([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)

  • 632人登録
  • 4.19評価
    • (60)
    • (79)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 68レビュー
著者 : 大崎梢
  • ポプラ社 (2014年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591140987

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく良かった。
    1冊の本が読者に届けられるまでの物語としても、愛あるお仕事小説としても、家族の物語としても。

    大崎梢さんの小説がやっぱり好きだ。
    幸せな気持ちになれる。
    大崎さんの物語はうだうだ悩みながら生きている毎日を優しく包み込んでくれるように思う。
    自分の気持ちに素直な登場人物達に共感し、走り回る彼らを夢中で応援しているうちに、いつのまにかたくさんの元気と勇気をもらっている。
    本を閉じた時、読む前よりも心は元気になっている。
    ドキドキ、ワクワクしている。
    この瞬間から私はまた彼らのように走り回ることが出来るんじゃないかと感じている。
    何度自信をなくして、くたびれても、どんな時でも私に力をくれる。
    大崎さんの物語は私にとってそういう本だ。
    今日もこの『クローバー・レイン』からたくさんの勇気をもらった。
    また走り出したい。

  • 20140913

    本が世の中に出るまでに、どれだけの人が携わり、どのように選ばれ、作られるのかが丁寧にそしてリアルに綴られていた。

    作家になりたいなんて考えていたけど、作家として売れることの大変さ、売れ続けることの難しさ、孤独感を改めて感じた。

    作中に出てくる『シロツメクサの頃』を読みたくなった。

  • 泣ける話に感動した話。実際のところ、本屋に並ぶPOPにはうんざりしている。
    勿論、それなりの本読みとして出版界が不況なのもわかっているし、商売である以上売れなければ意味がない。
    それを踏まえた上で、この本は考えることも多かったし、実りの多い充実した読書時間を得ることができた。
    推理作家、大崎梢ではなく、小説家、大崎梢を読ませてもらったと私は思った。
    できれば、こんな作品も多く手掛けてほしいけれど、やはり売れ筋のジャンルではないから難しいかな?

  • そつなくこなす文芸担当編集者が心揺さぶられる作品に出会って熱血編集者に!というようなお仕事青春小説。ただそれだけ、かと思ったら最後にふわっと泣かされました。いろんな人の大事な人への思いがつまっていて、優しいラストでした。登場人物たちのきれいなだけじゃない思いが吐露されていたり、タイトルにもなっている雨によって美しく心の闇?を表現していたり、心の通った嬉しさもあり、爽やかに、かろやかに、心が温まる小説でした。

  • 姉からの誕生日プレゼント 第2段

    主人公は大手出版社に勤める工藤彰敏
    あるパーティーに出席した帰りに今は落ちぶれてしまった作家さんの出版前の作品を手にしたことから始まるストーリー。

    本を出版することに関する内容ながら、仕事とは、家族とはについてきれいな流れで描かれている。

    きっと今の仕事が華やかでなくとも、地道にやってることが次につながる。
    そう思わせてくれるいいお話でした。

    ここ数年。毎年四つ葉のクローバーを見つけてお守りに。むかしは見つけることできなかったのに…探しかたが下手だっただけか(笑)

  •  編集者がいいものを作りたい!という純粋な気持ちで紆余曲折あっても、頑張って世に本を出版していくというお話。ここまで現実うまくいくか・・・なんて無粋なことは置いておいて、一生懸命な人はきっと報われる、いいものは世に出るべきだ、という綺麗な作品。
     個人的にはあまりタイプではなかったけれど、簡単に読み進められる作品でした。

  • どんな話でしょうか?

    ポプラ社のPR
    未掲載

  • 大手出版社千石社が舞台で今回は文芸編集者が主人公。一冊の本が出るまでの過程がよくわかる。出版される作品よりボツ原稿のほうがはるかに多いのだろう。本を選ぶときなにかで評判のいいもの(たとえばブクログとか)、好きな作者の作品を選んでばかり。たまには棚差しになっている知らない作者の本も読んでみて、偶然の出会いをしてみようかな、と考えた。彰彦が複雑な事情を抱えた環境から抱え続けた思いが最後昇華されてよかった。彰彦と家永の娘冬実のその後を他の作品で少しでもいいので読みたいな。

  • 【あらすじ】
    大手出版社に勤める彰彦は、落ち目の作家の素晴らしい原稿を手にして、本にしたいと願う。けれど会社では企画にGOサインが出ない。いくつものハードルを越え、彰彦は本を届けるために奔走する―。本にかかわる人たちのまっすぐな思いに胸が熱くなる物語。

    【感想】

  • 爽やかなストーリー。ハッピーエンドだけどそれまでの過程が困難で、美しくもあった。

全68件中 1 - 10件を表示

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする