おばけのソッチとぞびぞびキャンディー (ポプラ社の新・小さな童話)

  • 43人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 角野栄子
制作 : 佐々木 洋子 
  • ポプラ社 (2014年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (73ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140550

おばけのソッチとぞびぞびキャンディー (ポプラ社の新・小さな童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  子どものころに「おばけのソッチぞびぞびぞー」て本を読んで、詳しい内容は忘れちゃってたんだけど、タイトルが印象的だったから、この本も読んでみた。
     ソッチが女の子てことも忘れてたけど、かわいかった。

     てか、このシリーズでは、それぞれのおばけで交流がないのね。
     今回で初めてソッチとアッチが会ったみたい。

  • おばあさんが病気になりソッチが頑張ります。
    その様子とアッチたちと知り合い、そのやりとりが可愛らしいです。

  • 3歳4ヵ月
    やっぱり喜ばれる、角野栄子さんおばけシリーズ。

  • ソッチは、いつもおばあちゃんの作ったあめをなめて、学校で歌って、みんなにかみの毛をしばってもらっていました。そんなソッチが急にいい子になってしまいました。そして、あめ屋さんの仕事をおばあちゃんのかわりにするいい子のソッチのお話です。

  • 図書館より。

    偶然借りてきた。初めて読む児童書だよ。
    4歳の子どもが、興味津々でイラストを覗き込んでいたよ。

    自分で手にとって読めるようになって欲しいな。

全5件中 1 - 5件を表示

角野栄子の作品

おばけのソッチとぞびぞびキャンディー (ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おばけのソッチとぞびぞびキャンディー (ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする