(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 74人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 水生大海
  • ポプラ社 (2014年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 不思議テイストの優しいお話。
    好き~。
    ラスト、なんだか泣き笑いになっちゃった(笑)

  • (収録作品)凪とマネコの七日間/凪とかわいい悪魔とお伊勢さん

  • タイトルと表紙につられて。軽めかと思いきや、なんか妙に重かったりとアンバランスな感じ…キャラクターもみんなとくに好きになれず…なんか残念。

  • 人間の言葉を理解し、生き続けるちょっと不思議な猫との物語。番外編も含めて3本立て。大変読みやすかったです。テンポも良かったですが、少々物足りないような気もします。

  • 招き猫の置物が本物の猫に。ちょっとミステリー風。
    2015/11/13

  • 読み終わりました!

    良かったです。。


    猫好きな方
    夏目友人帳が好きな方には、たまらにゃい本だと思います♪




    黒にゃんこ・・・かわいかったです(〃^ω^〃)
    夏目のニャンコ先生は白ですが、招き猫が似ています////

    おまけに喋るだなんて!

    ストーリーも続きが気になって、
    どんどん読み進んでしまいました(笑)

    その後がちょっと気になるお話でした!



    良かった。。

    私も猫と喋りたいな・・・

  • 伊勢神宮のご利益で、まねき猫がしゃべり出した!?
    凸凹コンビが謎と福(?)を呼び込むユーモア猫ミステリー!

    惚れっぽいが男を見る目がないママと二人暮らしの凪。
    お嬢さま学校にもなじめず、引きこもりがちだ。
    ある日ママの新しい恋人に連れられ、式年遷宮で賑わう伊勢神宮へ行くことに。
    そこで買ってもらった黒いまねき猫が突然しゃべり出した!
    遷御の儀式の際に引越しし損ねた八百万の神のひとりだという。
    願い事を叶える見返りに人捜しを命じられた凪は、思わぬ事件に巻き込まれ――。
    少女とまねき猫(時々黒猫)が織りなすユーモア猫ミステリー!

  • 主人公が結構我儘な感じの子なので、ちょっと親近感がわきにくかったです。身近な事件を解決していくだけなので、もう一ひねり何かあると嬉しかったかな。

  • アンソロジー「猫とわたしの七日間」に載っていた「まねき猫狂想曲」の続編だ! これは嬉しいなあ。もうマネコが可愛くって可愛くって♪ たしかにツーパターンのマネコ、どっちも可愛くって選べませんよねえ。
    事件自体はけっこう酷いのだけれど、読み口はユーモラスで爽やか。ミステリとしてもしっかり。そして猫好きとしては萌えるやらはらはらするやらほろりとさせられるやら。ライトな印象の一冊だけれど、しっかりと満足の一冊でもあります。

  • ダメ男に惚れっぽい母と二人暮らしの中学生の凪が主人公。
    ある日、伊勢神宮を参拝した時に買った招き猫が突然本物の猫になり、
    さらには凪に話しかけてきた!
    「自分は神様だ。願いを叶える代わりに言うことを聞け」と。

    そんな家族が巻き込まれる事件を描いたちょっと不思議な軽いミステリ。
    うーん、イマイチでした。
    水生大海さんの他の著作には好きなものもあるので期待していただけに
    ちょっと残念でした。

  • 「猫とわたしの七日間」に収録された短編と、その後日談にあたる中編で構成された本です。
    主人公と猫のマネコの掛け合いは面白いんですが、文章のテンポが少し私とは合わなかったのか、若干読みづらい印象は受けました。わがまま娘の一希にイラっとしちゃったのも原因かもしれないですが。

  • 中学2年の凪が式年遷宮で賑わう伊勢神宮で買って貰った黒いまねき猫。何故だか突然喋り始めたヤツが言うには、自分は八百万の神であり、ある女性を探せば凪の願いを叶えるというのだ。凪とまねき猫の奇妙な迷探偵が誕生!

    普段は減らず口の凪だけどクラスのいじめっ子達には言いたい事の一つもやり返せない、内弁慶っぷり。まねき猫マネコ(本人には至って不評)と口喧嘩を続ける内に自分にも度胸がちょびっとだけついたかな。

    後編では伊勢の街をやもなく駆け巡る事態に巻き込まれた凪と蝶子ママ。口に出さなくちゃ伝わらないことだってたくさんある。それは親子でも、親子だから。今回のマネコは本体・生身共に災難だらけでしたが凪とのバディっぷりも堂に入ってましたな。

全14件中 1 - 14件を表示

(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

伊勢神宮のご利益で、まねき猫がしゃべり出した!?
凸凹コンビが謎と福(?)を呼び込むユーモア猫ミステリー!

惚れっぽいが男を見る目がないママと二人暮らしの凪。
お嬢さま学校にもなじめず、引きこもりがちだ。
ある日ママの新しい恋人に連れられ、式年遷宮で賑わう伊勢神宮へ行くことに。
そこで買ってもらった黒いまねき猫が突然しゃべり出した!
遷御の儀式の際に引越しし損ねた八百万の神のひとりだという。
願い事を叶える見返りに人捜しを命じられた凪は、思わぬ事件に巻き込まれ――。
少女とまねき猫(時々黒猫)が織りなすユーモア猫ミステリー!

(P[み]5-1)招運来福! まねき猫事件ノート (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする