歌う樹の星 (TEENS’ ENTERTAINMENT)

  • 47人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 風野潮
  • ポプラ社 (2015年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142639

歌う樹の星 (TEENS’ ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 植物と会話ができる樹木医の水希は赴任した未開発の惑星で植物に育てられた少年ジュリと出会う…

    なんだかラ○ュタを思い出しました
    しっかり者で面倒見のいい水希ちゃん、かわいくてかっこよかったです

  • 植物と会話ができる少女・葉山水希。中学生にも見えるような童顔で、弱冠17歳ではあるが、小学生のうちから飛び級を繰り返して大学を卒業し、現在は植物学者で樹木医でIPPO(国際植物保護機構)の保護観察補佐の職についた。
    そして、地球を飛びたち、ランタナ星系の第三惑星に派遣されることとなった。
    そこには兄である葉山生樹(いぶき)が主任(上司)として派遣されている。生樹もまた、植物の声は聞こえるが、水希ほど鮮明でもなく、植物と会話などは出来ない。だが、この兄の教えで、幼い頃から、植物と話が出来ることは、ほかの人には内緒だと教えられる。


    ランタナIIIは、地球とよく似た惑星ではああるが、同じというわけではない。植物も未知のものだ。
    水希はそれでも、植物の声を聞くことが出来た。
    そして、植物だけでなく、森の中で一人きりで育った美少女・・・にも見える少年・ジュリとも心を通じ合わせることが出来る。


    ランタナIIIに地球人が降り立って以来、ランタナIIIの環境は大きく変わっていった。森の木も取られたり傷つけられたりしている。ジュリは、ハハノキと呼ばれる木を守りたい。言葉は話せないけど、植物と気持ちは通じ合わせられるし、植物は動いて答えてもくれる。


    しかし、そんなジュリを狙う組織がある。


    水希と生樹は、ジュリと森を守ろうとするのだが・・・



    近未来のファンタジーと言っていいのだろうか。
    植物と心を通じ合わせられて、美少年に、若くして学者であり植物のエキスパートとなった元気な少女に、・・・(その他、いろいろな人間関係)
    設定もだけど、めまぐるしく事件も起きて、ちょっと詰め込みすぎなかんじが。
    でも、読みやすいし、ファンタジー好きな中学生むけ。

  • タイトルに惹かれて借りました。
    植物と意思を通わせることができる少女が未開の星で不思議にあうお話。
    アクエルタルハというお話が途中なので、そちらも気にかかります。

  • 植物の声が聞こえる少女・水希が降り立ったのは、地球に余国や惑星ランタナ星Ⅲ。

    そこで出会った謎の少年は、声を出す代わりに植物たちと同じく心に直接語りかけてきて…。
    少年との出会いで、明かされる過去の事件の真相とは…。

  • 話の大筋はおもしろいんだけど、文章に「に」「が」「は」等重複が多くて読みにくい。

    一般人の星間飛行が可能になってから100年あまり…という出だしからSFかと思わせておいて、
    「女の子らしく〜」とか
    「旧姓」とか出てくるから、近未来というほど遠くない未来らしい。

    と思えばp203「夫婦別姓にしていたせいで、奥さんの事故のことはすぐには明るみに出なかった」
    って別姓どれだけ闇に葬られてるんだ…誰にも結婚報告しなかったのか…
    すぐにはって付けてるからギリギリセーフ?

    あとキャラクターとか会話劇のテンポはいいのに、拉致→逃げる→戦う→火事→消化のループなのがいろいろと詰め込みすぎというか、ちぐはぐな印象。

  • 植物に覆われた惑星、植物と交感できる少女、森の命の源である「ハハノキ」に育てられた少年。歌で森を癒やし雨を操る能力。「ぼくの地球を守って」に夢中になった世代にとっては、こういった舞台設定だけでご飯3杯はいける。
    ……のだが、筋立てが悪者に追いつ追われつのマッチョな展開なので、どうも歌や植物とはなじまない気がする。最後に明かされる主人公の「本当の両親」は、ストーリー上あまり必然性を感じず、むしろ「ハハノキ」に育てられた少年と兄弟ではないのかと期待したし、行きと帰りの船で同乗した愉快なアメリカ人同業者は、本筋中でヒーローのごとく登場してほしかった。そしたらもっとハードボイルドに振り切った方向で楽しめたのにと思ったり、設定が非常にツボにハマっているだけに残念な点が目についてしまった。

全6件中 1 - 6件を表示

風野潮の作品

歌う樹の星 (TEENS’ ENTERTAINMENT)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歌う樹の星 (TEENS’ ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歌う樹の星 (TEENS’ ENTERTAINMENT)はこんな本です

ツイートする