([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)

  • 101人登録
  • 3.68評価
    • (6)
    • (9)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 長友佑都
  • ポプラ社 (2014年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591139981

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

  • 努力する才能
    努力で得た成功体験
    心の余裕

  • 長友佑都の本。

    こんな少年時代学生時代を送っていたとは知らなかった。
    代表としても定着してるしインテルだし
    苦労せずとは言わないまでも
    明るく華々しいサッカー年表だろうと。

    世界の第一線で活躍するには
    天才よりも勉強と努力ってことなのかな。

  • 長友選手の自伝的本。
    幼少時から夢に向かって
    絶え間無く努力して来た努力家。

    シンデレラストーリーではなく、
    彼はきちんとした努力をして、
    チャンスを掴んで来たんだと知って、
    もっと彼を応援したくなった。

    わたしも、夢を夢とせず、
    強い信念を持ち、きちんとした準備をし、
    時に客観的に自分を見つめて、
    進んでいこう。

  • 長友ってこういうこと考えてやってるんだなー。プロの中でやっていく覚悟や姿勢は、仕事をする上での心構えと通じるものがあり、刺激になった。感謝と努力。弱点と向き合い、強みを伸ばす。私も逃げ回ってないで、がんばろうと思えた。

  • Jリーグが始まって約20年。
    その間でずいぶんと、日本のサッカーは強くなったと、言われています。
    前回の南アフリカで行われたW杯の後あたりからでしょうか、複数の日本代表選手が、書籍を出版して話題になったと記憶しています。
    でもサッカーのことに詳しくない自分は、縁遠いことのように感じて、これまで関連書籍を読んできませんでした。
    ところが最近、「サッカー選手が書いた本は、ビジネスの視点から見ても参考になる」という話を聞き、改めて興味を持ちました。
    そこで、文庫版も出ている長友選手の本を、読んでみることにしました。
    生い立ちから2011年までの、長友選手の半生を、長友選手自身が振り返って書く、という形でまとめられています。
    少年時代の家庭環境、中学校時代の挫折と恩師との出会い、サッカー選手として頭角を表して以降に、一流選手や監督に学んだことなどなどが、長友選手が語りかけるような文章で、綴られています。
    現時点でまだ20代で、サッカー選手としての評価も変わっていく可能性はありますが、”成功した人”に共通する複数の要素を、長友選手は持っているのだなあと、感じました。
    ・常に向上しようという強い意識
    ・”ぬるま湯”を嫌い、常に背伸びをするような環境に身を置く
    ・他者に対する感謝の心を、実際に口にする、文章にする
    ・自分の強みは何かを、自分自身に問いかけ、その部分では誰にも負けないように磨いていく
    ・・などなど、読後に振り返っただけでも、これらの「成功哲学」が、この本からは伝わってくるなあと、感じました。
    長友選手のことを知らない人でも、さらにはサッカーのことが分からない人でも、一人の人間のステップアップの過程が疑似体験できるという意味で、興味深く読める内容だと思います。
    やる気が出ない時、停滞感を感じた時に、刺激を与えてくれる、一冊です。

  • 社会福祉学科 1年

    とてもためになり、面白かった。

    資料ID:C0036430
    配架場所:本館2F文庫書架

  • 今や世界的なサイドバックとなった長友選手の苦悩と挫折の日々。ジュニアでもユースでも脚光を浴びたわけでもないのにインテルでのレギュラーポジションを獲得した裏側での長友選手の努力を知ることが出来る。

全11件中 1 - 11件を表示

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)の作品紹介

「絶対にあきらめなかったから今の自分がいる」。
いよいよ目前に迫ってきた、FIFAワールドカップ・ブラジル大会。日本代表の中心選手として活躍が期待される長友佑都が、世界有数のビッグクラブであるインテルへ入
団するまでの道のりを熱く語り、累計40万部を超えるベストセラーとなった『日本男児』が遂に文庫化。本書を読んで日本代表を応援すれば、より一層試合を楽しめるはず。巻末に「文庫版のためのあとがき」を特別収録。

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)はこんな本です

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)の単行本

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)の単行本

ツイートする