真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

  • 997人登録
  • 3.76評価
    • (65)
    • (164)
    • (116)
    • (12)
    • (4)
  • 144レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2016年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145128

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
宮下 奈都
三浦 しをん
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • そうだった。ここのパンはハード系だった。

    500ページ超、この厚さにひるみ、後回しにしていたせいもあるけれど、
    前作からずいぶん時間が経ち、すっかり忘れていました。
    希実の出生の秘密がメインなので仕方ないけれど、重かったです。
    特に、希実が今までずっと我慢して飲み込んでいた言葉を、
    母にぶつけてしまう場面は辛かった…。

    どんな境遇にあっても、子供はみな望まれて生まれてきたのだと言われたいですよね。
    それでどれだけ救われることか…。

    いつも和ませてくれるソフィアと、こだまの出番が少なかったのが残念。
    それと、班目はもっと変な人でいてくれないと!(笑)

    今回のパンは、いつになく複雑な味がしました。

  • [月イチ2文:2016年3月分]待ってました最新刊!大ボリュームで楽しませてもらいました。大人たちの望実への愛情がたっぷり感じられる500ページ強でした。大沼先生の小説が温かいなと感じられるのは、悪人をただの悪人で終わらせないこと。悪に見える一人一人の背景がしっかり丁寧に描かれる点がとても好きです。悪人だから排除しても良い、人生を描く必要はないから人ではない、そんな事を許さないような、登場人物一人一人の人生がしっかりあって、人はこういうものであると感じさせてくれます。お店の閉店時間は午前5時、この本も次巻が最終巻なのでしょうか?

  • 真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。一方、母親と久しぶりの対面を果たした希実だったが、その隣にいたのは実に意外な人物で…。人気シリーズ第5弾!!

  • ・もう5巻か・・・
    ・新キャラが出張っててソフィアさん贔屓の読者としてはちっとさびしい
    ・希実ちゃんの出生ネタからの、母との永遠の別れ
    ・家族による良くも悪くも束縛をテーマにここまで続いたシリーズなので次巻どうするんやろ

  •  厚さにびっくり。

     今までのおこちゃま風の事件ではなく、大人の事情が顔を出します。が、どうも登場人物は、大人でもなんだか甘えた人達ばかりで、話の流れとマッチしていないので違和感があります。

     希実の出生の秘密が明かされますが、何でそこまで複雑にする必要があるのか。

     

  • そろそろ飽きてきた。読み応えがあるといえばあるけど、伏線を張る、展開が二転三転する、キャラクターの二重性、ばかりでもうお腹いっぱいです。

  • 班目の変態度が下がってきて面白くない。
    希実や弘基の尖ったところもだんだん丸くなってきているような気がする。
    キャラの内面的成長を描いた作品は、成長したキャラが当初のとげとげしさや痛々しさを失う代わりにそれに匹敵した魅力を身につけないとただの丸くなった大人になってしまう。
    この作品はまさにそれでそのせいで感が進むごとに面白くなくなっていく。
    希実の父親もわかっちゃったしね。もう読まないわ。

  • ここまでの長~いお話読み続けてやっと最終回。それにしても降った湧いたようなシンデレラ的展開と母のやんちゃ時代の交友関係など、終わってみたらドタバタに過ぎない茶番劇。大団円というよりも辻褄合わせみたい。
    最初のころのワクワク感あまり感じませんでした。

  • スゴーくボリューミーな5作目ですが、密度としては微妙な印象。とにかく過去の振り返りが多すぎて、せっかく没入しかけた気持ちが幾度となく削がれてしまった感があります。

    それだけでなく、本作で新登場する榊がエキセントリックすぎ、それに反して希美の父は薄味過ぎて存在感がなく、奔放な母親には終止共感できないままアッサリと退場するなど、個人的に合わない展開が続いてしまい、本作はちょっと楽しめませんでした。

    このシリーズ、これで終わりとしたら消化不良だし、続くとしたらどう着地するかが不明瞭すぎるしで、かなり不安な気持ちを抱いたまま読了。うーん…

  • 面白いっちゃ面白いんだけど、「真夜中のパン屋」の設定の意味がだんだん薄れてきてる感があって、なんか残念だなぁ~。。。

  • 前作から間があき過ぎており、続きを読むのに少々心配でしたが、すーっと内容が頭に入り500ページ強の長編でしたが、展開もテンポも良くあっという間に読み終わりました。今回は主人公の母親の生い立ちや過去に触れる内容が主でした。主人公がなぜ突然パン屋さんに預けられたのか?の謎がどんどんと解けていきます。その謎が解けていくにつれ、人と人との繋がりが心にジワジワと染み入り号泣してしまいました。パン屋さんの閉店が午前5時なので、おそらく次作が最終回になるのではないでしょうか。主人公の本当の父親、そして母親の深い愛情が盛り込まれている内容なのでは、と予想しております。次回作も楽しみに泣く覚悟で読みたいと思います。

  • 素晴らしい。
    もう大好きなシリーズ!
    相変わらず、会話の1つ1つに温かみがあって、キャラ立ちも今作も凄くいい。
    遺産がとか親族がとか血縁がとか、今回難しいテーマではあったけど、まあ読めた。
    そういう主問題が解決した後のまとめ方とかも天才的に温かい。涙腺が緩んだ、、。

  • まよパン第5弾。
    今回のお話しは、今まで謎だった希実ちゃんの父について。
    母の言う「父」と、父の「兄」。幼少期の母と美和子さんの関係も掘り下げながら語られるストーリーは進んでいくにつれて2点3点としていき、見事に騙された自分は本当に単純な奴だな、と思いました(笑)
    まよパンは読むたびにいつも思うのだけど、最初に登場するキーマンたちが、必ず最後にはしっかりと良い人になっているという所。母の言う「父」も、父の兄も、最初はどっちも薄気味悪いと思っていたのに最後には好きになっていた。前作の美作先生や、その前の従姉妹ちゃんだって。良い登場の仕方をしたわけじゃないのに最後にはなんだかんだと嫌いじゃなくなっていて、大沼先生すごい、と。
    そしてそんな濃ゆーい内容もさることながら、より一層家族になっている暮林さんと弘基と希実ちゃんの3人に本当にほっこり…。暮林さんはいつも穏やかで笑顔が絶えないイメージあるけど、今回希実ちゃんに関することで静かに怒りをあらわにした辺りはかなりグッときました。そして弘基は、キツイ言葉遣いの中にもハッキリと心配と愛情を晒す傾向が序盤からあり何度も心を打ちぬかれてたのですが、今回はそれに+αみたいな要素が見え隠れして思わずニヤニヤ。
    家族な3人も好きだけども、そこに家族愛以外の何かがあっても全然良いと思うのです。愛に飢えてる希実ちゃんには愛に生きた弘基がお似合いだと思います。というか弘基が希実ちゃん食い止めないと希実ちゃん絶対ダメ男ひっかけるタイプだと思うんだ。いやこれマジで。

  • 内容に触れてレビューしたいのに
    どこにも触れられない。

    すべてが作り込まれていて
    このシリーズの中で最も重く切ない
    ストーリーを構築するための
    無数のピースが隙間なく積まれて。

    だから触れられない。
    まだ読んでいない方のために。

    久しぶりに物語の中に入り込めた作品。
    その分 私もまた彼らと共有せざるを
    得なかった。そんな読後感。

    守るべきものを守りきる そんな大人。
    この作品は大人へのオマージュ。

    大沼紀子さんのこのシリーズへの
    集中力と我慢強さ それを支える筆力に
    あらためて敬服しました。

    大人たちは みんな子どもだったから
    本当は子どもであることの辛さも
    苦しみも喜びも寂しさも知っている。

    親は そんな大人の理想的進化系ですね。

  • 母の居場所を知り、希実は母と会う。パン屋さんには美和子の友達だという怪しい男が。希実たち家族の関係は一体どうなるのか。
    いろいろな登場人物たちの家族の過去がわかり、家族について考えさせられる。美和子さんや母律子の想いなど、本当に素敵だと思った。希実と母と父は、事実がどうであろうと確かに家族。読み終わってから、榊さん悪者じゃなかったんだ…いいひとやん…という気持ち。

  • 今回すごく良かった!
    希実の出生の秘密がついに明らかになりました。
    でも本人には明かされないまま。。。

    大人たちが希実を守るためについた嘘が
    切なくも温かくて◎

    律子もカッコウの母なみに無責任だし、ぶっとんでるって思ったけど、いろいろと抱えているものもあり、さらにいうと本当に、希実のことを考えて愛してたんだなあと思った。

    これで希実の1件は解決したわけだけど、これからもシリーズは続くのかな?
    今後は弘基と希実の恋愛とかもみたいなーと密かに思ったりもする。

    まー美和子さんラブすぎて、希実のことは妹みたいに思ってるかもしれないけどね。

    伏線や美和子や律子の過去も含めて、読み応えがあった一冊でした!

  • 希実の実の父って美和子の兄、篤人なんだな。
    クレさんがそれに至った頭の回転凄過ぎて経緯が気になる(笑)
    読者は樹が実の父じゃないと明言されてるところ読んでるし、榊と樹の爆発事故に巻き込まれたってとことクレさんの事故に巻き込まれたらしいってとこ合わせたら導き出せるけど、クレさんはヒント少ないよな?
    まだ何かあるのかな?美和子から聞いた篤人と律子のこと。
    美和子と律子と言えば、何を約束したんだろう?読み落としたのかな?今回描かれてたっけ?
    次回明かされるのかな…?

    ラストの弘基と希実、そしてクレさんのモノローグでニヤニヤしてしまった。
    今回内容がヘヴィだっただけにラストのラブコメの波動は大変良かった(笑)
    弘基、ちょっと前からちょいちょい希実に気持ちがいってるの描かれてたけど、今回でかなりはっきりとしたな。
    希実のためだけにパンケーキ焼くのか、そうかぁ。希実に食べさせたくて作ったのか、そうかぁ。とニマニマ。

    榊と美和子のこと上手いこと纏められてたけど、切ないよなぁ。
    樹も榊もほんと不毛な恋を…(苦笑)
    切ないなぁ。
    榊と美和子は家のことがあるから結ばれたくとも…。
    樹は律子が心の奥底ではずっと篤人を忘れられずにいて…。
    結局爆発事故知ってすぐにアメリカにたったくらいだからやっぱり忘れられないんだよなぁ。
    篤人は絡んでくることはもうないのかな。
    今回の終わり方だと無いのかなぁ、なんて思ったけど。
    律子、榊、樹がああまでして隠したから明かすことは無いだろうけどふとしたことで希実が知ってしまうことはあり得るよな。
    保護司か弘基経由かなって。
    弘基は恐らく知ってるよなあれ。
    樹と弘基のあの時の会話、“最善”って言い方をしてるあたり実の父親が樹じゃないことを承知で聞いてる感じだよな。

    次が最終巻なのかなこの感じだと。
    次も結構待つことになりそうな予感。3年くらいは待たないとかな?

  • 前作までに登場したそれぞれ魅力的な主要キャストの、今回はだれを掘り下げていくのか、どのように展開するか楽しみ。
    今日買って帰ろ(^^)

  • 間が空きすぎて少々登場人物のキャラクターを忘れつつあったものの、やはり面白かった。大人になってきた(ならざるを得なかった)主人公の思いと周りの方の優しさはほっこり…次作はどうなるのか楽しみ

  • 「まよパン」シリーズです。
    かなり前に読んだので、内容がうろ覚えです。
    記事を書くので久し振りに当作を見たら、こんなに厚かったのね。

    希実が入院している律子さんに会おうとしたところで前作は終わりました。
    意を決して対面すれば、律子さんはこれまでと変わらない能天気な態度を取っています。
    しかも、「付き添いは希実の父親にして貰う」と言ってきます。

    希実は戸籍謄本を見ていたので、父親が門叶樹という人物だと知っていた。
    以前、門叶が所長をしている会計事務所に「会って貰えないか」と電話をしたが、拒絶の言葉と共に断られていた。
    門叶には幸せな家庭があることを目の当たりにした希実は、父親の存在を切り捨てていた。
    そんな訳で、希実は律子や門叶に対して怒りを覚える。

    受験があるので、希実は気持ちを切り替えて勉強に励む。
    その間は律子の見舞には行かなかったし、門叶にも会わなかった。

    暮林に誘われて、希実は弘基と共に美和子の三回忌に行く。
    美和子の墓に先客がいたが、いきなり鳩を出すような奇人だった。
    先客は榊と名乗り、「美和子の幼馴染だ」と告げる。

    当初、榊は暮林達に棘のある言葉を吐いていたが、パンを食べると態度が急変し、「ブランジェリークレバヤシ」に通うようになる。
    希実は榊に引っ掛かりを覚えるが、いつものように気持ちを切り替えることにした。

    学校から帰る途中、希実は二人組の男に声を掛けられる。
    男達は「門叶の娘か」と尋ねた後、「一緒に来るように」と言った。
    男達に連れて行かれそうになったところを榊が助けてくれる。

    「希実はお家騒動に巻き込まれている」と、榊に言われる。
    門叶は会社の御曹司だったが、相続放棄していた。

    派閥による対立はあるが、会社の経営は安定している。
    問題なのは、会社の大株主である門叶の母親が病に倒れた後、「生きているうちに孫娘に株を譲渡したい」と言ったことである。
    現社長や対立している前社長のイトコにとって、希実は厄介な存在だ。
    どちらかが二人組の男を差し向けたらしい。

    門叶には二人の息子がいるが、妻の連れ子だった。
    希実と会うことを拒んだのは、血の繋がった娘だからお家騒動に巻き込みたくなかったようだ。

    門叶は若い頃、律子と付き合っていて、妊娠を機に結婚しようとしたが両親に反対される。
    門叶は大学を中退し、駆け落ちをして家とは縁を切る。
    しかし、希実が産まれる前に二人は別れていた。

    榊は引きこもりで「自宅警備員だ」と言っていたが、正体は門叶の兄だった。
    榊は対人恐怖症なので、会社勤めが出来ないらしい。
    「ブランジェリークレバヤシ」に通っていた理由は、希実を母親の養女として迎える為だった。

    榊が持ち掛けてきた話は希実にとって悪くない内容だが、すぐ飛びつく気分にはなれない。
    すると、榊は「ブランジェリークレバヤシ」が潰れるかもしれないと脅してきた。

    店は暮林が相続しているが、土地は美和子の伯母のものらしい。
    現在、伯母の夫の会社経営が芳しくないので、土地を手放す可能性があった。

    「希実が養女になれば資金援助をする」と榊が提案してくる。
    暮林は榊を帰した後、希実に「今の話は気にするな」と言った。

    暮林は美和子の伯父から話を聞いた後、危機を回避する為に案を練っていた。
    店の存続が危ないと知って、希実はジッとしていられない。

    希実は榊とコンタクトを取ると、養女になったら何をすればいいのか尋ねる。
    「たまに母親に顔を見せてくれればいい」の他、思っていたよりも些末なことしか言われなかった。
    但し、「DNA鑑定をすること」と「希実の母親を説得すること」を条件に出される。

    希実は律子に養女の件を話すと、反対された。
    門叶には「榊の口車には乗るな」と忠告をされる。
    情報収集を依頼していた班目からも「榊に関わらない方がいい」と言われる。
    それでも、美和子が残した店や暮林、弘基の為に養女になる決意をする。

    美和子の伯父の会社に融資してくれる人が現れたので、店が潰れる危機は回避された。
    一安心と思っていたところ、律子が希実が養女になることを了承したと知って、表情を険しくさせる。
    今まで溜め込んでいたものを吐き出した希実は、律子と喧嘩別れする。

    暮林から「融資をしてくれたのは榊ではない」と聞かされた。
    病院のスリッパを届けるついでに律子のところに行くと、榊が病室にいた。
    榊は「希実は門叶と血が繋がっていない」と思っている。
    母親に復讐する為、今回の騒動を起こしたようだった。

    律子が門叶家の関係者の手下に誘拐されてしまった。
    美作先生の機転で律子の居場所が分かり、希実達は見つけに行く。
    この時にDNA鑑定の結果が来て、門叶と希実は親子だということが証明された。

    実は、律子、門叶、榊はひと芝居を打っていた。
    希実の実の父親が誰かを暴かれないようにする為だった。
    三人は、それぞれ希実のことを「守りたい」と思っていた。

    律子は重い病気に罹っていた。
    少しして、律子は亡くなってしまう。

    「希実ちゃんの周りにはロクな大人がいないな」と思いました。
    どいつもこいつも昔はヤンチャだったようです。

    チャランポランという印象しかない律子さんは、ちゃんと母親だったんですね。
    とはいえ、今までしてきたことが帳消しになるとは思えませんが。
    「律子さんは深刻な病状っぽいな」と思っていましたが、こんなに早く亡くなるとはビックリです。

    最後の方で、希実の父親は美和子さんのお兄さんらしいと分ります。
    何故、律子さんが実父のことを隠したがっていたのかは謎のままです。

    読み返してみましたが、弘基が「希実は美和子さんに似ている」というのは伏線だったのかしら。
    妹ではないけど、姪だから血は繋がっているものね。

    弘基が希実を気に懸けるシーンが多いですね。
    これまでは「一も二もなく美和子さん」という感じだったのに、希実を「うちで預かっている大事な娘さん」と言っています。

    律子さん探しの時、希実は弘基の服を無意識に引っ張っていますし、弘基は離そうとした手を掴んでいます。
    そして、パンケーキを希実の為に作っています。

    兄妹愛のようなものですかね。
    希実はクレさんに気がある様子だったので、急に弘基とラブラブにはならないでしょう。

    次の話で美和子さんのお兄さんが絡んでくるのかしら。
    美和子さんをはじめとする関係者からの話からすると、「酷い奴」というイメージがあるんですけど。

  • 希実は、父親に望まれて生まれた子。
    母律子がいよいよ具合が悪くなり、残された関係者達は共犯者となって希実を守っていこうとする。カッコウである律子は、なかなかいい托卵先をえらんだよ。この際本当の父親かどうかは、希実にはわからないまま最終巻を迎えてほしいけれど、そうもいかないんだろうな。

  • 長いし希実が可哀想だしで途中まで読むのがけっこう苦痛だった。でも最後の方は駆け足で詰め込みーな内容だったと思います。こういう話はやはり少し泣けてしまう。
    希実の父が分かったのは良かったけれど、お母さんが希実を預けまくってた理由が最後までよくわからなかったような…。仕事だから仕方なくってこと?恋多き人だったから?ちゃんとした人に育てて欲しかったから?うーん???

  • 話が途中でわけわからなくなってしまった。誰もが誰かにやさしくありたい、というのはわかるが、わかりづらい。

  • 希実を自分の娘のように思い始めてきた。
    しっかりしっかり前を見て。
    手を伸ばすことを躊躇わないで。
    君はずっと強かった。
    でもそうばかりではなかったことを知った君はこれからもっともっと素直にしあわせになれるだろう。

  • 人はパンのみに生きる

全144件中 1 - 25件を表示

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする