([や]2-2)エイプリルフールズ (ポプラ文庫 日本文学)

  • 141人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (14)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
  • 17レビュー
  • ポプラ社 (2015年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144619

([や]2-2)エイプリルフールズ (ポプラ文庫 日本文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嘘をついても許される日・エイプリルフールに起こる小さな事件の数々が、様々な人間模様を巻き起こす新作映画のノベライズ。
    大好きな作家の一人である山本幸久さんによる小説化ということで期待したが、肩透かしを喰らった印象。各人の行動に必然性が欠けている。群像劇って映像も小説も難しい。

  • 小説はちぐはぐながらもまとまっていた。映画見たら更に面白いのかなと思い、映画を見たらあまりのつまらなさに驚いた。まさかの小説版の方が優秀なパターン。

  • 出演者全員嘘つき。

    エイプリルフールに起こった数々の事件。
    それは全て嘘まみれだった。

    嘘に嘘を重ねていったら、奇跡が起きた。

    色んなことが繋がって面白い。
    邦画「運命じゃない人」を思い出した。

    お父さんの愛に、泣いた。

  • ドタバタコメディ

    多分映画を見た方が面白かったかもしれません。

  • エイプリルフール――それは1年で唯一嘘が許される日。
    そんな日に巻き起こる事件の数々。人間模様の数々がからみ、つながり、そして小さな「嘘」が奇跡を起こす!
    戸田恵梨香主演、『キサラギ』『リーガル・ハイ』『デート~恋とはどんなものかしら~』など今最も注目されている脚本家・古沢良太のオリジナル脚本で映画化される作品を、人気作家・山本幸久が小説化!

  • みんなウソつき、いい話。なんで?と思うところもちょっとあり

  • 映画の脚本を小説化したものらしいが、映画を見ていなくてもテンポが良くて楽しめて、最後はホッコリする。

  • 映画がよかったので読んでみた。映画とは少し違う内容になっていて、いくつかのストーリーが同時進行であるから映像のほうがわかりやすいかも。それでも感動できる内容に変わりはなかった。

  • 受講生(F.C)
    1年で唯一嘘が許される日に、人々の何気ない嘘がウソを呼び、ばらばらに起こった事件と、全ての登場人物がいつの日にかつながり、大騒動になってしまうという話。最後には小さな奇跡が起こるかも・・・?人々がつくウソの内容や、登場人物のキャラクターがとても面白く、読み終えるとハッピーな気持ちになるので、ぜひ読んでみて下さい。

  • 1人1人のキャラが面白かったし、それぞれがどこかの人物と関わりがあってその発見がまた面白い。

全17件中 1 - 10件を表示

古沢良太の作品

([や]2-2)エイプリルフールズ (ポプラ文庫 日本文学)に関連する談話室の質問

([や]2-2)エイプリルフールズ (ポプラ文庫 日本文学)はこんな本です

([や]2-2)エイプリルフールズ (ポプラ文庫 日本文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする