ストックビジネスの教科書

  • 291人登録
  • 3.55評価
    • (9)
    • (23)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 大竹啓裕
  • ポプラ社 (2015年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591146941

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
デール カーネギ...
ジェームス W....
伊賀 泰代
リチャード・P・...
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ストックビジネスの教科書の感想・レビュー・書評

  • ・究極のストックビジネスは無借金の不動産、
    ・この本のストックビジネス定義、「売ることができる」「継続して収入がある」
    ・バフェットの投資先はストック的なビジネスモデル、

  • 事業を立ち上げる上で、たしかにフロー的な儲け方はきつい。
    どれだけストックできることを意識できるかは確かに大事だと思った。
    だが、言うのは簡単。やるのは100倍むずい。

  • 弁護士と税理士の違いのところ
    が特にわかりやすかった!

    良い意味で多くの業種への見方が変わりそう

  • 「継続収入+売却可能=ストックビジネス」「粗利(¥)×増加数×継続率(%)」「信用・ブランドもストック」

  • 珍しく仕事のために買った本。

    「ストック思考で考える」ことはビジネスでも副業でも役に立ちますね。

    ストックビジネスの達人がストックビジネスを分かりやすく解説してます。

  • 商売たるもの、ここにあり!という感じ。。

  • やめさせない仕組みの一例

    ●コンテンツの「質」を高める

    ●やめる理由がない金額に設定する
     月々1,000円→月々400円

    ●定期的にプラスアルファを投入する
     何もなし⇒コストパフォーマンスが上がるサービスを追加

    ●コスト意識を転換させる
     電話代行⇒電話代行、営業代行

    ●提供する数を限定化する
     特に何もなし⇒毎月先着10名様のみプレミアシートを提供
    ●コミュニケーションで接触回数を増やす


    ストックビジネスとは?

    定義①継続的にお金が入る
      ②売ることができる

     ①継続的にお金が入る

     月単位など確実にお金が入ってくるビジネス 
     例:スポーツクラブ⇒ストック性が高い
       生花店(店頭売り)⇒ストック性が低い

     ②売りことができる

     (その)人に依存していないビジネス
     例:飲食自動販売機事業⇒ストック性が高い
       カリスマシェフのフレンチ⇒ストック性が低い


     「売ることができないビジネス」として考えられるのは、強く人に依存するビジネス。そのビジネスを買ったとしても、そのビジネスに関わる特定の人がいなければ、成り立たないビジネスなら、買う意味がない。


    「ストックビジネスを見分けるポイント」
    ・初回無料
    ・機器の価格が安い
    ・営業マンが提示する特典が大きい


    「信用」は継続的な仕事をもたらす。


    「単純接触効果」
    接触回数が増えれば増えるほど、その人に対する当初あった警戒心が薄れていき、逆に好感度が増していくという心理現象のこと。


    商品デザインにおいては、逆に「消えてなくなるもの」を作っておくと効果的
    例:ジレットの替え刃、インクジェットプリンターのインク、コピー機のトナーなど

    「切れない糸」を垂らしておくことと、「消えてなくなるもの」を組み合わせておくことはビジネスをやる上でとても有利になる。


    Iフロービジネスを作る
    Ⅱフロービジネスのストック化
    Ⅲストックビジネスを作る


    商品デザインのアプローチ
    ①コンテンツの「質」重視型アプローチ
    ②ビジネスモデル重視型アプローチ


    ストックビジネスでのチューニングが9割!

    チューニングとは、そのストックビジネスの「収益ユニット」が高い収益を上げ続けるために必要となる、きめ細かい「調整」のこと。

    ストックビジネスは永遠ではない
    「経年劣化する」「人間の飽き」


    チューニングとは、基本的には「収益ユニット」の3つの要因をどう改善するかの問題になる。

    「(基準の)収益」×「増加率」×「継続率」


    もしビジネスがうまく収益をあげられていなかったとしてあら、その理由は必ず「収益ユニット」の3つの要因のいずらかの部分がうまく機能していないから。

    どこがうまく機能していないのかを知る必要がある


    注意が必要なのは、コンテンツの「質」が圧倒的に不足している場合。

    どんなにビジネスモデルが素晴らしかったとしても、コンテンツの「質」が不足していれば、まず、顧客に受け入れられることはない。

    この場合は、ビジネスモデルや課金モデルの対処では対応できないので、コンテンツを改めて設計し直すか、新しいビジネスを作ることに注力したほうがいい。

    質に改善の余地があれば、それを最大限に高めるようにする。

    極めて高い収益をあげる「収益ユニット」の中核となるのは、質の高いコンテンツということになるので、コンテンツの質を上げるのは大前提。


    チューニングをして収益ユニットを整えた後は、再びシュミレーターで仮想実走させてみる。そこでいい数値がでれば、再び現実社会でそのビジ... 続きを読む

  • 平易な文体でわかりやすい。
    但し、自社にキャッシュが入ることを優先しており、
    他者にしわ寄せが行く構造になる可能性に言及しておらず、特に料金徴収(課金)のタイミングが先取りの構造が多いので、マネするときは要注意。

  • 10.04.2016 読了
    ストックとフローの考えから、フローからストックのビジネスモデルにもっていくか。
    いくつかの具体例とモデル分類されているのでわかりやすい。
    起業うるときの参考までに。(しないけど)

  • ストックビジネスとは毎月安定的に収入が入るビジネスモデルで昔から存在するビジネスでした。 
    ・電気料金、電話料金、携帯代金、ガス、水道を初めとするインフラはストックビジネスですね。 

    これらから一般のサービスでストックビジネスとなるものは家賃、駐車代、レンタルスペース、倉庫貸しなどがあります。 

    毎月一定の時期になると自動的に支払いが完了するのがストックビジネスです。

    そして、誰にでも売ること出来るビジネスを考えなくてはいけません。

    職人では独立はできますが、能力が均一化されないので、広がりがなくなります。

    そう考えるとフランチャイズ・ビジネスは権利料をもらうストックビジネスですね!

    副業からとも考えられるビジネスだと広がり感、できる感が少ないのですが、ある程度収支を計算した上で、初めて見る価値のあるビジネスですね。 

    著書の最後にありましたが、
    「一歩踏み出すのが怖い、私は今も怖い」
    という言葉はとても重みを受けました。 
    私はずっと怖かったのですが、理由がわかりました。 
    乗り越えるための努力があと一歩足りなかったのです。
    そして、これを一歩でも乗り越えたら新しい世界が見えてくると信じる事にしました。 

    そして「ビジネスは本当に楽しい」という感覚になる日を楽しみにします。

  • ストックビジネスの定義
    ストックビジネスの作り方(ビジネスモデルと課金タイプ)
    ストックビジネスのキーポイント(収益×増加数×継続率)
    ストックビジネスのチューニング

  • ビジネスモデルを考える上で参考になった。
    収益ユニットの3つの要因
    ・収益✖︎増加数✖︎継続率
    切れない系を残し、消えてなくなるものをつくれ

  • ・ インターネットがいくら発達しても、大人の男は毎日ひげを剃る。それが私の求めるビジネスだ
    ・ ストックビジネスは1度の負担を小さくし、結果、差別化できるプレミアムを付与する
    ・ 必要なのは、客観的な「自分の強み」を知り、それが市場においてどう判断されるかを理解することです。
    ・ 毎月お金を払いにいくという形式はまれでしょうけれども、一度顧客になってもらった人、あるいは、知り合いになってこれからつきあいたいと思っている人には「切れない糸」をたらしておいた方がいい。
    ・ 重要なのは、つねに「需要超過」に立ち位置をさだめることです
    ・ 顧客と自分の「スキル差」を利用してビジネスの種を考えるのが、最も簡単なビジネスの作製法です。
    ・ リノベーションの作法
    ① リノベーションしたい今ある業態を選ぶ
    ② その業態が持つ現在の「機能(できること)」を列挙して書き出す
    ③ 「機能」に対応する「利点(顧客が得るメリット)」を書き出す
    ④ 「利点」のなかで特に注目したい点をチェック
    ⑤ チェックした点に対するアプローチに変えて新たなる価値を創造する
    ・ ストックビジネスは経年劣化する。人間の飽き
    ・ 継続性を高めるためには
    ① コンテンツの「質」を上昇させる
    ② やめさせない仕組みを張り巡らせる
    ③ やめる理由のない金額に設定する
    ④ 定期的にプラスαを投入する
    ⑤ コストの意識を転換させる(使用価値に転化したり、感性価値を複線化)
    ⑥ 提供する数を限定化する
    ⑦ 接触回数を増す
    ・pepperは保険でストック性を作っている

  • フロービジネスからストックビジネスへ。攻めも大事だが、守りはもっと大事。

  • ストックビジネス=継続収入があり、売ることが出来る。人に依存しない。
    賃貸不動産が理想。

    収益ユニットのチューニングが必要。商品の改良。

    広告を見たら、ストック性があるか、どうしたらストックビジネスになるか、を考える。

    アイデア+熱意=引力。引力を信用に変える。信用は継続を生む。ブランディング化。

    コンテンツの質を重視するか、ビジネスモデルを重視するか。
    需要が超過する分野。

    人間の飽き、によってストックビジネスは経年劣化する。
    質を高める。
    継続率=辞めるきっかけを与えない。
    辞めさせない仕組みを順次投入する。
    増加数よりも減らさない仕組みづくり。
    増加は、無料お試しで。

  • 自分自身がそのビジネスのオーナーであること(×下請け)
    ストックとは継続的に利益を生み出すもの
    究極のストックビジネスは不動産(もっと言えば無借金の)
    定義
    継続的に利益がある
    売ることができる
    あらゆるビジネスを無意識に「ストックか否か」でみれる=ストック思考
    ビジネスモデルと課金タイプを組み合わせる
    (はじめ方)
    給与=ストックと考えて、フローをはじめてみる
    単純接触効果=0→1より1→2,3、5
    1、フロービジネスを作る
    2、フロービジネスのストック化
    3、ストックビジネスを作る
    「自分の考えるビジネスに顧客がいるかどうか」
    顧客と自分の「スキル差」を利用してビジネスの種を考えるのが、最も簡単なビジネスの作成法。
    新しいものは存在しない、組み合わせ、定義替え=リノベーション
    1、リノベーションしたい今ある業態を選ぶ(需要超、または衰退)
    2、業態が持つ現在の機能
    3、機能に対する、利点(顧客のメリット)
    4、利点で注目したいもの
    5、チェックした点に対するアプローチをかえる、新たな価値を生み出す
    ストックビジネスは経年劣化する→ラーメンチェーンの味の飽き
    コンテンツの質を上げる→顧客満足度
    辞めさせない仕組み→接触回数を増やす、定期的に+αを投入する
    インスクエア レンタルオフィス

  • ストックビジネスの考え方を具体例をふんだんに交えながら解説した一冊。安定した収益が継続して入ってくる『仕組み』の考え方・作り方がまとめられてます。収益率×客増数×継続率で考え、各項目を「チューンナップ」し続けて、集積を最大化していこうてのが主なポイント。
    自分が働いている会社の領域をストレートに考えるとなかなかストックビジネスにはなりえないのだが、17のビジネスモデルの体系も参考に、発想を変えて色々と考えてみたいと思います。

    17のビジネスモデル
     ①インフラ提供型
     ②賃貸契約型
     ③レンタルリース型
     (社有車レンリースとか)
     ④ASP型
     ⑤スポーツクラブ型
     ⑥定期メンテナンス型
     (掃除モップ交換とか)
     ⑦定期購入型(新聞とか)
     ⑧フランチャイズ型
     ⑨協会認定型
     ⑩消耗品型
     (カミソリの変え刃とか)
     ⑪予約サービス型
     (エステ10回コースとか)
     ⑫教室型(英会話とか)
     ⑬非コンタクトサービス型
     (WEB相談とか)
     ⑭回数限定型
     (ディアゴスティーニとか)
     ⑮会員制型(コストコとか)
     ⑯セキュリティー型
     (保険会社とか)
     ⑰友の会型
     (ファンクラブとか)

  • 課金制ビジネスモデルがいかに素晴らしいかを書いた本。具体例も多くとても参考になる。

  • フロー型ビジネス、ストック型ビジネス
    チューニングの作法、継続率の向上

  • 17のビジネスモデル、8つの課金モデル、収益ユニットなど、体系的にストックビジネスとは何か?を解説。非常に読みやすい。

  • ストックビジネスとは何か。フロービジネスとの違い、利点がわかりやすく、具体例とともに説明されてて良かった。

全22件中 1 - 22件を表示

ストックビジネスの教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストックビジネスの教科書を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする