正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)

  • 385人登録
  • 3.06評価
    • (2)
    • (26)
    • (42)
    • (13)
    • (6)
  • 47レビュー
  • ポプラ社 (2015年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144220

正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.2.27読了
    ミギーの発言が心につまされた。人間同士はほとんど理解しあえないのだから、相手に理解してもらえなくても落ち込んだり、怒ったりする必要はない。ストーカーについて触れた章について、自分にもストーカー気質があることにきずかされた。ネガティブな感情に支配されるのではなく冷静に話を積み重ねるしか解決方法はない。そもそも自己評価が高ければネガティブ感情は少ないという。高めていきたいがどんな手段があるのか調べてみたい。

  • 疲れきっている時ほど、どす黒い感情が喉元までつまって苦しくなっていることに気が付く。自分の持たないものを持っている人々への妬みや嫉妬。一流企業に勤める夫を持つ優雅な専業主婦。家事育児を同居の親に任せて平日の夜でも遊びに行ける同僚。子供を持たない、自由で文化的な夫婦。若さに満ち溢れ社交的な女性。自分にはどれも無い、何も無い、と孤独を感じる。

    実際には何も無いなんていうことは全く無く、私だって他人から見れば、充分妬みの対象になり得るということはわかっていても、この黒い感情を消し去る事はなかなかできない。けれど、この妬みを憧れに変えて、なんとかその人たちに近づこうと頑張ることはできる、と本書はいう。妬みや嫉妬は非常に人間的な感情で、誰でも心にあるということ。孤独に感じる必要は全然無いのだ。

    心理学者と脳科学者、二人の視点から書かれているのが良い。たまに読み返そうと思う。

  • おどろおどろしいタイトルなんだけど。
    目は字を追うが、ちっとも頭に入らなかった。
    ポンコツ頭には難しい。
    面白くない。

    ああ、そうよね〜と自覚することは
    多々あり。
    ただそれが脳科学的にとなると、
    脳みそがフリーズしてしまう。


    まあ、恨みごとなどネガティブな感情も
    人間には必然で、
    それは個人を強くするという。

    そして、恨みを晴らすには‥、
    もう、自分らしく楽しく
    生きりゃあいいってことかしら。

  • 脳科学の立場、心理学の立場、実験からわかったこと、神話や昔話から理解できること、答えはでてこないのだけど、答えがでてこないというのが答えなのかもしれない。

  • 脳科学者の中野信子と心理学者の澤田匡人の共著。

    恨みや妬みについての解消方法が非常に参考になった。

  • 妬み、恨み、嫉妬などのネガティブ感情の仕組みを科学的に理解し、どうせなら上手く活用しようという本。
    事例に出てくるのが、最近のアニメとかなので、面白く読めます。
    個人的に最後の対談が一番良かったです

  • 141

  • 恨みや妬みといった感情はなぜ生まれてくるのか分析することによってその感情をうまく逃がすことができるのではないだろうか。
    本書ではその逃し方までは書かれていなかったので、そこをもう少し掘り下げて提案してほしかった。
    感情をコントロールできないがゆえに起こる既読スルーが原因での暴力事件やリベンジポルノなど昨今の問題が興味深かった。

  • タイトルが面白くて読んでみましたが、ちょっと求めていたものとは違いました。

  • ▶︎▶︎老病死生←思いのままにならないこと 208
    ▶︎▶︎▶︎目の前にあること、やるべきことに没頭する!←深呼吸して自分が何を妬んでいるか?抽出。自認。脇に置いて。振舞わされず。 68-71
    ▶︎▶︎▶︎自分にしかない素晴らしい何かを自覚する。 75
    ▶︎▶︎自分の感情が崩れたときのケアから、愛着、親子、友人、恋人。それが思うようにもらえなかった嫉妬、もつれは別れたほうが良い時も‥。
    ▶︎恨みは不当扱い、侮辱、人格否定(叱責)に。誰でも。 18
    ▶︎▶︎義憤:客観的不公正:社会通念としての不正義:法律・証拠。共感を呼べる。/ムリ:主観的不公正 111
    ▶︎▶︎相手に期待。愛して欲しい(自分と同じくらい)。こじれる嫉妬。傷つけあい。ストーキング。 151-4
    3, 5, 14, 16, 17, 33, 36, 42, 44, 49, 51, 56-7, 61, 91, 157-8, 219-21, 229, 236, 239, 235,

全47件中 1 - 10件を表示

中野信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サンキュータツオ
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
田中正人
三浦 しをん
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)の作品紹介

なぜ、あの人の不幸がこんなに
気持ちいいのだろう?

なぜ、あの「親友」の結婚を
心から祝福できないのだろう?

なぜ、同期の出世が
許せないのだろう?

***************

どんな人でも感じてしまう
「妬み」や「嫉妬」などのネガティブな感情。

そんなとき、
脳や心にはどんな変化が生じているのか、
どう対処すればいいのかを
ベストセラー「脳内麻薬」で知られる
脳科学者・中野信子さんと
気鋭の心理学者・澤田匡人さんが
それぞれの専門分野をもとに解き明かします。

既読スルー、芸能ゴシップ、忠臣蔵など
身近な題材や科学的な実験データをもとに
妬みや嫉妬をコントロールして有効に活用
する術を提案する画期的な一冊。

ネガティブ感情をコントロールできれば、
自分の力をより発揮できます。

恨み・妬み・嫉妬…を
理解し活用するための9章

第1章 恨まずにはいられない
第2章 妬みと羨みの心理学
第3章 妬みを感じるとき、脳では何が起こっているのか
第4章 正しさにこだわる人たち
第5章 正義という名の麻薬
第6章 愛が憎しみに変わるとき
第7章 嫉妬の脳科学
第8章 ネガティブ感情の意味
第9章 対談 私たちのネガティブ感情とのつき合い方

ツイートする