([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)

  • 137人登録
  • 3.21評価
    • (4)
    • (7)
    • (26)
    • (6)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 加藤元
  • ポプラ社 (2014年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140970

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四月一日亭を軸として、語られる短編集。

    2話目の脇役が3話目の主役に、と思ったら
    1話目の脇役の人でした。
    では4話目は? といえば、意外な所でぐるっと。
    きれいに全部が丸まりました。

    面白くないわけではないですし、料理美味しそうですし
    読みやすかったのですが、面白いかと言われると…。

  • 大正時代のとある洋食料理店「四月一日亭」を軸に進む話。華やかでドラマティックな物語ではないけれど、登場人物達は確かにそこで生きていて、登場人物達のちょっと因果な関係が見えてくる。チキンカットレット、アイスクリーム、ホワイトライスとウスターソース、プレンオムレット。彼らにとってはどれもきっと天上の味。

  • 期待してたよりずっと良かった。
    関東大震災の頃の、下町の情緒がすごく出てる。
    そして、苦界にいた人や、最下層に身をやつして暮らしていくしかなかった人、みずから転落して行った人、いろんな人の人間ドラマがあった。どれもとても登場人物の造形が深かった。
    私が知らないだけで、まだこんな生き方をしている人なんて、日本の中にいるんだろうなぁ。こうはなりたくない。でも、いざという時、くず哲みたいに、ちゃんと言うべき時は言える人間でいたい。後悔だけはしたくない。そう思った。

  • 『嫁の遺言』ファンにはど直球の一冊。
    激動の時代の、日本のあちこちにいたであろう、たくさんの彼らの物語。
    四月一日亭に縁のある一人ひとりのバラバラピースがあるべきところにはまっていく、この気持ちよさたるや!
    どん底の人生の中で、どん底に人間に成り果てるか、そこにいたとしても真っ当な人間として生きていけるか、分かれ目ってなんなんだろうな、とふと思う。
    ほんの小さな優しい思い出、何気ない温かい一言、そんなヒトとのつながりが、あるかないか、いや、それを受け止められるかどうか、それが分かれ目なんだろうな。きっと。
    西岡さんには、いつかふらりと戻ってきて欲しい。そして、とにかくカットレットとオムレツ、食べたい。

  • 2017.3.6読了 23冊目

  • 話が繋がってワクワクしたが、ラストがちょっと不満かなぁ。
    ものすごく洋食屋さんに行きたくなった。

  • この時代のお話が大好きです。
    登場人物がいまひとつで
    最後まで馴染めなかったです。

  • 初読み作家さん。洋食屋が舞台の話しだけど、予想と違ってあまり料理は出て来なかったw四つの連作短編集で、最後には繋がりがわかって、おお!と思ったが、西岡が一番辛いなあ…

  • 心温まるいい話だと思う。
    でも、回想シーンがおおくてややこしかった。

  • あの日、ぼくは初めてあやめさんを食事に誘った。銀座の裏通りにある西洋料理店で「四月一日亭」という変わった名前のお店だった…。大正時代末期、日本が自由で穏やかだった時代。美味しい料理とともに、人々の悲喜こもごもが繰り広げられる。気鋭の作家が描く連作短編集。

全25件中 1 - 10件を表示

([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([か]10-1)四月一日亭ものがたり (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする