([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

  • 152人登録
  • 4.30評価
    • (24)
    • (9)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 伊吹有喜
  • ポプラ社 (2014年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先に返却期限の迫った「地の星」を読み始めて、
    20ページほどで、
    これは順番に読まないと!と思って大急ぎで購入。
    アマゾンありがとう。

    凄い良かった。すんばらしくよかった。

    たった数ヶ月の出来事なのに、
    かの地で過ごす子ども達にとっても、
    周りの大人にとっても忘れられない日々であった
    ということがよく伝わっってきた。

    いろんな言葉に励まされ、
    勇気づけられた。「

    「自立(自分で立つこと)と自律(美しく生きること)」
    「どうしてをどうしたら」
    そして「やらまいか」
    いい言葉。

    大人の都合で子ども達が翻弄されるけれど、
    きちんと見てくれている大人もいる。

    大丈夫、リュウカイもヨウヨも
    青井先生も。きっと大丈夫。

    話の中に、時代のわかるテレビ番組(ドリフ)や音楽(オリビア)がでてきて、
    するりとその時代にいけた。

    男の子なのに女の子の格好をさせられている
    リュウカイの話し方が可愛かった。
    「俺」というのに「そうなのよ」なんて、時々出てしまうのが超可愛い。

  • 母のおすすめ本。優しく強い物語。
    常夏荘の独特な雰囲気に、すっかりのめり込んでしまいました。
    いじめや生い立ちに苦しむ耀子と立海。
    夫を亡くし、思い出の中にだけ生きる照子。
    耀子と立海が心を通わせ、元気になっていく様子がとても嬉しかったです。だからこそラストが切ないですが…。
    照子と夫・龍一郎の関係も素敵。
    青井先生も魅力的でした。
    “自立、かおをあげていきること。
    自律、うつくしくいきること。”
    大事にしていきたい言葉です。
    七夕が近いこの時期に読めたのも良かった。
    ぜひ、いつか、また読みたいです。

  • 大林業家の孫に生まれ、愛情深いが専制的な祖父に振り回される少年・立海と、育児放棄にあった少女・耀子。二人は山深い屋敷で出会い。。。
    少年少女の成長の物語です。
    でも、これまで読んできた伊吹さんと少しイメージの違います。どこか重苦しく宿命という言葉が思い浮かびます。
    しかしそんな中でも幼い二人が育てる友情は清々しく、登場時はお高く留まった感じの家庭教師の青井先生やおあんさん(照子)の二人を見る目の温かさも心地良く。

  • わたしの2012年のベスト1です

  • 子供が主人公で感傷的な作品なので、あまり好みではなかったな。
    ただ、最後の方で龍一郎が新婚旅行先で語るシーンは良かったです。

  • 家族のことや友達のことでうまくいかない少年と少女と”おあんさん”、とりまく人々。劇的に何かが変わるのではなくて、じわじわと変わっていくお話だと思う。
    2015/9/16

  • 絶望を味わう子どもたちが
    生きる道をみつけつゆく物語。
    私も、うつくしく生きてゆこう。

  • 小泉今日子さん「この物語を読みながら私は何度も涙ぐんでしまう。」 いじめに遭っている少女・耀子、居所のない思いを抱え過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年・立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

  • 子どもたち(立海と耀子)へ向けられる大人たち(照子、青井、耀子のおじいちゃん)の眼差しが何ともあたたかく、ほっとする物語。
    「どうして?」ではなく、「どうしたら?」と考えて前に進むようにと青井が耀子を諭すところは、離れてしまっても境遇に負けることなく、強く生きていって欲しいという耀子への想いが伝わってじ〜んとしてしまった。
    常夏荘の様子の描写も美しく、映像化されたら素敵だろうなぁと思った。

  • 耳くそまでが最高に面白い

全18件中 1 - 10件を表示

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする