ねこ探!: ねこもしゃべれば事件にあたるの巻 (ポプラ物語館)

  • 27人登録
  • 2.78評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 村上しいこ
制作 : かつらこ 
  • ポプラ社 (2014年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142349

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
三浦 しをん
濱野 京子
R・J・パラシオ
市川 朔久子
柏葉 幸子
吉野万理子
有効な右矢印 無効な右矢印

ねこ探!: ねこもしゃべれば事件にあたるの巻 (ポプラ物語館)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  3匹の猫で結成されたねこたま探偵団は、いきなり解散の危機。
     それを避けようと、猫の言葉が分かる人間を仲間に入れる……ていう、設定としては、かなりおもしろいお話。
     猫の一人称なのも。

     でも、残念ながら、にこちゃんの性格がどうもね…。
     気の強い女の子が嫌いなわけではないんだけど、にこちゃんは何かダメだ…。

     あと、イラストが怖い。

  • 「ねこたま探偵団」・・・りゃくして「ねこ探」
    平和通り商店街は、猫山田駅の東口から、まっすぐのびたアーケードの中にある。平和なこの町で、魚屋のねこ・タコスケが車にひかれて死んでしまった。
    猫たちはその犯人を捕まえるために、「ねこたま探偵団」を結成した。
    ミケねえちゃん、トサマル、シャンプー、わさび、ピース・・・商店街にいる猫たちと、ねこたま神社の特別な水のおかげで、猫と話が出来るようになった人間の銀ちゃん(お弁当屋さんの息子)とにこ(ケーキショップ銀河の娘)がメンバーだ。

    マイペースでちょっとぬけてる銀ちゃんと、オシャレで自意識が高くて食い意地が張ってるにこと、妙にツッコミ鋭い猫たちの掛け合いが面白い。

  • 平和通り商店街の七夕の短冊に脅迫状がつるされていたため、七夕まつりの開催があやぶまれている。
    『ねこたま探偵団』のトサマルとピースとミケねえちゃんの3匹は、「かつおぶし早食い競争」が無くなっては大変と、会議をしていたが何もうかんでこなかった。

    するとトサマルは、奥の手を使って人間の子どもを仲間に入れて情報をつかもうと言い出した。
    奥の手とは、ねこたま神社の裏手のわき水を子どもの頭にかけると、ネコ語がわかるようになるということらしい。

    さっそく水をくんで、ピースとミケねえちゃんの飼い主の銀ちゃんの部屋に行ったところ、隣のケーキ屋のむすめのにこちゃんがいた。
    何やら取り込んでいたが、にこちゃんはミケねえちゃんの怒りを買い、ミケねえちゃんが持っていた水は、銀ちゃんとにこちゃんにふりかかってしまった。

  • 吹田市立図書館 子どもと本のまつり 秋の講演会「本と私、と猫」(中央図書館)
    いじめや虐待を受けてきた私に、いつも寄りそってくれたお話の世界。童話作家として、今の子どもたち、大人に伝えたいこと。
    日時 2014年10月26日(日)午後2時~4時
    場所 中央図書館3階第二集会室
    講師 村上しいこさん(童話作家)
    対象 小学4年生以上。
    定員 先着70人。
    お問合せ 中央図書館 電話:06‐6387‐0071 FAX:06‐6339‐7144
    http://www.lib.suita.osaka.jp/kids/top.html

    村上しいこホームページ
    http://www.geocities.jp/m_shiiko/

全4件中 1 - 4件を表示

ねこ探!: ねこもしゃべれば事件にあたるの巻 (ポプラ物語館)はこんな本です

ツイートする