かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)

  • 72人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 向井湘吾
  • ポプラ社 (2014年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139950

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)の感想・レビュー・書評

  • うーん。今まで読んだ剣道を題材にした小説と比べるとどうも入り込めず。誉田哲也の『武士道』シリーズ、海堂尊の『ひかりの剣』、里見蘭『藍のエチュード』…私が好きな剣道小説はこんなにあるので題材が悪いわけではない。『数学屋さん』シリーズは作者の特性と題材がマッチしていて良かったけれどこれは全く頭に入ってこなかった。残念。

  • 帯に、頭も鍛える新しい理系スポーツ小説、とあります。『お任せ!数学屋さん』作者なので、もっと理系かと思いきや、パズル好きな主人公が理系少年で、剣道の大会時にも・・・というだけで、
    理系が全面ではなく、
    自分の内面的なこと、仲間のこと、そして剣の道への純粋な探求。
    成長もの青春小説。

  • 思ったより面白かった、
    というのが本音かな。

    ちょっと理屈っぽさが勝ってしまって、
    文章が生き生きしていなかったように思う。
    なんか、青さがないというか・・・
    もっとおバカ高校生でいいのになぁ。

    それに、試合中にあれだけいろいろ考えられたら、
    凄いわと思う。

    ただ、高校生が何かに熱中するのは
    大好きなので、そこは○。

    フツーの公立高校で
    さ程強くない剣道部に入部しようという人は
    少ない。
    部員集めに奔走していた
    息子の高校時代を思い出した。

  • 0

    ・全体
    話のベースはおもしろくて、試合のシーンもいいと思う。
    特に田代とのエピソードとか、全体をパズル、チームを車に例えてるところとか、ラストできれいに収まってる印象。

    ・テーマについて
    「世界一平等」「でこぼこなチーム」とか言う割に、かなり小さいでこぼこだなーと思うけど、ジグソーに例えるくらいだから、小ささを表現したかったのかな?

    いくら「老若男女対等に戦える」って書いてあっても若い男しか出てこないので対等感がぜんぜんない。高校だから老を出しづらいのはわかるけど女の子もいない。
    女の子で出てくるのは昭和スポ根のような敏腕マネージャー女子と病弱女子のみで、都合のいいモノ的存在。(「もらってもいいの?」とかいうセリフもある)

    ・文体について
    何をもって「ラノベっぽい」と思うかの基準は自分にも不明なんだけどなんだかラノベっぽい。
    ・龍心のキャラだとは思うんだけど「だと思うぜ?」とか疑問文でもないのに?を多用してくる点
    ・(長い名詞)のそれ って書き方
    ・ぇ とかぃ の多用
    ・女の子の胸の大きさの表現
    ・いわゆる「小さい、細い、かわいい」テンプレ女の子しか出ないところ?

    べつにラノベに詳しいわけでもなく、一つ一つ取ったら気にならないのかもしれないけど「ラノベっぽい、ラノベ育ちっぽい」印象を受けて(自分でも謎)話に集中できない。

    あるいはこういう書きぶりが平成生まれとか若い子の書き方ってことなのかなあ。

  • 2014年11月1日私も剣道やっていました。懐かしいこといっぱいでした。たまたま明日は元剣道の女子会です久しぶりに会うみんなと剣道の話も出るかもしれません。

  • あいつは、こんなこと考えて稽古してたのかな。

  • とある理由から、高校では剣道をやめていた主人公・慧一。
    ひょんなことから、竜心に剣道同好会に誘われて・・・。

    自分にないもの。
    自分にあるもの。

    悩みながら、仲間に支えられて一歩を踏み出す青春ストーリー。

全9件中 1 - 9件を表示

かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

かまえ! ぼくたち剣士会 (一般書)はこんな本です

ツイートする