(098-1)あたしたちのサバイバル教室 (ポプラポケット文庫)

  • 20人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高橋桐矢
制作 : 283 
  • ポプラ社 (2014年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140932

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉野万理子
R・J・パラシオ
三浦 しをん
ハリエット・アン...
辻村 深月
秋吉 理香子
アーサー・ビナー...
有効な右矢印 無効な右矢印

(098-1)あたしたちのサバイバル教室 (ポプラポケット文庫)の感想・レビュー・書評

  •  いじめにあい不登校になった小5の女の子未来が、学校で生き抜く方法を身に付け、立ち向かっていく物語。

     アシスト教室の真名子先生は、こういう先生が身近にいてくれたらいいのにと思えるような素敵な先生。でも現実ではそうもいかないから、学校で辛いことがある子たちは是非この物語を読んで、立ち向かうノウハウを学び、元気と勇気をもらってほしい。

  • 小学5年の途中から学校に行けなくなった春野未来(現在6年生)。ネットで見つけたサイトから、夏休みに「小学生夏期特別アシストクラス」に参加することにした。
    場所は文化センターの第5会議室、未来の他には男子が7人女子が2人。そこに現れたのは背の高い、パツパツの緑のジャージを着た真名子極(まなこきわみ)先生。
    真名子先生は、いじめられたりして不登校になったみんなに、どうやって学校で生き抜いていくかのサバイバル術を教えてくれた。


    夏休みだけの特別授業だけど、心を支えて、身体を鍛えて、そして現実的に役立つかわす方法、逃げる方法、戦う方法を教えてくれる。
    毎日つらい目にあっている子に。実践で役立つ技。
    先生とか親とか、教えてにくいことかもだけど、こんなちょっとした事と思うかもだけど、
    思い詰めて最悪な結末を迎えるよりは、どんなことをしてでも生き延びないといけない。

全2件中 1 - 2件を表示

(098-1)あたしたちのサバイバル教室 (ポプラポケット文庫)はこんな本です

ツイートする