江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)

  • 17人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ポプラ社 (2014年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142011

江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)の感想・レビュー・書評

  • うちいりのさいごに、堂々と行進したのが、かっこよかったです。

  • 赤穂藩浅野家の家老。 
    忠臣蔵の主役として、指導者の理想像に。
    名は良雄、内蔵助は通称。
    山鹿素行に軍学を学んだと言われる。

    1701年藩主浅野長矩が切腹、領地没収となると、家中を統率して浅野家再興を図る。
    その望みが絶たれた翌年、赤穂義士の首領として、主君浅野長矩の敵・吉良義央を討った。
    自身は、幕法違反として肥後藩預けとなり、切腹したが、浅野長矩の弟大学が五百石の旗本になっており、浅野家再興は別の形で実現した。

    ■忠臣蔵 あらすじ
    元禄時代「浅野匠守」という赤穂藩の殿様が、「吉良上野介」にいじめられ、
    逆上し、江戸城内の廊下で刃を抜き、浅野匠守は切腹となる。
    それに憤りを感じた赤穂浪士が家老「大石蔵之助」を中心として、吉良邸へ討ち入りをする。
    討ち入りは成功するが、赤穂浪士らは切腹となる。

    忠義な臣下の大石蔵之助。
    忠臣(忠義な臣下)が沢山入った「蔵」。

    ■目次
    おもな登場人物
    第一章 刃傷松の廊下
    第二章 揺れる赤穂城
    第三章 討ち入りか再興か
    第四章 吉良邸討ち入り
    第五章 忠臣蔵
    大石内蔵助を知るための基礎知識 •解説
    •豆知識
    •年表
    •参考文献

全2件中 1 - 2件を表示

江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)はこんな本です

江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)のKindle版

ツイートする