([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)

  • 726人登録
  • 3.73評価
    • (38)
    • (103)
    • (70)
    • (10)
    • (3)
  • 94レビュー
著者 : 中脇初枝
  • ポプラ社 (2014年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139752

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 虐待がテーマなので読んでいて胸が苦しくなった。虐待されている子供やモンスターペアレンツ、虐待されて育ち、また自分の子供も虐待してしまう母親、自分を虐待した母が許せない女性…どれも小説の中の出来事だけれど、身近に潜んでいそうな問題だ。
    祝福されて生まれてきた子供なはずなのに、世の中には悲惨な事件が絶えない。この物語には虐待されている子供の周りに温かい人々がたくさん出てきた。それが救い。もし私の近くにそういう子がいた場合、私は温かい人になれるだろうか。

  • 前々から気になっていたけれど、内容的に、読書する体力があるときに読もうと思っていた小説。
    児童虐待やネグレクトをテーマにした五篇の短編集。
    いろんな視点からそれが描かれている。
    学級崩壊に悩む小学校の教師、昔自分も虐待を受けていた母親、PTA会長でもある父親、小学校の近くに住むおばあさん、自分を虐待していた母親がアルツハイマーになってしまったアラフォー女性。

    思ったよりも静かな雰囲気の小説だった。
    著者の中脇さんは絵本も書かれるそうなので、その影響もあるのかもしれない。
    事実、心情、が淡々と描かれている。

    幼い子どものころ、親は絶対の存在で、無条件に自分を守ってくれるべき存在だった。
    だけどその親に傷つけられるという事実も存在する。
    世の中でそういうことは思っているよりもたくさん起こっているのかもしれない。
    外面が優しく穏やかに見える人だって、家の中のことまではわからない。
    私も苦しんだ経験が多少なりともあるから、わかる部分があった。
    本当に単純なことで、子どもって「がんばったね」「よくできたね」って親に言って欲しいだけなのだ。イコール愛情だと感じる、と言っても過言ではないと思う。

    四つ目と五つ目のお話がとくに心に残った。
    人の薦められるかというと微妙だけど、私は読んでよかった。

  • よせあつめの街、よせあつめのこども。もがきながら苦しみながら、自分を責めて他人を恨みながら傷を抱えていきている。他人との関わりが希薄で、また関わらないようと望んでいるのに
    通りすがりのだれかにすこしだけ救われる。
    すべてのひとに語りかけるような優しい本でした。

  • 家族という存在は、他人よりも近いはずなのに、時に、他人よりも遠くにいるような気がする。

    名前を読んで欲しい。頭を撫でて欲しい。抱きしめて欲しい。「好き」だと言って欲しい。

    良い所も、悪い所もあって、自分。
    世界にたった一人しかいない、自分。

    当たり前だけれど、誰も教えてくれない、普段忘れてしまうこと。

    自分で自分を嫌いになってしまうのは、悲しいし、寂しい。自分が嫌いだから誰かを大切に想うという事だって分からなくなってしまう。

    ありのままの自分を受け入れて、大切にすることの大事さを教えてもらった小説でした。

  • 「わたしは悪い子」という言葉が呪いなら、「きみはいい子」という言葉は呪いを解く呪文かもしれない。やりきれない現実の中にいる子どもたちの物語ですが、手をさしのべてくれる人の存在が救いになっています。

  • (「BOOK」データベースより)
    17時まで帰ってくるなと言われ校庭で待つ児童と彼を見つめる新任教師の物語をはじめ、娘に手を上げてしまう母親とママ友など、同じ町、同じ雨の日の午後を描く五篇からなる連作短篇集。家族が抱える傷とそこに射すたしかな光を描き出す心を揺さぶる物語。

    どれもこれも身につまされるし、皆何らかの悲しみを抱えて生きている事を上手く書いていると思います。社会問題に熱く切り込むとかでは無くて、個々の中に死ぬまで抱え込む事になる問題を優しくぽとりと心の中に落とされたような気持になります。子供も大人もそして老人も皆心のよりどころを求めてさまよって行くのが生きて行くという事なんでしょう。

  • 2016.09.18読了。
    今年7冊目。

    岩田書店、一万円選書の一冊。

    虐待をテーマにした短編集。
    辛く、目を背けたくなるような子どもたちの日常にさすあたたかい光。
    私も完全に助け出してあげることはできなくても、誰かの救いになれたらいいなと思った。

    隣近所や人との関わりが昔より減ってしまった今。
    だからこそ虐待も増えてるんだろうけど、そんな辛い中でも、誰かに声をかけたりかけられたりって気持ちがほっこりするし、少しでもいろんな人と関わっていけたらいいなと思う。

  • 借りたもの。
    フィクションとして読めない生々しさ。
    現代のどこかの街のどこかの家庭で起こっている児童虐待、トラウマ、そして介護の問題……
    5つの物語は違う物語であるが、相互に関連性、別の視点から見た物語のように見受けられる。

    連綿と受け継がれた親子の負の遺産だろうか……
    子供は「認めてもらいたい」「愛されたい」と叫んでいる。
    親はその余裕が無い。子供の頃にそんな経験が無かったから――

    この本に円満な解決は描かれない。ただ、ほんの少しの希望の光が差す。
    それが傷ついた子供も大人も救う力になり得る。

    ほんの少し抱きしめたり、認められればそれで人は仕合わせになれる。
    それは同情ではない。良い面を素直に受け止める/受け止められることでもたらされる。

  • 児童虐待の連作オムニバス。

    読みやすかったので、すぐ読み終えることが出来た。

    悲惨なだけでは無く、救いがあるのはホッとする、それぞれ良く出来ているが、過干渉や性的虐待の話は無く、かなり甘いかなと思った。

  • 図書館で借りた。

    短編集。

    辛く重い内容だったけれど
    どれも最後はちょっとだけ
    光が射したよう感じだったかな?

全94件中 1 - 10件を表示

([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([な]9-1)きみはいい子 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする