ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)

  • 155人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (22)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
  • ポプラ社 (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)の感想・レビュー・書評

  • 毎週土曜日の夜に放送されているお悩み相談系ラジオをまとめた本。
    スーさんと代行MCのゆるいトークが面白い。
    読んでからはリアルタイムではなかなか聞けないので、podcastで毎週聞いています。笑いたいときにぜひ!

  • 真面目な質問から日常の小さな悩みまで答えてくれる!
    「元カレのSNSを見るのをやめられない」「こんな時代に生まれたこととザッカーバーグを恨め」とズバっと言い切ってくれる姐さんが好きだ。

    Podcastでラジオ番組聞き始めたよ。

  • 語り起こしというか、話していたものを文章に起こしたものは自分には読みにくくてあまり好きではない。でも、これはなかなか面白かった。ジェーンスーさんのスパッとした回答はもちろん、アナウンサーさん達の個性ある回答も良かった。
    ジェーンスーさんは、自分が好きな西原理恵子さんやマツコデラックスさんの系譜も感じられつつ、より女子というか、失礼ながら友達に近い感覚というか、より身近な気がする。
    斬れ味は良いが、一方で今言っても届かないよね、という事も踏まえて、とりあえずこうしたら、まで言ってくれるのが良いですね。
    最後の他の質問にも回答を聞きたいものがたくさんあった。
    ラジオ聞かないんだけど、やっぱり口調とか雰囲気は直に聞かないとわからないので、ちょっと聞いてみたい。

  • 人生こんなことあるある、と思いながら読んだ。リスナーに、これって、こういうことだよ!お願いだから目を覚まして!と語りかける真剣なジェーンスーさんの思いが伝わってきた。ストレートな言い方、好きです。

  • われらがジェーン・スー姐さんのラジオ番組「相談は踊る」の書籍化。残念ながら子ども二人を抱える我が家ではラジオを聞く時間を捻出できていないので、書籍化大歓迎!ブラボーであります。
    深刻な質問から、ささやかーな質問まで、代行MCの方とジェーン・スーさんの鮮やかな回答が並びます。表面的な誤魔化し一切なし。既婚者と不倫している女の子にも、別れたカレとズルズル会っている女の子にも、「愛があれば」なんてもやんとして慰められることは言いません。ザックリと切りつけながらも、相手の致命傷にならないように前後で配慮しているあたりはさすが。
    印象に残ったのは、旦那さんが自殺しようとして川に飛び込んでずぶぬれになって帰ってきたと相談する奥さんの話。男の人を励ますのは難しい。本当にそう。私も色々やっちゃってるなー(ダンナに)。ごめんなさいとここで懺悔しつつ、これから気をつけようと勝手に自分で宣言してレビューを終わります。

  • ジェーンさんやアナウンサーの方々の明快な答えにスッキリした。しかし、元風俗嬢の相談内容にはビックリした。

  • スーさんの優しさがひし~と伝わってくる。

  • 全体的にゆるい(特に相談13)、はずなのに、気がつくと同じページを開いたままじっと考え込んでいる自分がいる。なんとも不思議な本。
    どうでもいいけど年表をもうすこし校正してほしかったなと非常に気になります。

  • 2014年9月13日江藤愛アナウンサーの回の「先日、愛着のある財布をなくしてしまいました。この悲しみから逃れる方法を教えてください。」が私にとっての神回です。。

全9件中 1 - 9件を表示

ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジェーン・スー 相談は踊る (一般書)はこんな本です

ツイートする