([た]8-1)あんだら先生と浪花少女探偵団 (ポプラ文庫)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田中啓文
  • ポプラ社 (2015年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591147320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([た]8-1)あんだら先生と浪花少女探偵団 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 荒唐無稽な内容ではあるのですが、勢いがあって、何より自由な感じが良いです。
    千夏とめぐが町を駆け巡る様子は伸び伸びとしていて素敵。

  • あとがきでも書かれていますが、まさに「じゃりン子チエ」の世界。コテコテの大阪を舞台に、小学生の女の子コンビが活躍するライトミステリーです。なかなか楽しい作品でした。

  • ここは大阪の下町・ジャンジャラ横丁。ソースの匂い漂うこの町で、東京から引っ越してきためぐと、おてんば娘・千夏が結成したのは「ジャンジャラ探偵団」。酒くさい髭もじゃオヤジ・あんだら先生の助けを借りつつ、ナニワの事件に今日も元気に二人で挑む!

全3件中 1 - 3件を表示

([た]8-1)あんだら先生と浪花少女探偵団 (ポプラ文庫)の作品紹介

ここは大阪の下町・ジャンジャラ横丁。ソースとうどんの匂い漂うこの町で、東京から引っ越してきためぐと、地元のおてんば娘・千夏が結成したのは「ジャンジャラ探偵団」。
酒くさい髭もじゃ校長・あんだら先生の助けを借りつつ、ナニワの難事件・怪事件に今日も元気に二人で挑む!

ツイートする