([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)

  • 236人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (25)
    • (18)
    • (5)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 皆川博子
  • ポプラ社 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144626

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
パトリック レド...
有効な右矢印 無効な右矢印

([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 13世紀フランス。
    天使ガブリエルから「エルサレムへ行け」という天啓を下された少年エティエンヌが、聖地を目指して十字軍を率いる物語。

    特別な力を持つことで、平穏無事な生活を失ってしまうことの哀しさが漂う。
    純粋な子供たちと、彼らを私利私欲の対象としてしか見ていない狡猾な大人と対比がえぐい。

    何を目指し、歩むのか。
    結末を予想出来て尚、エティエンヌたちを愛おしく感じることがこの作品の要であるように思う。

  • 少年十字軍の悲劇を知っていれば
    この子達にどんな結末が待っているのか
    それを作者がどれだけ耽美、爛れた
    退廃的な世界に描くのかと思いながら
    読んでいったのだけど。。。
    神への信仰を表面にあらわしながら
    俗な人間の欲にまみれ浸りきった大人たちに
    (あぁ大人の世界を縮小版で濃縮している
    レイモンにもか)利用され、試され、裏切られ、
    翻弄される子供たちが、ただ一心に信じている
    苦難からの解放、自由な世界、導いてくれるはずの
    エティエンヌ。
    染まって汚れたものも、純粋なものも、全て背負い
    その身を削りながらたどり着く先は。
    ぜひ読んで、余韻に浸ってみてください。

  • 何とも冷静であり、シニカルな小説だと思った。

    そして最後まで、「神」と「奇跡」の正体についての謎が明かされていない。
    結局、発端となる事件の真相については、それが人為的に仕組まれたことなのか、それとも本当に神による奇跡なのか、断定的には書かれていない(と私は読んだ)。
    その正体が最後まで巧妙に隠されていて、まるでミステリー小説のようにスリリングですらある。

    見ないで信じる者は幸いである。

    それならば、見た上で、それでも信じ続ける者はどうだろう? 哀れだろうか? 不幸だろうか?

    神はいるのか?
    奇跡は誰が起こしたのか?
    分からないけれど、少なくとも歴史を作り出したのは人間だ。

  • 中世ヨーロッパ、エルサレム奪還のための十字軍遠征がさかんに行われた時代、羊飼いの少年に率いられた子供たちばかりの十字軍が存在したという史実をベースに、さまざまな登場人物たちの思惑が錯綜する皆川ワールド全開の長編。

    神の啓示をうけたという羊飼いの少年エティエンヌ(12歳)を筆頭に、序盤から彼につきしたがう子供たちは下は7歳から上は13歳まで。のちに加わる助修士のドミニクとジャコブでさえ15歳。彼らに対抗するように自ら十字の焼き印をつけて救世主たらんとする領主の息子レイモンもまた14歳の少年にすぎず、虚栄心の塊だけれどある意味彼はまだ純粋。

    そんな子供たちに比べて大人たちは皆一筋縄ではいかない腹黒さ。レイモンに従う騎士ベルトランはまだしも、聖職であるはずの修道士たちや、裕福なはずの領主や貴族さえ信用できない。そして記憶を失っている謎の男ガブリエル。

    ガブリエルが幻視する悪魔など、随所に幻想的なシークエンスもちりばめられているけれど、エティエンヌの行う奇跡は、たまたま目覚めてしまった治癒能力以外は、実は周囲が作り上げた眉唾もの。控え目で優しいけれど私欲がないゆえ流され体質なエティエンヌよりも、野生児のルーや、得体が知れないところがありながらも頼りになるドミニク、読者の視点にいちばん近い普通の子ジャコブなど、脇の子供たちが個性的で面白い。

    最終的に彼らは思いがけない人物の裏切りでグロテスクな試練に立たされるのだけれど、その乗り越え方、そして記憶を取り戻したガブリエルと子供たちの再出発で終わるラストはとても良かった。宗教的モチーフを扱っていても神秘や奇跡をクローズアップするわけではなく、どちらかというと危機を乗り越える力になるのは少年たちの信頼関係と機知なところも好きでした。

    解説:三浦しをん

  • 青少年向けのため、いつもの皆川先生らしくないかもね(笑… 叙述トリックもない ドロドロな展開もない、芳醇な描写や余韻たっぷりのエンディングが相変わらずいつもの皆川先生です。昔十字軍東征の映画を観たが、今回小説のベースの少年十字軍のお話は知らなかった。今度古屋先生の漫画も読もうかな〜

  • 奇跡を起こす羊飼いの少年エティエンヌと、そこに集う少年少女と狡猾な大人達がエルサレムへ向かう物語!

    弩使いの少年ルーは誰よりも頼りになります。
    フルク修道士はムカつきます。
    レイモンにもムカつきます。
    ピップの『エティエンヌが居るから大丈夫』にも段々ムカついてきます。


    キリスト教の失敗は教会という組織を作った事かと思います。

    それと金を払えば罪が赦されるというのも教会と罪人が得をして被害者は救われないよね!とも思えます。

    何れにしても信仰というのは他人に迷惑を掛けず自分の為に心の中だけで祈っていれば良いのにと思います。

  • 13世紀に実際にあった少年十字軍をテーマに描かれたお話。
    難解そうに見えて、意外にさらさらと読める。それは、登場人物は多いのに、それぞれが生き生きと魅力的に描かれているせいかも知れない。
    エティエンヌに心酔する子どもたち、信じてはいないけれど追随する者、利用しようとする者、そして訳も分からずただ参加する者。様々な思惑が絡み合いながら旅は続く。
    神の不在、死後の世界と無宗教の人間には正直理解できない部分はあるけれど、中世的なちょっと暗くて閉鎖的な雰囲気は伝わってくる。
    身勝手な大人たちに腹が立つと同時に、エティエンヌがいれば大丈夫と無邪気に繰り返す子どもたちの残酷さにも慄然とする。すべてを背負い込もうとするエティエンヌが痛々しくて切ない。
    でも、史実よりも少し希望の持てるラストに救われる。

  • 世界史上、有名なエピソードに基づくお話。

    「少年十字軍」と言えばいい印象を持っておられる方は少なかろう。
    当時のヨーロッパや聖地をめぐる云々、縁のない日本で育ったものにはなかなか理解しがたいものがあるし、安穏と状況に納得いかぬことが多々ある。

    それはおそらく、当事者においても同じことであったろう。

    哀れな少年と彼をめぐる仲間たち、愚かな大人、誰一人幸せを享受できぬまま終わるストーリー。
    この先、彼らに平安が訪れるかどうか、かすかな希望すら打ち消される不安感。
    ヨーロッパや中東、アフリカ北部は歴史的にもこの先安定することはないことを知っている現代のわたしたち。

    悲哀のもとに終わってゆくであろう彼らに、つかの間の安息を願ってやまない。


    著者は昭和5年生まれの方、ということだが、古さを感じさせないどころか、新人作家のようなみずみずしさを含んでいる。故に作品中の哀れな人々の描写を冷静に受け止めることができた。

    前知識がなくとも楽しめる1冊なので、機会があれば是非読んでいただきたいお話である。

  • ハードカバーで読了。

  • 一点の染みもない潔癖な少年と無垢な子供たちが、乳と蜜の流れる聖地を目指す。罪に汚れた大人たちに利用されながらの旅の果て、新たな試練の始まりのラストに光明と切なさが入り交じる♪。

  • 単行本で読んだので再読。
    題材は決して明るいものではないが、作中の雰囲気は不思議と明るい。ラストも救いがある。初めて読んだときはあまり気にしていなかったが、どちらかというとジュブナイル寄りの内容だった。著者のジュブナイルには『倒立する塔の殺人』があるが、そちらよりも正統派だと思う。

  • クライマックスの『試練』『選択』の残酷さよ……
    が、この二つこそが人間が一生負い続けるものなのかとぞっとした。
    なんといっても作者の筆力の素晴らしさ。手に汗握ってしまった……

    物語としても、これだけの人数が出てくるにも関わらず、一人一人が生き生きと活写されている。
    十三世紀という時代、どれだけ「神」という存在が人を救い、その何倍も人を苦悩させたのか。正直、何もかも「神」中心になる当時の人々の心情には寄り沿えないが、無垢な人々がいるのと同じくらい、狡猾に「神」を利用している人々の逞しさにも感心させられた。

    キャラクターがすべて素晴らしい。
    ラスト、「無」から生きる手ごたえを取り戻したいと思ったガブリエルの目に、実はルーこそが神のように見えたのかも、なんて思ったり……

  • 史実に基づいた物語。

    信頼と疑心、純粋と不純、真実と嘘などたくさんの人と思惑が交錯しながらエルサレムに向かい最終的に子供たちが出した結論に、1つの人生の歩みを見たような気分になった。

    修道士や騎士、神や悪魔などが作中や文面に出てくるものの思っていたほど宗教色の強さもファンタジーも感じなかった。それだけリアリティーのある安定した文章で、とても読みやすかった。

  • 通勤時間に寝落ちしながらだったのでやっと読了。中世ヨーロッパの少年十字軍の史実を基にした物語。彼等がたどりついた先は…しをんさんの言葉が自分の気持ちにしっくりきてちょっと安堵した。

  • 特別な少年と、粗野な少年の対比がよかった。
    本書の、聖職者は、聖職者(笑)表記でいいと思う。暮らしが良くなればその分、怠けたり欲が出るんだなと実感した。それが人間なんだけどさ。もちろん、真面目な聖職者もいるんだろうけど。

  • 聖地奪還のため、“天啓”を受けた少年・エティエンヌの下へ集った数多の少年少女。彼らの行く手を阻むものは、果たして――。

  • 不条理な世界に翻弄される子供たち.面白かったのだけど,いまいち波に乗り切れなかった.
    以下あらすじ(背表紙より)
    13世紀フランス。“天啓”を受けた羊飼いの少年エティエンヌの下へ集った数多の少年少女。彼らの目的は聖地エルサレムの奪還。だが国家、宗教、大人たちの野心が行く手を次々と阻む―。直木賞作家・皆川博子が作家生活40年余りを経て、ついに辿りついた最高傑作。

全18件中 1 - 18件を表示

([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする