([う]4-1)監察医の涙 (ポプラ文庫)

  • 25人登録
  • 4.22評価
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 上野正彦
  • ポプラ社 (2015年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591146071

([う]4-1)監察医の涙 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H29.7.5 読了。

    ・気づいたら一気読みしていた。個々の遺体にもそれまでの人生があり、亡くなり方も千差万別、引き込まれるようにして読んでしまった。

  • 生きる事、死ぬ事と向かい合い続けた監察医上野氏のノンフィクション短編集です。
    全編を通して淡々とした文章で語られていますが、結びの文章には氏の心からの声が溢れています。
    その心からの声は時に厳しく、切なく、優しく、あたたかい。


  • いろいろな事件のエピソードが短くまとめられていてすぐ読める。
    人の死にまつわるいろんな事情がわかる。

  • 監察医や法医学を基に、現代の日本に足りないことを訴えかけるエッセイだった。

  • 2015年24冊目。
    ひとは、ひとの死と向き合うとき、悲しさとか切なさだけじゃなくて、愛を知るんだと思った。
    悲しい話ばかりなのに、そのどれも、私たちに、社会の仕組みや人と人との関係を見つめ直しなさいと教えてくれた。
    一気読みしてしまった。

全5件中 1 - 5件を表示

([う]4-1)監察医の涙 (ポプラ文庫)の作品紹介

10刷のベストセラー、待望の文庫化!

「いかなる虐待を受けても、子にとって頼れるのは親しかいない。
どれほど痛かったか。辛かったか。
耐えるしかないそのような子を見ると、涙をぬぐわずにはいられない」

虐待、過労死、母子心中、介護殺人……
もう、このような事件を起してはいけない。

2万体を検死してきた法医学の権威・上野正彦。
そんな彼の心の奥深くに刻まれた、
涙なしには語れない愛と生と死のドラマ。
書き下ろし原稿も収録した、感動のノンフィクション!

([う]4-1)監察医の涙 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする