ガス・アンド・ミー

  • 34人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 奥田 民生 
  • ポプラ社 (2014年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591141335

ガス・アンド・ミーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  キース・リチャーズが物語を語り、彼の娘であるセオドラ・デュプリー・リチャーズが絵を描いた作品を、奥田民生が翻訳した絵本。
     キース自身による朗読CDが付いてくる。
     簡単に内容を説明すると、キースがまだ幼いころ、大好きだった祖父であるガスとの付き合いを通じ、ギターに目覚め、その祖父から初めてのギターを譲ってもらう、といったところか。
     僕は原本を見たことがないのだが、見たことがある人のレビューを読むと、どれも「日本版はしょぼくなっている」とのこと。
     また、朗読CDを聴けば判るのだが、翻訳もかなり端折っているようだ。
     だから英語が堪能な人は原本を捜したほうが良いかも。
     僕のように中途半端な英語力しかない人間からすれば、キースのしゃがれたドズの効いた肉声による朗読を聞きながら、絵を眺め、キースが何を語っているのかを知る補助として、日本語をチラホラと読む、といった楽しみ方が一番かも知れない。
     ちなみにその朗読CDには、ナイロン弦によるキースのマラゲーニャ(スペインの舞曲)の演奏や、スティーヴ・ジョーダンの他愛もないドラム・ソロも収録されているという、ある意味贅沢な内容になっている(ドラム・ソロを期待して本書を購入しないように。本当に数秒の他愛ない演奏だから)。

  • ローリング・ストーンズのギタリストが、娘さんと一緒に作った絵本。
    マラゲーニャ、CDでキース・リチャーズがつま弾いている曲だよね?美しい曲だ。ギターをはじめるなら、マラゲーニャを覚えたい。

  • ザ・ローリング・ストーンズの原点が、ここにある!
    伝説的ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズが、絵本を出版します! 翻訳は、1994年に大ヒットシングル『愛のために』でソロ活動を開始し、今年10月に20年目の佳節を迎えるシンガーソングライター・奥田民生氏。本書はキースの自伝的な要素が強い作品で、ビッグバンドのミュージシャンだった祖父・ガスが、幼い日のキースに一本のギターを手渡すまでの「魔法のような時間」の物語です。絵は、キースの実娘でアーティストのセオドラ・リチャーズが担当。祖父と夜の街を歩く楽しさ、楽器工房の魅力、ギターへの憧れなどが、透明感のある水彩画で彩られています。また、巻末には写真入りのバイオグラフィーに加え、キースみずからが絵本を朗読・演奏するCDがついています。ファンのみならず、子どもから大人まで、音楽を愛するすべての人に贈りたい絵本です。

  • キースの絵本。何かミスマッチだが、彼も5人の子供、5人の孫を持つ爺さんだ。ガス爺さんから受け継いだ愛情が、この絵本には滲み出ている。

  • キース、こんな人だったんだと嬉しくなりました。素敵なおじいさんからもらったもの、キースもまた素敵なおじいさんになってる。
    日本語訳だけでなく、英文もあったほうが断然いいと思います。

  • キース、ガスからもらったものを、
    しっかり伝えていくつもりなんやな

    さすが心の師匠♪

全7件中 1 - 7件を表示

キース・リチャーズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
エラ・フランシス...
ヨシタケ シンス...
村上 春樹
恩田 陸
ボブ・ディラン
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ガス・アンド・ミーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガス・アンド・ミーを本棚に「積読」で登録しているひと

ガス・アンド・ミーの作品紹介

ザ・ローリング・ストーンズの原点が、ここにある!
伝説的ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズが、絵本を出版します! 翻訳は、1994年に大ヒットシングル『愛のために』でソロ活動を開始し、今年10月に20年目の佳節を迎えるシンガーソングライター・奥田民生氏。本書はキースの自伝的な要素が強い作品で、ビッグバンドのミュージシャンだった祖父・ガスが、幼い日のキースに一本のギターを手渡すまでの「魔法のような時間」の物語です。絵は、キースの実娘でアーティストのセオドラ・リチャーズが担当。祖父と夜の街を歩く楽しさ、楽器工房の魅力、ギターへの憧れなどが、透明感のある水彩画で彩られています。また、巻末には写真入りのバイオグラフィーに加え、キースみずからが絵本を朗読・演奏するCDがついています。ファンのみならず、子どもから大人まで、音楽を愛するすべての人に贈りたい絵本です。

ツイートする