真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

  • 1010人登録
  • 3.76評価
    • (66)
    • (164)
    • (118)
    • (12)
    • (4)
  • 146レビュー
著者 : 大沼紀子
  • ポプラ社 (2016年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145128

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そうだった。ここのパンはハード系だった。

    500ページ超、この厚さにひるみ、後回しにしていたせいもあるけれど、
    前作からずいぶん時間が経ち、すっかり忘れていました。
    希実の出生の秘密がメインなので仕方ないけれど、重かったです。
    特に、希実が今までずっと我慢して飲み込んでいた言葉を、
    母にぶつけてしまう場面は辛かった…。

    どんな境遇にあっても、子供はみな望まれて生まれてきたのだと言われたいですよね。
    それでどれだけ救われることか…。

    いつも和ませてくれるソフィアと、こだまの出番が少なかったのが残念。
    それと、班目はもっと変な人でいてくれないと!(笑)

    今回のパンは、いつになく複雑な味がしました。

  • [月イチ2文:2016年3月分]待ってました最新刊!大ボリュームで楽しませてもらいました。大人たちの望実への愛情がたっぷり感じられる500ページ強でした。大沼先生の小説が温かいなと感じられるのは、悪人をただの悪人で終わらせないこと。悪に見える一人一人の背景がしっかり丁寧に描かれる点がとても好きです。悪人だから排除しても良い、人生を描く必要はないから人ではない、そんな事を許さないような、登場人物一人一人の人生がしっかりあって、人はこういうものであると感じさせてくれます。お店の閉店時間は午前5時、この本も次巻が最終巻なのでしょうか?

  • 真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。一方、母親と久しぶりの対面を果たした希実だったが、その隣にいたのは実に意外な人物で…。人気シリーズ第5弾!!

  • 間が空きすぎて少々登場人物のキャラクターを忘れつつあったものの、やはり面白かった。大人になってきた(ならざるを得なかった)主人公の思いと周りの方の優しさはほっこり…次作はどうなるのか楽しみ

  • ・もう5巻か・・・
    ・新キャラが出張っててソフィアさん贔屓の読者としてはちっとさびしい
    ・希実ちゃんの出生ネタからの、母との永遠の別れ
    ・家族による良くも悪くも束縛をテーマにここまで続いたシリーズなので次巻どうするんやろ

  •  厚さにびっくり。

     今までのおこちゃま風の事件ではなく、大人の事情が顔を出します。が、どうも登場人物は、大人でもなんだか甘えた人達ばかりで、話の流れとマッチしていないので違和感があります。

     希実の出生の秘密が明かされますが、何でそこまで複雑にする必要があるのか。

     

  • そろそろ飽きてきた。読み応えがあるといえばあるけど、伏線を張る、展開が二転三転する、キャラクターの二重性、ばかりでもうお腹いっぱいです。

  • 班目の変態度が下がってきて面白くない。
    希実や弘基の尖ったところもだんだん丸くなってきているような気がする。
    キャラの内面的成長を描いた作品は、成長したキャラが当初のとげとげしさや痛々しさを失う代わりにそれに匹敵した魅力を身につけないとただの丸くなった大人になってしまう。
    この作品はまさにそれでそのせいで感が進むごとに面白くなくなっていく。
    希実の父親もわかっちゃったしね。もう読まないわ。

  • ここまでの長~いお話読み続けてやっと最終回。それにしても降った湧いたようなシンデレラ的展開と母のやんちゃ時代の交友関係など、終わってみたらドタバタに過ぎない茶番劇。大団円というよりも辻褄合わせみたい。
    最初のころのワクワク感あまり感じませんでした。

  • スゴーくボリューミーな5作目ですが、密度としては微妙な印象。とにかく過去の振り返りが多すぎて、せっかく没入しかけた気持ちが幾度となく削がれてしまった感があります。

    それだけでなく、本作で新登場する榊がエキセントリックすぎ、それに反して希美の父は薄味過ぎて存在感がなく、奔放な母親には終止共感できないままアッサリと退場するなど、個人的に合わない展開が続いてしまい、本作はちょっと楽しめませんでした。

    このシリーズ、これで終わりとしたら消化不良だし、続くとしたらどう着地するかが不明瞭すぎるしで、かなり不安な気持ちを抱いたまま読了。うーん…

全146件中 1 - 10件を表示

大沼紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする