アリとくらすむし (ふしぎいっぱい写真絵本)

  • 71人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 島田たく
制作 : 島田 たく 
  • ポプラ社 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144701

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドリュー・デイウ...
モーリス・センダ...
ふじもと みさと
くすのき しげの...
tupera t...
ヨシタケ シンス...
アンヌ クロザ
A.トルストイ
F.エマーソン・...
有効な右矢印 無効な右矢印

アリとくらすむし (ふしぎいっぱい写真絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • りずき

  • 興味深いけれど、迫力満点の写真には引いてしまう。グロテスク、と思ってしまうほど自然と遠い自分が残念。

  • 『アリのくらしに大接近』と同じ著者と思っていたが、完全な勘違い。前者は図鑑的だったが、こちらはアリの暮らしを物語として描いている。

    2016年小学校低学年課題図書。

  • ★★★★★
    夏、草の上をひらひらしているチョウが、アリに育ててもらった子かなあと思うとたのしい気持ちになった。
    (まっきー)

  • 2016課題図書(低学年)その2。

  • [墨田区図書館]

    2016年度課題図書(1&2年)。
    課題図書となっているので、とりあえず借りてきた写真絵本。これで感想文を書くのはできるのかなーとか思っていたら、学校の最終日に、学校からこの本を借りてきたので、これで書いてみることに。初めての読書感想文、小2でいざ書いてみると、、、やはり身近な題材だからか、ストーリーがないのに、割と書けるもんだ!なんかしみじみと変な所で、「読書感想文の課題図書」たる所以を、感じてしまった。きっと選ぶ側は、そういうことをわかっているから、写真絵本だから、低学年で字や文に抵抗がある子でも読み易いから、以上に題材として身近(特に男児??)だから、という観点から選出した本なんだろうなぁと思ってしまった。

  • 低学年

  •  アリからえさをもらう虫、アリをたべる虫、アリにかくれる虫、アリと助け合う虫。アリは、いろいろな虫たちと暮らしている。
     クロシジミとクロオオアリの写真を見て思った。自然ってすごい。

  • 第62回(2016) 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書 小学校低学年

  • アリとくらす虫、そのタイトル通りの写真科学絵本。

    アリと、アブラムシと、アリヅカコオロギ、アリスアブ、アリダニなどなど・・・。
    アリからエサをもらう虫(かわりに甘い液をあげる)
    アリを食べる虫。
    アリにかくれる虫。
    アリと助け合う虫。

    虫は苦手なので、写真でよかった、と思う。
    でも、虫が好きな人には たまらない1冊だと思う。

全16件中 1 - 10件を表示

アリとくらすむし (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする