山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

  • 205人登録
  • 3.38評価
    • (6)
    • (26)
    • (30)
    • (9)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 七尾与史
  • ポプラ社 (2014年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140321

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 市図書館にて。

    日本で1か所、小さな小売店でしか買えないものは「材料が一般に流通」の定義に当てはまるのだろうか。楽しければいいと思う。

  • シリーズ三作目。これで終わりになるのかな。お気に入りのシリーズだったので、寂しいです。シホが大きくなってからの話が出てほしいと思いましたが、そうなると霧村さんとミキミキさんの年齢が…。今回は、シホと霧村さんの出会いのきっかけとなった謎に関するお話。よくある都市伝説の小さなおっさんを題材にここまで話を広げられるとは。謎を解く鍵があちらこちらに散りばめられていて、読んでいて面白かったです。

  • 〇 トータル ★★★☆☆
    山手線探偵シリーズ最終作。誘拐事件とテロ事件がおこる。本格ミステリではなく,完全にサスペンスになっており,サプライズはないが,それなりに楽しめる。あくまでそれなりに…だが。シリーズの終わらせ方として,シホの前から霧村と三木が姿を消すというカタチをとっており、インパクトはある。トータルで見ると★3はいける。

    〇 サプライズ ☆☆☆☆☆ 0点
    シリーズ三作目までひっぱって来たシホから霧村が受けた依頼の正体が「ちいさいおっさん」探しであったことも含め,サプライズはほぼない。そもそも,本格ミステリではなく,サスペンスになっている。

    〇 熱中度 ★★☆☆☆ 2点
    滝川クラリスという少女の誘拐事件と,ちいさいおっさん=キチヲの捜索,キチヲの爆弾テロを成功させないための展開…とそれなりにがんばっている。そもそも読みやすく,短いので一気に最後まで読めるが,先がきになって仕方ないというほどではない。何かの拍子で,途中で読むのをやめたらそのままになりそうな作品

    〇 キャラクター ★★★☆☆ 4点
    山手線で結婚式をあげたエンジニア夫婦,ミキヲを捕まえるために集めた「やまたんヒーローズ」の面々など,ちょっとしたキャラクターでも結構,キャラがたっている。キャラクター作りはうまいと思う。

    〇 読後感 ★★☆☆☆ 2点
    シリーズ最終作で,シホの前から霧村と三木がいなくなってしまうという展開は,ややせつない。読後感はちょっと悪い。

    〇 インパクト ★★★☆☆ 3点
    やや安易なのだが,シホの前から霧村と三木が姿を消すという展開はインパクトに残る。シリーズを重ねてキャラクターに愛着が出ているからだろう。

    〇 希少価値 ★★☆☆☆ 4点
    電子書籍化はされていない。シリーズを重ねるにつれ,順調に人気を落としている。七尾与史が人気作家であれば,手に入れるチャンスはまだまだありそうだが,将来,人気がなくなってくれば,希少価値はあがりそう。

  • シリーズの中では一番楽しく読めました。
    今回の「小さいおっさん」は、実際いるのかもしれない、
    とまで思えます。
    やまたんとミキミキさんのシホを見る眼差しが、
    だんだん変わっていくところも面白いです。
    あと10年もたてば恋愛小説になってしまいそう。
    というわけで、10年後の彼らを見たいものです。
    なお、オチがいいですね。先生方は喜ぶでしょう。

  • 山手線探偵・霧村雨、助手のシホ、自称ミステリ作家のミキミキさん。少女誘拐事件から霧村とシホの出会った事件である小さいおっさん事件へとつながった今回。う〜ん、まあ確かにね、そういうこともあるかなぁ、とは思いますが。前2作に比べると作品のレベルとしては落ちたかな。最後の解決の仕方がね。釈然としないです。

  •  大変です。
     シホちゃんが小学5年生から6年生になってます。成長してます。
     つまりこのお話は、サザエさん時空ではない。

     お話の中でも、シホちゃんももうすぐ中学生だし、そろそろ助手も引退だ…ということが示唆されています。
     そんな…。

     フィクションだけれど、何か急に現実味を帯びた感じがして切ない。
     何となく、ずっといつまでもこの3人でわちゃわちゃしながら楽しくやっていくストーリーが続く気でいたのに(殺人事件も起きてるから、楽しくという言い方はアレだけれど)。

     ちなみに、私は理系は大変苦手なので全然分かんないんですけど、実際にこの分野はもうこんなくらいまで研究が進んでるんですかね。

  • 何事も引き際が肝心だけれど、このシリーズ好きだったので最終回だと思うとやっぱり寂しいです。霧村さんがやまたんの伝説はシホちゃんが作ったものだと気がついていた下りがまた切ない。シホちゃんがレディになる頃には…何歳でレディにカテゴライズされるかわからないけれど、霧村さんもミキミキさんもかなり歳ですね。大体10年後?くらいに再会する図を思い描いてニヤニヤしました。今回の表紙については霧村さんがいつにも増してイケメン!あと読み終わってからじっくり見て小さいおっさんの存在に気がつきました。これがインビジブルモードか…!

  • やっぱり読んでしまった第三弾、、小さいおっさんを捕まえられるか!?。シリーズ最高のスピード感と、ちょっといい話のエンディング♪。

  • これで終わりか。もうちょっと面白くなるんじゃないかな…と思い続けてる間に終わった。オゥ…

  • 山手線にだけ神出鬼没に現れる、謎の名探偵―霧村雨のもとに、少女誘拐事件が舞い込んだ!山手線探偵・霧村は、小学6年生の助手・シホと自称ミステリ作家のミキミキさんと一緒に急遽、捜査を開始する。そして謎が謎をよび、過去の未解決事件「消えた妖精」の真相に辿り着き…。

全28件中 1 - 10件を表示

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)の作品紹介

『謎の名探偵×ランドセル助手×自称ミステリ作家』の3人が、
華麗に事件を解決します!

累計10万部突破の大人気シリーズ、ついに感動のクライマックス!!
怒涛の展開に笑って泣ける傑作ユーモアミステリ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
山手線にだけ神出鬼没に現れる、謎の名探偵――霧村雨のもとに、少女誘拐事件が舞い込んだ!
山手線探偵・霧村は、小学6年生の助手・シホと自称ミステリ作家のミキミキさんと一緒に急遽、捜査を開始する。
そして謎が謎をよび、過去の未解決事件「消えた妖精」の真相に辿り着き……。

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする