花咲小路二丁目の花乃子さん

  • 396人登録
  • 3.63評価
    • (19)
    • (60)
    • (67)
    • (4)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2015年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591146583

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
三浦 しをん
小路 幸也
米澤 穂信
三浦 しをん
三浦 しをん
辻村 深月
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲小路二丁目の花乃子さんの感想・レビュー・書評

  • 元「怪盗紳士」が隠居として暮らし、
    非番の日にご近所の相談ごとで引っ張りだこの若手刑事も住む花咲小路商店街。
    ここにはたくさんのユニークな人びとが暮らし、
    日々大小さまざまな事件が起こる。
    今回の主人公は、商店街で「花の店 にらやま」を営む花乃子さんのもとに
    居候することになった十代の女の子。
    人々の慶びごとにも悲しみにも寄り添う花屋の仕事を手伝うなかで、
    ある日ちょっと気がかりなお客さんが来店して―――

  • とても気持ちのいい小説です。
    登場人物がみんなとても素敵ですし、爽やかで、優しくて、隅々まで気持ちのいい空間です。
    これこそ理想郷ではないでしょうか。
    もし、叶うなら私もこの商店街の住人となって、この世界で生きたい。
    時には涙も流し、優しい人達の力になるために悩み、笑い合い…。

    そんな虚しい妄想をついついしてしまうくらい、この世界は素晴らしい。
    でも、妄想はほどほどにして、少しでも近付けるようにまずは私がめいちゃんや花乃子さんを見習わなきゃ。

  • このシリーズの他の本も読みたくなった。素敵な商店街。

  • 良かった!あー小路さんやなあって感じ!笑

    このシリーズ好きだな~ 商店街とかそういうの好き。笑
    しかし花乃子さんの能力は不思議・・・他ので、結婚して幸せになった様子とか、双子のその後が出てきて欲しい!(もしかしてもう出てる?)

  • 花咲小路の第三弾。お花屋さんのお話。セイさんも淳ちゃん刑事も登場して面白かった。またこの商店街のお話読めたらいいな。

  • 木立百里香とガーベラ ヴァーベナとダンデライオン カモマイルと菩提樹 菩提樹と撫子 撫子と薔薇 撫子と薔薇 続 撫子とストックとマルバノホロシ 撫子とヘリオトロープ マルバノホロシとヴァーベナ マルバノホロシとヴァーベナ 続 ケシとゼラニウムと矢車草
    花咲小路商店街で「花の店にらやま」を営む花乃子さんのもとに居候することになった、めいちゃん。花屋の仕事を手伝うなかで、ある日ちょっと気がかりなお客さんが来店して…。『asta*』連載を単行本化。

    気持ちよく読める。
    都合良くとは思うけど,これでいいのだ。

  • シリーズ3作目。

    久しぶりに図書館に行ってみると、4作目まで出ている模様。
    まずはこちらから。

    親戚の花屋さんに住込みで修業に来た女の子の目線で語られる商店街のお話。

    もちろんこれまでの登場人物も出て来て。

    とてもドラマチックなラスト。

    にっこりできるラストで、次作も楽しみ。

  • 商店街の面々はきちんと存在主張しつつ別の話になってる。
    花言葉はいいなぁ。
    耐え忍ぶ人達が笑顔になるような人情溢れる花のようなストーリー。

  • 花咲小路のシリーズ ハッピーハッピー

  • 花咲小路の話は、本当に優しいので大好きです。

    老舗も新しい人も皆が助け合い心地よい空間を作り上げている。
    …うん、地元商店街もこうなってくれたらいいなと想うけどまあ無理な相談ですね。
    でも新しい店ができたり無くなったり間借りから本格的な店になったり。
    色々と変わってきています。

    魔法的な不思議な話でもありますが、それはあくまでスパイスであり、商店街に生きる人々を描くシリーズ3冊目。
    良かったです。

  • ガーベラの瞳に花言葉の魔法
    ファンタジー要素の入った優しいお話

    女子高生のめいちゃんが年の割に幼い感じがするのが少し気になる。

    英国紳士セイさんが一番好き。
    シリーズ1作目以降も出てきてくれて嬉しい。

  • 楽しい本。ちょっとファンタジーな部分もあるけど、この上なくハッピーエンドだし、ほのぼの。
    イケメン率高い!

  • シリーズ3作目。
    小路さんの作品はあったかくてハッピーエンドだから、安心して読める^ ^

  • シリーズ3作目は
    花咲二丁目のお花屋さん。

    花乃子さんの姪のめいちゃん。
    高校を辞めて、花乃子さんのお店で働くことに。

    めいちゃんは、17歳のわりにちょっと
    いい子過ぎて怖いなぁと思いつつも
    小路さんらしさ満載で、
    ちょっとした事件も、人の心も
    きちんとおさまるところにおさまっていく気持ちよさ。

    人っていいな、いい人の集まる商店街は
    いいことばかりが起こりそう!!!

    早く三丁目を読みたいなぁ。

  • このシリーズはもうちょっと飽きてきちゃったかも。小路さんはいろいろシリーズもの抱えすぎかなー?

  • 花咲小路シリーズ。
    今回も心ほんわかハッピーエンド。

  • ほのぼのしちゃいました。
    いい街です。
    花咲小路

  • 「野に咲けど街に咲けど花は花...」子供は種。いずれ芽を出し育っていく。大人が水や栄養を与えて育っていく。何処で咲くかは本人が選べばいい。選んだからにはしっかり地に根を張り凛と咲きほこれ。

  • 個性豊かな人たちが暮らすあたたかな商店街「花咲小路」を舞台にしたシリーズ、三作目にあたる。
    今回の舞台は花屋さん。
    いじめに遭って高校を中退し、従姉の花乃子さんと双子の兄弟が両親亡き後切り盛りしている花屋に住み込みで働くことになっためいは、働くことの大変さと楽しさをかみしめながら日々を過ごしている。
    花乃子さんは訳ありなお客さんから花を依頼されると、それを感知して瞳に赤いガーベラを咲かせるという特殊な力を持っていた。
    花屋に持ち込まれる小さな「訳」を花言葉の魔法と商店街の隣人たちの協力を得て解決しようと奔走するハートフルな物語だ。
    もちろん前作までに登場したキャラクター達も顔を出す。
    「え、そういう解決でいいの」と感じる顛末もあるのだけれど、このやさしさと善意に満ち満ちた感じが小路幸也っぽいなぁと思う。

  •  花咲小路シリーズで一番好きです。小路作品、何となく少年少女が出てくる話がしっくりきますよね。
     花乃子さんのイメージがミムラさんに重なってしまいました。イケメンの双子、見てみたいです。

  • 花乃子さんの能力が”実は私、花の妖精の生まれ変わりなの ☆(o≧▽゚)o)"と
    言われても納得する位の強力さ

    現代のイチ花屋では違和感が有りすぎ、いっそファンタジーでやった方が良かったのでは?

  • (2016/1/23読了)
    花咲小路シリーズ第3弾。四丁目、一丁目に続き今回は二丁目です。
    東京バンドワゴンシリーズ、ダイシリーズと、小路幸也さんの本は、シリーズものは何だかやめられない。
    花乃子さんと書いて、かのこさんと読みます。ルンルン世代だから?はなのこさんと勘違いしてました。主人公は花乃子さんというより、従姉妹の高校二年生のめいちゃん。訳あって高校を中退し、花乃子さんちの花屋さんで働くことになり、その中での出来事がたくさん詰め込まれています。花乃子さんの瞳のガーベラとか、ファンタジーなところもあり。
    丁目は違えど、前2作に登場した人たちも、もちろん出てきます。特に、イギリス人の矢車さんは、このシリーズの柱のひとつ。この作品では、それほど表立って出てないけど、いい味出してます。


    (内容)
    元「怪盗紳士」が隠居として暮らし、非番の日にご近所の相談ごとで引っ張りだこの若手刑事も住む花咲小路商店街。ここにはたくさんのユニークな人々が暮らし、日々大小さまざまな事件が起こる。今回の主人公は、商店街で「花の店にらやま」を営む花乃子さんのもとに居候することになった十代の女の子。人々の慶びごとにも悲しみにも寄り添う花屋の仕事を手伝うなかで、ある日ちょっと気がかりなお客さんが来店して―

    (内容)
    prologue
    1 木立百合香とガーベラ
    2 ヴァーベナとダンデライオン
    3 カモマイルと、菩提樹
    4 菩提樹と撫子
    5 撫子と薔薇
    6 続・撫子と薔薇
    7 撫子とストックとマルバノホロシ
    8 撫子とヘリオトロープ
    9 マルバノホロシとヴァーベナ
    10 続・マルバノホロシとヴァーベナ
    11 ケシとゼラニウムと矢車草

  • こんな商店街が近くにあればいいのに。

  • 花咲小路シリーズ3つめ!

    英によって今回もふわっと終わったけど、ガーベラが咲く、っていうのが面白かった。
    作者はわりとよく登場人物を美男美女にするんだけどなぜなのか。笑。

全55件中 1 - 25件を表示

花咲小路二丁目の花乃子さんを本棚に登録しているひと

花咲小路二丁目の花乃子さんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花咲小路二丁目の花乃子さんを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする