([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)

  • 159人登録
  • 3.77評価
    • (7)
    • (11)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
  • ポプラ社 (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591147085

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮下 奈都
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初心者向けのワイン講座でした。ワインを勉強するのに憧れるけどこれ読んで無理ーってなる。
    銘柄は本当に発音もできないし意味不明だし。
    せめて好みのワインがわかるようになりたいものよ。

  • 超初心者向けワインの手引き書
    エッセイとしても読みやすく、薀蓄が詰まっていて、こう、賢くなった、気になれる?本

    岡本先生の破滅的な絵とKさんの破壊的表現をもっと楽しみたかった

  • 三浦しをんさん含むポプラ社社員の皆さまが、ワイン丁稚として、岡元麻理恵先生の講義を受け、立派なワイン舌を形成するべく努力した姿を描きつつ、一見難しいイメージのある、ワインの入門解説本。どのグラスで飲めば美味しいのか、 赤と白の違いは?シャンパンとは?ワインの選び方、ワインと相性のよい食べ物は?など、講義で名前を伏せられたワインの概要、ワイン丁稚たちの体験と、岡元先生の解説という流れで進んでいく本です。長い名前は覚えられなかったけど、ちょっと自分のお気に入りのワインを探してみたくなる一冊かなと思います。

  • 三浦しをん先生のエッセイが好きで、ワインにも興味ある方にはすごくオススメの一冊。三浦先生始めワイン初心者の方達がワインも飲み岡本先生が解説。しをん先生の文章はコミカルで面白いし、ワインについても勉強出来て一石二鳥です。

  •  初心者にわかりやすくワインの楽しみ方を教えてくれる本。ほんとに参考になった。強烈な4人のモニタとは別の感覚で、一部のワインを実際に飲んだりしながら楽しく読めた。産地、ブドウ種、樽、グラス、など多くの視点で新知識を得られたのもうれしい。値段の違いについてはいまだ不明(高いワイン同士の比較はいろいろ厳しい)だが。
     最後の先生の講座も良い。こういう解説だとしっくりくるという文章。工学系でこのようなタッチのものがあれば良いのだが・・・

  • これまで、ワインのこと勉強したいとは思いながらも敷居が高いと敬遠していたけど、これを読むとそこまで難しく考えなくてもいいのかなという気にさせられた。

    エッセイ本としても面白いし、ワイン講座本としても役に立つ。
    とりあず、ワイン飲みたくなった!

  • ワインに興味があるけどよくわからない!そんな人は読んでみましょう。やっぱりわからないかもしれませんが、奥深さは知る事ができます。

  • ワインに関することを三浦しをんさんが実践し、岡元先生が解説するという文庫本です。
    私はまったく飲めない下戸なのですが、ワインのあだ名が
    面白かったです。
    結局みんな飲んでいるだけになっていたようですが・・・。

  • 初読。もっぱらウィスキー、時々焼酎を飲む私は、まずワインを飲まない。この本をしぶしぶ手に取ったのはひとえに三浦しをんさんが書いてるから。ワインなんて面倒くさいしうさんくさいと思っている私でも、しをんさんのおかげで楽しめる。酒飲んで酔っぱらってるだけだろ!って突っ込みながら、ワインもなかなか悪くないんじゃない?って感じさせてくれる。もちろん、入門書としても十分な知識が得られる。(多分・・・。)役に立つかどうかはワインを飲むかどうかによるけど、酒飲みなら共感できるところがいっぱい。

  • ワイン通になれる。
    ワインは苦手だけど

全13件中 1 - 10件を表示

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする