コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)

  • 166人登録
  • 3.93評価
    • (14)
    • (16)
    • (9)
    • (1)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 村山早紀
  • ポプラ社 (2015年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591144831

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
三浦 しをん
辻村 深月
夏川 草介
宮下 奈都
辻村 深月
藤野恵美
有効な右矢印 無効な右矢印

コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 既読のお話もいくつかありましたが、さすがセレクション、とても良かったです。

    #星に願いを
    春には中学生になる愛、
    ずっと大好きだったお隣のお兄ちゃんがもうすぐ引っ越してしまう。
    一緒に流星群を見るのも今宵限り、
    美味しいお弁当を作って、お兄ちゃんに想いを伝えたい。
    そう決意し「たそがれ堂」で買ってきた可愛いお弁当箱、
    それが突然しゃべりだした───

    古い物や、大切にされていた品物には、魂が宿ることがあり、
    それを”つくも神”というのだそうです。
    好きだと言えなかったこと、伝えられなかったこと、
    無念の思いが”つくも神”になる。
    せつないですよね…

    そして、昔お別れしたはずの、はつかねずみの「ぴーちゃん」も会いに来てくれた。
    「ぼくね、愛ちゃんに言いたいことがあったの。」
    その言葉を聞いたら、もう涙がぽろぽろ止まらなくて…

    流星の降りしきる夜、こんな”奇跡”が起きてくれたらいいのになぁ…


    #天使の絵本
    終戦の混乱の中、焼け跡の廃屋で、
    盗みやひったくりをして生きのびていた三太郎。
    心の拠り所は白い子猫だけ。
    猫を連れ、盗みに入ったお屋敷のお嬢さまにサンタさんと間違われてしまいます。
    三太郎は目を患っている彼女に、
    「この世界に存在するはずのない絵本」を読んであげるのです───

    もうね、すごく良かったです。
    無くしてしまったもの、壊れてしまったもの、
    それはいつか取り戻すことができるのだと。
    負けずに生きてさえいれば…


    #花明かりの夜に
    十代のころに災害で、大切な妹と、かわいがっていた猫と子犬を失い、
    それがきっかけで医師の道を志した女医。
    妹にいつか読んでね…と言われていた本、救えなかった命。
    自分に差し出される小さな手、決して離さないようにしていても、
    それでもこぼれ落ちて行ってしまう命。
    何もかもがむなしくなっていたとき、奇跡のような出来事が…

    「またね」

    そんな”奇跡”がもしかしたら私にも…と信じていたくなる。

    最後の章で「たそがれ堂」の謎のお兄さんの真実がわかったのも嬉しかったです。

  • 図書館より。

    ようやく読了。
    セレクションとだけあって、うち二つは読了済みの物語。でも、泣けるんだよね。
    個人的には未読だった女医さんものと、書きおろしに涙。やっぱり泣ける。
    結局全部読んで泣いてる(笑)セレクションは伊達じゃないか。

  • 恒川光太郎さん、梨木香歩さんが好きな人にオススメ。作者さんは童話作家出身で、この作品は大人向けに書かれたそうですが、美しくとてもきれいな作品です。こういった光に満ちた本に子供の頃に触れておくことは周囲に愛されて育つことと同様に性善説を発動させるのに欠かせないと思います。大人になるとこういった救いのある話を無条件に受け入れるのが難しくなると思うので。

  • ゆっくり時間をかけて楽しんで来た1冊。
    ああ、もう、どうしてこんなに美しい世界があるのだろう。
    何度も涙腺が崩壊して、温かい気持ちでいっぱいになる。
    店長さんが店長さんになったお話も読めて、なんだか嬉しい。
    書き下ろしの1編も、とっても素敵。

    きっと、何度でも読み返してしまう、そんな1冊。

    ページの隅(時にはど真ん中にも)にも素敵なイラストがあるのも嬉しい。

  • やっぱり村山さんの物語好きだなあ。
    創作メモが愛に溢れていてほっこりしました。

  • 『コンビニたそがれ堂』シリーズの愛蔵版。
    装丁もとても綺麗だし、ページのところどころに描かれているイラストも素敵です。

    読んでいると、登場人物と一緒に風早の街を歩いているような気持ちになり、心の中で、「ただいま、風早!」と思ってしまいます。

    愛蔵版ということで、
    ・『あんず』
    ・『人魚姫』
    ・『星に願いを』
    ・『天使の絵本』(書き下ろし)
    ・『花明かりの夜に』
    ・『エピローグ 風早の伝説』(書き下ろし)
    が収録されています。

    『コンビニたそがれ堂』のお話は、どれも好きなのですが、中でも特にお気に入りの『あんず』が最初だったので、いきなり涙が。
    あんずちゃんには、長生きをして欲しかったけれど、でも、幸せな一生で、良かった・・・。

    『人魚姫』も、少し怖いけれど、好きなお話です。
    ネトゲにはまった事のある人なら、「うんうん」と頷きたくなる所が色々あります。
    真衣が、少しずつ回復していく過程が、とても丁寧に描かれていて、重めの話なのに、最後は何だか元気が出てきます。

    『星に願いを』は、頑張る愛ちゃんがとても可愛い!
    最後に登場する男女は、お弁当箱の元の持ち主と、万年筆の元の持ち主ですよね。

    そして、書き下ろしの『天使の絵本』!
    村山早紀さんの書かれるクリスマスのお話って、どれも秀逸だと思うのですが、このお話にも泣かされました。
    風早三郎の力だけではなく、色んな思いが、奇跡を起こしたんでしょうね。
    そして、風早三郎は、あの日からずーっと、三太郎さんを待ち続けていたんですね。

    『花明かりの夜に』は、『海馬亭通信』の千鶴ちゃんが登場するお話。
    千鶴ちゃん、というより、もう、千鶴先生、と呼んだ方が良いのかな。
    『人魚姫』で、真衣が子供の頃、抱きしめてくれた、優しい女医さんは、ひょっとしたら、院長先生なのかな・・・?

    エピローグも良かったです。
    1月に、伏見稲荷大社の天辺まで登ったところなので、大小さまざまなお狐さまがぎっしりお祀りされている光景がすぐに浮かびました。
    風早三郎は、本当に、風早の街と、そこに暮らす人々が大好きなのですね。

  • ひとつひとつのお話が読んでいてほんのり心温まる、ちょっと涙ぐんでしまうような素敵な本でした。文体が読みやすく、ティーンエイジャーにも馴染みやすい感じ。絵本的な。これ、絵本にしても素敵だとおもいます。
    あまり立て続けに何話も読むのではなく、心を休めたい時とかにページを開いて1話読むみたいな読み方が良さそう。私は他のハードな本を並行して読みつつ、この本を時々読んではささくれ立ってきた気持ちをを癒していました。
    セレクションだから元々が沢山あるんですね。ちゃんと読んでみたいです。

  • どの話も好きになれなかった。

  • 優しく暖かくなる物語たち
    やっぱり『あんず』が好き

  • 大事な探し物がある人だけたどり着くことのできるコンビニ。そこにはありとあらゆる物が揃っている。ネコのあんずの願いや引きこもりの真衣など、少し空恐ろしい感じる物も含めて、優しくて前向きになれる物語だった。

全22件中 1 - 10件を表示

コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

コンビニたそがれ堂 セレクション (一般書)はこんな本です

ツイートする