ブクログ大賞

ビオレタ

  • 528人登録
  • 3.54評価
    • (24)
    • (59)
    • (66)
    • (16)
    • (1)
  • 69レビュー
著者 : 寺地はるな
  • ポプラ社 (2015年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591145616

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ビオレタの感想・レビュー・書評

  • 第4回ポプラ社小説新人賞受賞作。
    初めの頃の主人公は、卑屈でちょっとイラつかせる。そんな彼女を甘やかさず、厳しいことを言ってのける菫さんが、爽快。クールなだけでなく、照れ屋な一面や、ちょっと変わった個性もあり、魅力的。息子の蓮太郎とともに、いいコンビの母子で、楽しい。
    千歳との恋は、年も離れすぎで、正直ピンとこない。
    恋愛小説というより、妙の成長物語。

  • 婚約破棄された妙が、泣いていた時に拾われ働くことになった雑貨屋は、菫さんが店主のビオレタだった。

    「今日のハチミツ~」がとても良くて、著者の作品を追いかけようと決め、次に手に取ったのがこれ。
    漂う空気感は同じ。
    人との出会いで、主人公が元気になっていく再生物語であることもほぼ同じ。
    ただ、こちらは、人の悩みを埋め、引き受ける菫さん、親との関係に悩んでいた千歳さん、そして妙と、みんなが相乗していい結果が生まれた感じでした。

    ふんわり優しい文章が好きです。
    ビオレタやチトセボタンの雰囲気も気になります。
    素敵なお話でした。

  • 理不尽な扱いを受けてしまう人、優しいが上に利用されてしまう人、弱さを見せられない人たちが交流で心を通わせるのがよくわかる。文章にするには難しいことを物語の中に織り込んでいて素晴らしい。

  • ★4.5

    婚約者から突然別れを告げられた田中妙は、道端で大泣きしていたところを
    拾ってくれた菫さんが営む雑貨屋「ビオレタ」で働く事になる。
    そこは「棺桶」なる美しい箱を売る、少々風変わりな店。
    何事にも自信を持てなかった妙だが、ビオレタでの出会いを通じ、
    少しずつかわり始める――。


    主人公の妙にすっごく共感しました(❁´ `❁) ♡
    あれこれ迷った里、こんな生き方でいいのか悩んでいる。
    自分に自信がなくって、落ち込んでいる時は聴く耳持たずにドンドン落ち込む…。
    みっともなくふらふらいて,揺るがなものを持ちたいって思ってる。

    物語に流れる空気感がとっても良い、心地よかった。
    とっても繊細な心理描写が素晴らしかったです。
    ストーリー的には大したことは起こらなかったけど、
    そこまで、惹きつけ読ませる手腕はなかながてす。
    やっばり、寺地さん大好きな作家さんになりました。
    他の登場人物もちょっと変わってたりするけど、良い人でキャラが立ってて素敵だった。

    心に残る言葉が沢山あり、本が付箋だらけになりました(笑)
    妙が人生を自分の足で歩き始めた。
    全体にゆったりとした時間が流れてて、読後感はとっても爽やかでした。

    ・余白は大切
    ・必要とされていないのが辛い
    ・淋しいのは標準仕様では、人間の
    そうだ、お父さん素敵だったなぁ(*´ `*)

    わたしも、自分の弱さから目をそらさない強い人になりたい!
    自分にとって、一番大事なものをちゃんと知っている一人前の人間になりたい!
    とっても心に響く一冊でした(*´▽`*)

  • もし、実写化するのなら菫さんは天海祐希さんでお願いしたい。

  • ミナトホテルの裏庭には
    を読んだ後に、この本を知りました。

    平日にこの本が手元に届き、休日まで読むのは我慢!
    とおもって、大事に温めてから読みました(笑)
    とはいえ、やっぱり4日目くらいに我慢ができなくなり、
    最初の1ページだけ……!!と
    自分の意思にちょっとだけ反してしまったのですが、
    やっぱりその最初の掴みの部分がうまくて、
    私の心をきっちりしっかり全部鷲掴んでいってくれました!
    そのおかげで本に対する期待度が増して、
    仕事も頑張れたのですが!

    最初、荒む主人公にどうも手を焼きました。
    それからそのヒロインの姉にも。
    けれどもミナトホテルと同じ作者さんであるし、
    きっと期待を裏切りはしないはず…!と
    周りの魅力的なキャラクターにも元気づけられながら、
    気が付けば後半も後半。
    ここからの展開が私はかなり好きで、
    追い上げが素晴らしかったなぁーと思っています。

    すぐに読み返すことはなくても、
    きっとまた読み返したくなる、あたたかな作品でした。
    読むことができて、満足です。

  • 呼ばれているような気がして読むことにした本。淡々としているようで、どこか可愛らしい性格の菫さん。穏やかでやさしくて、でもそれは、どこかあきらめに似たようなところからきているような、でも芯は静かにしっかりと在る、お話をしてみたい気がした千歳さん。登場人物も文章も、わたしにとって魅力的でした。それなのに、感じたことはあるはずなのに、うまく感じられない読後感です。でもひとつだけ、ひとと出会うとき、そのひとの傷のようなものとも一緒に出会うのだな。と、なんとなく思いました。また読み返したいなと思っています。

  • 著者の2作目の「ミナトホテルの裏庭には」を先に読んで、ほとんど日をおかずこちらも読みました。

    同じ人が書いているのだから当たり前かもしれないけど、ミナトホテルに似てるな、というのが第一印象でした。

    少し変わった(普通に生きている人の目には触れないような)場所があって、
    そこになんらかの事情で関わった、あるいは、そこで生きている(というと少し大げさなんですが)人たちの話。
    目を見張るような大きな出来事があるわけではなく、日常的な凹凸や、
    日常の中にある小さなターニングポイントを掬い上げるように描いた物語。

    もちろん内容は違いますし、「密室ミステリー(密室があってそこで殺人がおきて居合わせた登場人物が犯人をさがす)」とか、
    「王道ファンタジー」みたいな分類といえばそうだと思います。

    個人的には今回の話も好きです。
    ミナトホテルより登場人物がしぼられてた分、それぞれのキャラクターがはっきりしてる感じもしました。

  • 「ミナトホテルの裏庭には」がとても良かったので、こちらの作品も読んでみました。
    寺地さん、とてもイイです。好きです。
    早く次の作品を読みたいです!

  • 当たり障りなくさらさらと読めてしまう本。でも、ところどころぐさりと突き刺さってくる言葉があって、あやうく泣きそうになる場面も。主人公がだんだんと立ち直っていく経過が分かるのも良かったし、千歳さんのどうってことないよ、という言葉がわたしはすごくすきでした。
    一人前ってのは、一番大事なものをちゃんと知ってるってこと。
    選ぶものがたくさんある人生で、主人公の妙ちゃんのように、時には自分のことがどうしようもなく嫌になるときもあるけれど、じたばたしても失敗しても、自分の選択を正しいと思えるようになりたいものだな、と思わせてくれました。

  •  道端で泣くのはやめなさい。泣くのは結構。だけどこんな雨の日に道端にしゃがんで泣くような、そんな惨めったらしい真似はやめなさい。他人に見せつけるような泣きかたをするのはやめなさい。不幸な自分に酔うのはやめなさい。それからそんな風に哀れな子犬のような目でこっちを見るのはやめなさい。

  • 王様のブランチでも取り上げられてた本。ポプラ社新人賞受賞作ということで今後の期待も込めて星4。設定に甘いところもあるけど言葉の紡ぎ方が気持ちよかった。

  • 話題作だったので。個人的にはポプラ社の推してる作品でこれだ!っていう当たりはないかも。これもそのひとつ。

  •  主人公のダメっぷりにかなり嫌悪を感じますが、なぜかどんどん引き込まれます。結末に一安心。
     

  • 自分の気持ちをうまく表すことの出来ない人たちが不器用なりに自分の回りを大切にしつつ、進んでいく話。
    自信を持つことって難しい。
    自信のなさって時に周りの人を傷つけることもある。

  • 婚約を破棄された妙がビオレタで働き始め、いろんなことに向き合い始める。読みやすく、妙に共感し、読んでて心温まる。

  • 読みやすかったです。書き方が柔らかい気がします。題名どおり、スミレの薄紫感が出ている作品でした。お昼に読むのがオススメです。

  • 婚約者から突然の別れを告げられた田中妙は、風変わりな雑貨屋の女主人に拾われ、その店で働くことになる。どこにでもありそうな、それでいてどこにもなさそうなある種のメルヘン物語かもしれない。癒しのオーラが発散されている作品。

  • 本の最後の方に、作者が言いたかった事が凝縮されているのかな。。と思いました。

    「気になった文章」
    それにわたしは千歳さんのこともちゃんと見ていなかった。ずっと、やさしい人だと思っていた。けれど、それはやさしさではなくあきらめだったのではないか。不当に扱われ続けて育った千歳さんは、自分が他人からゴミ捨て場みたいに扱われるのにふさわしい存在だ、と思いこんでしまっているのではないか。

    この文章が気になった と言う事は、自分にも「何かあきらめている」部分があるのかな?
    と思いました。何をあきらめているのか、考えてみようと思いました。

  • 言葉選びが秀逸でするすると読めてしまった。お店の描写や地の文の言葉が面白い。
    主人公の喪失と救済の物語と銘打たれるんだろうけど、救われたのは主人公だけじゃない。人と関わることで、人は傷つくし救われる。そうした、人を見つめた物語。欲を言えば、もっと掘り下げてほしかった人が何人かいた。

  • 文章はとても上手。ユーモアもあって読後感はいい。
    でも、どういう話かいまいち掴みづらい。作品解釈を楽しむためにはもう少し奥行きと抽象的な意味が欲しかった。

  • いい話なのだろう。しかしなんだかどうにも上っ面だ。あちらがわでドラマをやっていて、こっちがわにグイグイこないのである。

  • ポプラ社新人賞作品(水嶋ヒロで有名になった賞)には興味なかったのだけど、ブランチでユイカちゃんが絶賛していたのでつい読んでしまいました。

    いつもと同じ後悔・・・ユイカちゃんは若いから感動したのね。

    後ろ向きで卑屈な主人公の成長物語です。
    私が20代だったら主人公と共に成長し、いい言葉をもらった、と感動するのかもしれません。
    が、今の私は「なんとなく」という理由で物語が進んでいく様を作家として失格でしょうと思ってしまうし、恋人との別れ、家族の不和、などなどよくある不幸エピソードを盛り込みながら予定調和的に解決していくストーリーにときめくことが出来ませんでした。

    モノや思い出のための「棺桶」を売ったり埋葬したりする設定は面白いし、雑貨屋の雰囲気はかわいくて魅力的だし、主題にも共感できるんだけどなあ・・・
    惜しいね。

  • 自分軸を持って生きるための図書

全69件中 1 - 25件を表示

ビオレタに関連する談話室の質問

ビオレタを本棚に登録しているひと

ビオレタを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビオレタのKindle版

ツイートする