(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 237人登録
  • 3.89評価
    • (18)
    • (26)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : こより 
  • ポプラ社 (2015年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591146644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
宮下 奈都
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 現実世界で心ない仕打ちを受けても、たそがれ堂を読めば切なく優しい話に心癒される(*´∇`*)♪(我ながら、なんと単純な(--;))神無月という事で店長は多分あそこへ出張中(^^;)代わりにアルバイトの化け猫ねねこさんが店番(^^)そのせいか妖し度が高かったような気がする(^.^)いやハロウィンだからか?

  • +++
    本当にほしいものがあるひとだけがたどりつける、不思議なコンビニたそがれ堂。今回は、化け猫「ねここ」が店番として登場!遺産相続で廃墟のような洋館を譲り受けた女性と忘れられた住人たちの物語「夏の終わりの幽霊屋敷」、炭坑事故で亡くなった父と家族の温かな交流を描いた「三日月に乾杯」など、ちょっぴり怖くてユーモラスな5つの物語を収録。深い余韻がいつまでも胸を去らない、大人気コンビニたそがれ堂シリーズ、第5弾!
    +++

    今回は、たそがれ堂の店主・風早三郎は店を開けていて、ねここがアルバイトの店番である。不思議と訪れた人がつい胸の中のもやもやを聞いてもらいたくなるのである。そして、少しだけ胸の裡を軽くして帰っていくのだ。ねここちゃん、なかなか向いているかもしれない。ほんとうに欲しいものが何かわからずにやってくるお客さんも、その人がほんとうに求めているもの、その人に本当に必要なものを手に入れて帰っていくのである。初めは、異界に迷い込むような怖さもあったが、読んでいるうちに、この世になくてはならないもののように思えて、愛すべきものになっている。コンビニたそがれ堂で出てくる食べ物や飲み物が、どれもとてもおいしそうなのもなんとも惹かれる。いつまでもいつまでも読み続けたいシリーズである。

  • 今回はどうにもならない死と向き合う話が主で、最初の猫の話が読んでいて辛かったです。でもねここのキャラクターはよかったし、幻の遊園地と幽霊屋敷はみんなの優しさがあらわれて、ほっこりさせられます。神様がいないのは少し残念ですが、これはこれで楽しめました。

  • 【あらすじ】
    本当にほしいものがあるひとだけがたどりつける、不思議なコンビニたそがれ堂。今回は、化け猫「ねここ」が店番として登場!遺産相続で廃墟のような洋館を譲り受けた女性と忘れられた住人たちの物語「夏の終わりの幽霊屋敷」、炭坑事故で亡くなった父と家族の温かな交流を描いた「三日月に乾杯」など、ちょっぴり怖くてユーモラスな5つの物語を収録。深い余韻がいつまでも胸を去らない、大人気コンビニたそがれ堂シリーズ、第5弾!

    【感想】
    今回は、たそがれ堂に白狐の神様、風早三郎がいなくて、化け猫ねここがいたことが新鮮だった。そして、全体の物語のテーマが生きることについて、だったことにも、今のわたしにはすごく心に響くものがたくさんあった。当たり前だけれど、人にはそれぞれいろんな人生がある。そして、それと同様に生きるということについて、いろんな考え方がある。こんな人生を歩んできた人もいたんだ…自分にはこんな考えはこれっぽっちもなかった…そんなふうにいろいろと考えさせられ、感じさせられた。この物語には切なく悲しいストーリーも織り込まれていたと思う。でも、すごくあったかい気持ちにもなった。村山さんの書く物語には、人の心をあたため、心の傷を癒す不思議な力があると思った。そんな村山さんは本当にすごいと思う。

  • 何でも売っている不思議なコンビニのお話し。よく知っていてとても懐かしいような、昔の駄菓子屋さんみたいなほっとできるお店で引き込まれます。シリーズものなので順番に読みたい。

  • 文章がとても柔らかく、温かな気分になれる一冊。

    大切な探し物が見つかるコンビニたそがれ堂。
    行きたいと思っても行けず、本当に欲している物があった時だけ辿り着ける不思議なお店を中心とした短編集。
    どのお話も、優しくて切なくて思わず涙がこぼれてしまった。

    独特な世界観だけれど、情景がすぐに頭の中に浮かんでくるし、登場人物等に感情移入しやすい丁寧な描き方だった。

    神無月という事で、神様は不在。
    その代り?にお化け(幽霊)たちが登場するが、ユーモラスだったり、優しかったり、寂しかったり……。
    そんなお化けたちの姿にハッとさせられる事も多く、読みやすいので子供たちにも是非読んで欲しい物語だと思った。

  • とても良い。とても良い、が店長に会いたい。

  • 神無月ですので店長は出張中。かわいい化け猫の女の子が店番。またしてもスタートからにゃんこの話で泣かされてしまいました。そして相変わらず妖精のいる封印された遊園地など背景がとても素敵。場面を想像しながらゆっくり楽しみました。

  • 今回は、神様は出雲にお出かけの月、ということで、お店に立つのは別のヒト。
    そして、季節がらハロウィンだからかあっちの世界と通じるエピソードがたくさん。
    だからか寂しい、ひっそり感が、いつものホッコリ感より強め。

  • 好きなシリーズです。
    神無月という設定は上手いなぁ。

    最初のクロネコのお話を
    うっかり通勤電車で読んでいて泣けてきて困ったよ。

    幽霊屋敷の話もよかった。

    全体的に優しいのはこのシリーズのいいところ。

    行きたいなぁ、コンビニたそがれ堂。

  • 最初の神無月は通勤電車で涙がこぼれやむなく途中で本を閉じた。家で泣くのも嫌で当分置いていたが意を決して最初から読了。神無月は仔猫の話なのでね、再び泣きながらです。5冊目になるこのシリーズは、自分が忘れがちな人の優しさを思い出させてくれる、あたたかな作品。村山さん、ありがとう。

  • コンビニたそがれ堂店長と
    違う感じのねここ対応

    幻の遊園地という話の
    生きるという事で語られている部分の考え方
    世界の美しさ、感謝の気持ちが素敵でした。

    1日を大切にしようと思っているのですが
    結局だらだらとか、なんとなくで生きている
    そんな自分にトントンって肩を叩かれた感じです。

    あと、この物語にでてくる
    おばけたち
    みんないいやつばかりで
    感動しました。

  • さくさく読んだ。ほっとする。
    シェーラ姫のぼうけん、懐かしいな。

  • 神無月をだいぶ過ぎてしまいましたが、大切に読み進め、先程読了しました。今回もとても優しい物語です。大人となった今、序章の親の言葉や思考が子供に寄り添ったものだとわかります。子どもが捨て猫を可愛がっているという時点で、都会ならば余計にやめなさい、という言葉が先にでるでしょう。そういったことはなく、更に迎える準備も整えて、更にいなくなった事を子供と一緒に悲しめる親はどれだけ居るんだろうと考えました。私も親となるときは、そんな子供に寄り添った思考を持てる親になりたいなぁ。遊園地のお話も好きです。

  • たそがれ堂店主の風早三郎「神」が神無月で留守の間、化け猫留守番娘?が店番している間の話。
    今回は、いつもはひっそり隠れている何かと、暖かなお話が多かった気がします。店番が化け猫と、神様ではやっぱり呼ぶものが違うんでしょうか。

  • 表紙がいつもと違っててちょっとびっくりしました。今回は店長にかわってねここが店番。村山さんも書いてたけど幽霊な話が多くてハロウィンぽい笑 そこがまたいいところですが。読みながらうるうるして、読み終わってなんかほっとするというか、ほっこりするのはいつもと変わらずとても素敵なお話でした( ˊᵕˋ* )

  • 心温まる素敵な短編集でした。
    コンビニたそがれ堂のファンなので、新刊を見つけた時は凄く嬉しかったです。表紙のイラストが変わっていたので不思議に思いましたが、担当者さんが変わられたみたいで、(なんと魔女のルルーシリーズの担当者さんに!)これからは温かみのあるこのイラストも楽しみにしたいです。

    それぞれ寂しいような、でもやっぱりほっこりするお話が沢山で一つひとつのお話を大事に読みました。
    今回は神無月のころというだけあって、店長が出雲にいるのでたそがれ堂には不在でした。そこで以前出てきたことのある、アルバイトのねここが代わりに店番してるところも面白かったです。

  • 今回は店主がお休みで、アルバイトのねここが店番をしており、訪れる客も人じゃないものが多くユニークでした☆

  • コンビニたそがれ堂シリーズ第5巻。
    風早三郎不在のたそがれ堂を任されたのは、化け猫のねここ!

    ▼収録作品
    序章 神無月のころ
    幻の遊園地
    夏の終わりの幽霊屋敷
    赤い林檎と金の川
    終章 三日月に乾杯

    序章でいきなり泣いてしまった。村山さんの書く猫話には弱いなぁ。
    4巻の『空の童話』が話にちょこっと出てきたのも嬉しかった。あと、斎藤さんも


    たそがれ堂自体がレアなんだけど、店員がねここなのもある意味レアだよね。

  • 今回は化け猫のねねこが不在の店長にかわり店番をしてお客様に対応します。
    ちょっと違ったテイストで楽しめました。

  • 町のみんなが知っているコンビニになっていた。

  • 2015/10/22(木曜日)

  • 本当にほしいものがあるひとだけがたどりつける、不思議なコンビニたそがれ堂。今回は、化け猫「ねここ」が店番として登場!遺産相続で廃墟のような洋館を譲り受けた女性と忘れられた住人たちの物語「夏の終わりの幽霊屋敷」、炭坑事故で亡くなった父と家族の温かな交流を描いた「三日月に乾杯」など、ちょっぴり怖くてユーモラスな5つの物語を収録。深い余韻がいつまでも胸を去らない、大人気コンビニたそがれ堂シリーズ、第5弾!

  • 空の広さ、
    雲の白さ、
    街の人たちの優しさ、
    通りすがりの犬や猫のかわいらしさ、
    みんな奇跡・・・。
    みんな素敵・・・。

  •  安心の読み心地です。優しくて、切なくて。
     アルバイトのねここさんがいいですね。こんなたそがれ堂もまた良しです。

全33件中 1 - 25件を表示

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[む]1-11)コンビニたそがれ堂 神無月のころ (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする