ズッコケ熟年三人組

  • 88人登録
  • 3.69評価
    • (5)
    • (19)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 那須正幹
  • ポプラ社 (2015年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591147733

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ズッコケ熟年三人組の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供達が小学生の頃読んでいた「ズッコケ三人組」
    何年か前に大人になったズッコケ三人組の本を知り、
    また読みだしていました。
    今回で完結。
    1978年から37年間だそうです。
    あとがきに
    子ども版三人組を書くにあたって、彼らが自由に活躍できたのは、ひとえに日本が平和で民主的な国柄だったからで、平和で民主的なこの国に暗雲がかかり始めた今、「戦後」であり続けられるかはなはだ心もとないものを感じている。
    もしかすると「戦前」となるかもしれない時代に、とても三人組の物語を書き続ける気にはならない。
    と、ありました。
    今や、自分と変わらない年になった三人組。
    おばさんとしては、より身近に感じられて楽しく読んできました。
    平和な国での三人組の活躍をもっと読んでいたかったです。

  • ズッコケ三人組のハチベエ、モーちゃん、ハカセも50歳になった。小学校の同級生以来の友達付き合いだが、いまだにあだ名で呼び合うのが微笑ましい。家族のこと、仕事のことで悩めるおじさんたちだが、暗さはない。
    このシリーズの舞台の「稲穂県ミドリ市花山町」は、広島市西区己斐をモデルにしていて、JR西広島駅前には、三人組のモニュメントがある。
    http://www.hiroshima-navi.or.jp/sightseeing/rekishi_bunka/cat299/41507.php
    さて、本作品の後半には土砂災害の場面が出てくるが、これは平成26年8月の広島市の土砂災害をモデルにされていて、当時の痛ましさがリアルに描写してある。
     エンディングは、花山第二小学校6年2組の同窓会の二次会、ハカセがカラオケで『勝手にシンドバット』を歌う場面。サザンは6年生の時にこの歌でデビューした。
     私自身も50歳の広島人。昭和の時代を思い浮かべながら、うんうんとうなずきながら、楽しく読めた。
     「ズッコケ」シリーズは、これで完結だという。残念。

  • ついにシリーズ完結。
    これで本当に最後のようですね。

    メインが土砂災害についてだったので、全体的に空気は重めですが、ラストがとてもズッコケらしい爽快感、と言うんでしょうか、ズッコケ感、ですかね、それで締まってたので良かったです。この先も彼らは前向きに生きていくって思えるような。

    そうそう!
    前回あっけなく終わったロマノフ王朝云々もきちんと伏線回収されてました!ホッとした。

    那須さん、お疲れ様でした。

  • とうとう 完結してしまった(涙) こんな 長い シリーズものを 読んだのは 初めて!! ワクワク ドキドキさせてもらいました。ありがとうございましたm(__)m

  • 中年シリーズもこれで最後。このシリーズ自体ももうこれ以上は書かない、とのこと。。
    最後の話が広島の水害の話、というのも希望が少ない世の中を反映されているのか。。
    こどものころからオトナまで、楽しめるシリーズでした。ありがとうございました。

  • 2015年12月刊。書下ろし。ズッコケ中年三人組シリーズが10冊あり、その続きとなる通算11冊めにして最終巻。2014年の広島土砂災害を扱って、終わっちゃいました。還暦のお話なんかまで行っても良かったのになぁと思います。

  • もうズッコケの新しい話を読めないと思うと、本の書き出しを読むだけで、寂しい。
    ズッコケ三人組と同級生だったら、楽しいだろうなあ。

  • 楽しかった(^^)
    またズッコケシリーズ読み直したい!

  • 中年になって復活した、ズッコケ三人組シリーズも、いよいよ完結になりました。
    小学生だった彼らが、40代を迎えて、時代と家族が変わり、仕事とともに生きる姿。ズッコケらしい展開も嫌いではなく、楽しめていました。

    確かに、50歳を越えた彼らを見るのは、老いを迎えるだけに、心苦しく、辛く感じるのかもしれません。

    いつまでも、あのズッコケ三人組は、イキイキとして活躍していて欲しいので。

    著者の那須さんのことも考えると、ここが幕引きとして、ベストなのだと納得しました。
    ありがとう!ハチベエ、ハカセ、モーちゃん!

  • ハチベイもモーちゃんもハカセも50歳!! 小学生だったのにね。三つ子の魂100まで。人はそうそう変わらないのね。でもちゃんとその人なりに大人になるんだね。
    タイトルが中年から”熟年”に変わっていたので、もしかして?!もしかして?!と思ったけど、那須さん、あとがきで本当に終わりだと宣言されました。寂しいけど。今まで楽しませてくれてありがとう!

全15件中 1 - 10件を表示

ズッコケ熟年三人組を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ズッコケ熟年三人組を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする