめは集中して読めなかったのに、事件が起き出してからは一息に読めた。
    いい人間関係を構築できたら、それは本当に宝物になるんだなあ。
    面倒くさい気もするけど、良いなあとも思う。

  • 真夜中のパン屋さん書いてる人ですね~
    この人の本って表紙とは裏腹にちょっと暗い感じがするでも嫌いじゃない
    他の本もそういう感じだった。
    トモミさんが去ってタマヨハウスに残されたボイスレコーダーに残された
    下宿人たちへの言葉、出会いと別れが切ない。
    最後は良い話でやっぱり大沼さんの本好きだ♪

  • 下宿先の管理人が、恋人を追ってアメリカへ。その代理としてきたニシオトモミさん。強面の男性。下宿先には、現在無職の柊子、司法留年生の涼子、ちょっとのんびりしてる会社員のでこの3人が住んでいる。
    でこの妊娠や結婚、会社のことや涼子の試験や大病を患った父親のこと、そしてなかなか就職が決まらない柊子。さまざまな事案が起こる。


    愛犬のハチの組み合わせや、でこちゃんの前では頼れる理想の上司なのに、柊子の前では気の小さい係長みたいな態度なトモミさんが良かった。
    そして、君たちの未来が見たいのはトモミさんだけじゃなくて、私もだなと思ってしまった。


    読み終わったあとに、なんかほんわかした作品だった。

    2015.5.31 読了

  • 涼子ちゃんのお父さんへの気持ち泣いた……
    柊子ちゃんとおねえちゃんも!!重い!!

  • 共感した言葉。
    私は君らの未来が見たい。

  •  タマヨハウスに下宿する女子三人と、臨時の管理人トモミさん。それぞれの家庭の事情でひと悶着あり、一生懸命に対処する無骨なトモミさん。いつの間にか疑似家族のよう存在になっていく。
     すっきりと解決する訳ではありませんが、皆が前向きになって正しく強く生き始めます。とても暖かく、すがすがしい気持ちになれます。

全27件中 1 - 10件を表示

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする