(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 112人登録
  • 3.70評価
    • (8)
    • (17)
    • (11)
    • (3)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 小松エメル
  • ポプラ社 (2014年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142097

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • これからは明るく生きていけそう。

  • 読みも読んだりシリーズ5弾の6冊完結版、全体を通してみれば「面白かった!」となるのだがそれと同じくらいに「え、これで終わりなの!」という感も強いのが正直なところなのである。
    前の巻では広げた大風呂敷を纏めに締め上げるところで結び目からこぼれる云々の例えをしたのだが今回は風呂敷が破れてしまったような気がする…巻を追うごとに登場した結末への鍵を握るであろう人と妖たちはいったいどこへ行ってしまったのだろう(最終巻でも更に登場した猫たちはスピンオフにつながるようだが…)
    最後は酷評になってしまったがこの作家さんはあらゆる面で上手いと思う、それだけに企画を膨らませ過ぎたことが残念でならない
    第二部へと続くようだが私的には積んである一部番外編で完結にしたいと思います

  • ひいじいちゃんいいかんじだな
    天下泰平ってのは現在を表す言葉なんだなあ、と思う
    未来永劫天下泰平な気がするけれど、一寸先は闇で何が起こるかわからないのだ
    何百年と続いてもあっけなく終わるものがたくさんある
    わかり合えなくても別れて幸せに暮らす道があるんだろうなあ
    執着せずに恨まずに、遠くで幸せを祈るやりかたもあるのだ

  • 気を抜ける場面が少なくて意外と疲れた。

  • この一鬼夜行シリーズは読むと周りの人を大事にしようと思える。一人で生きていくより、他者と心を通わせることは時に面倒だけど、有り余る尊さがある。いい作品だったなぁと思ったら、なんと終わりではなく続くとのことで。これからも見守り続けたいと思える登場人物たちとまた会えるのがうれしい。
    あと、248ページを読んでいたら久々に京極堂シリーズを読みたくなった。京極ファンならニヤリとしてしまう妖怪の羅列でした。

  • 閻魔顔の若商人と可愛い小鬼が織りなす明治人情妖怪譚
    猫股の長者との戦いについに決着が――
    シリーズ第一部、感動の完結編!

    閻魔顔の若商人・喜蔵の許を、記録本屋の高市が訪ねてきた。
    旅先で小鬼の小春と会ったという。
    小春と猫股の長者の戦いが迫っていることに心乱れた喜蔵は、
    妖怪が行き来する「もののけ道」に足を踏み入れ、意外な場所に辿りついてしまう。
    混乱する喜蔵に手を差し伸べたのは、決して会えるはずのない人物だった――。
    過去の点は線へと繋がり、物語は心揺さぶるクライマックスへ。
    大人気明治人情妖怪譚シリーズ第一部、感動の完結編!
    【解説/三田主水】

  • 閻魔顔の若商人と可愛い小鬼が織りなす明治人情妖怪譚
    猫股の長者との戦いについに決着が――
    シリーズ第一部、感動の完結編!

    閻魔顔の若商人・喜蔵の許を、記録本屋の高市が訪ねてきた。
    旅先で小鬼の小春と会ったという。
    小春と猫股の長者の戦いが迫っていることに心乱れた喜蔵は、
    妖怪が行き来する「もののけ道」に足を踏み入れ、意外な場所に辿りついてしまう。
    混乱する喜蔵に手を差し伸べたのは、決して会えるはずのない人物だった――。
    過去の点は線へと繋がり、物語は心揺さぶるクライマックスへ。
    大人気明治人情妖怪譚シリーズ第一部、感動の完結編!
    【解説/三田主水】

  • 喜蔵の小春に対する想いって何なのだろう?自分に閉じこもっていた男の心にこんなに関心を持たせることが出来る小春ってホントに変な妖怪だ。

  • 喜蔵の精神的成長。

  • シリーズ第一部の完結だけあって感動的に仕上がっていて、また第二部へ向けて「あれやこれやは、これからどうなるの?」という含みも持ちつつ良かったです。逸馬を裏切った清十郎の気持ちは、私のような凡人にとっては分かり易過ぎるほど分かり易いのに、逸馬や喜藏のような根っから善人にとっては不可解な事なのかな~。第2部スタートも楽しみにしてます。

  • 小春と喜蔵とそして皆の始まり。
    謎はまだ残っているが、一部完結という点ではよい終わりかと。猫又の長者と小春の因縁って、関係を知ったらそりゃ深いなあ。本人はすごい落ち込んでるんだろうけど、無事でよかった。
    喜蔵がすこーしだけ丸くなったような気がしないでもないのがなんかいいね。

  • 暫しお別れ感さみしい。

  • 夢中で読んでいたシリーズが、とうとう完結して
    しまった。
    寂しい~。
    喜蔵の曽祖父まで登場して、ぜいたくな展開。
    青鬼さんもいいとこ持ってったなぁ(笑)

    完結は「第一部」とのことなので、第二部の
    開始を楽しみにしよう。

  • 一気に読んだ。次が待ち遠しい。。。

全15件中 1 - 15件を表示

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

閻魔顔の若商人と可愛い小鬼が織りなす明治人情妖怪譚
猫股の長者との戦いについに決着が――
シリーズ第一部、感動の完結編!

閻魔顔の若商人・喜蔵の許を、記録本屋の高市が訪ねてきた。
旅先で小鬼の小春と会ったという。
小春と猫股の長者の戦いが迫っていることに心乱れた喜蔵は、
妖怪が行き来する「もののけ道」に足を踏み入れ、意外な場所に辿りついてしまう。
混乱する喜蔵に手を差し伸べたのは、決して会えるはずのない人物だった――。
過去の点は線へと繋がり、物語は心揺さぶるクライマックスへ。
大人気明治人情妖怪譚シリーズ第一部、感動の完結編!
【解説/三田主水】

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

(P[こ]3-7)一鬼夜行 鬼が笑う (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

ツイートする