少年探偵 (一般書)

  • 260人登録
  • 3.35評価
    • (9)
    • (28)
    • (48)
    • (12)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2015年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142738

少年探偵 (一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの明智小五郎&少年探偵団へのオマージュ。
    小路先生らしさもたっぷりで大満足。
    二十面相の正体は、いろいろ推理したのとは
    違っていて、それもまた嬉しい。
    絶対、あの人だと思ったのだけどな。
    欲を言うなら、後半、お嬢様の活躍がなかったの
    だけがちょっと残念かな。

  • その後の名探偵明智小五郎の物語。
    この物語りを小路さんはどうしても書きたかったのだろう!
    明智のイメージを保ちながらも、名探偵物語を新たにするためにも、怪人二十面相と小林少年を復活させなければ始まらない。
    総ての因縁を整理させて新たな探偵物語が始まる。少し時代がかりすぎた嫌いと、権力趣向なのが難しい!!

  • 表紙の少年が美しくて、好みすぎるっっ!w
    怪人二十面相やら、明智小五郎やら・・・めっちゃ読んでみたくなりました~!!!

  • つまらないわけじゃないけど、消化不良感がすごい。なんか色々未解決なのは措くとしても、この前後編を予定しているとしか思えない内容。乱歩のコアなマニアなら納得なのかな。よくわからん。

  • 色々設定は変えてるけれど、明智センセの冴え渡る推理などなかなか面白かったです。いやしかし二十面相の正体には…正直納得が行かない。
    そして次郎さん、貴方は一体誰なんだ。(読んでいて、個人的にクイーンズイングリッシュが流暢なあの方が頭から離れなかった)

  • 昔数冊読んだ少年探偵団が面白いと記憶があり
    小路幸也だし読みやすいんじゃないかと思って
    読んだ。確かに読みやすいし、面白いんだけど
    最後がな・・いあ犯人が・・・なあ

  • 明智小五郎と小林少年の設定やら明智先生の奥さま、文代さんの設定にかなり手を加えておられるのでもしかしたら好き嫌いが出そうな一作。ただし、話中の二十面相の事件は非常に二十面相らしい事件になってます。個人的に気になったのは、二十面相の正体があの人ならば、周りの人間が気付かないわけがないとか、巨額の金をどうして段取りしたとか、手下をどうやって集めたよ?とか、いくらブレーンがついていたとしても無理があるなあと思ったこと。それとあのオチはいただない!ちなみにただの私見です。(笑)話はとても面白かったです。

  • 意外な結末で驚いた( ̄□ ̄;)!!明智小五郎と新・小林少年コンビが復活して、これから活躍していく予感(^^)♪しかし次郎さんって何者だったんだろう?(-_-;)

  • かつて小学生のころ「怪人二十面相」シリーズを一通り読んでいるが、ほぼ覚えてない状態でこの本を読んでみる。シリーズの前日譚と言える話だけど、それぞれの人間関係が思っていたのと全く違うので、こんな設定でシリーズを再度読むとどうなるのか?読み直したくなったが、読み直すかどうかは微妙。作品のトリックと、そのトリックを成立させる背景がとにかく大規模。確かに、怪人二十面相のトリックはそれなりの財力・権力がないと成立しない。小学生の頃トリックよりは、作品の全体的な雰囲気が好きだった気がするし、今もそれは変わらない。

  • そういえば私、本家本元の明智小五郎が活躍する話ほとんど読んでない…!

    と、愕然とした本でした。
    次郎さんのこととか、いろいろ見たらわかるのかしらん。
    パスティーシュはちらほら読んでるので、いろんな発想があるなあと思っている次第。
    面白かったです。

全52件中 1 - 10件を表示

少年探偵 (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年探偵 (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年探偵 (一般書)のKindle版

ツイートする