([ん]1-8)3時のおやつ ふたたび (ポプラ文庫)

  • 157人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (11)
    • (19)
    • (5)
    • (1)
  • 23レビュー
  • ポプラ社 (2016年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591148242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
坂木 司
藤野恵美
有効な右矢印 無効な右矢印

([ん]1-8)3時のおやつ ふたたび (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回もおいしそうなおやつの思い出でいっぱい♪

    小路幸也さんの雪印の紙カップのアイスクリーム。懐かしい~!
    ベロのついたフタを開けて、木のスプーンで食べたっけ。

    若竹七海さんの食べ残した次の日に割りばしだけになっていた綿飴。
    あぁわかる…。

    「ホットケーキをお腹いっぱい食べたい!」
    その夢が叶った日の穂村弘さんの天国と地獄(笑)

    棚橋弘至さんのメイプルシロップ。
    そう!そう!ホットケーキミックスについているシロップだけじゃ足りなかった。
    だから”メイプルシロップ”なるものを瓶で買えた時は嬉しかったなぁ。

    花園饅頭をおみやげに帰省する娘を心待ちにしていた、西村玲子さんのご両親の思い出。

    甘いものに限らず、煮干しや味付け海苔などもありました。
    楽しい味、嬉しい味、ほろ苦い味、切ない味…思い出のおやつの味。
    それは、さまざまな記憶で味付けされて、ひょっとしたら違う味になっているのかもしれません。
    でも、どれも今の自分を育んでくれた大切な味です。

  • おやつアンソロジー第二弾。
    味わいの異なる30人分のおやつの思い出エッセイが詰め合わされているので、最初から読んでもよし、気になったものからポツポツ読んでもよし、缶入りクッキーを食べるような気分で楽しめます。

    読んでいるとおやつが食べたくなること間違いなしなので、お気に入りの飲み物とおやつを用意して読みましょう。
    私の場合は、たまごボーロとミルクティーかな。きなこのクッキーもいいな。

    個人的には、坂木司さんの「土台はいらねえ」、辻村深月さんの「二色ムースのしあわせ」、角野栄子さんの「辛口の思い出」が好きだった。
    角野さんのエッセイにあった戦争とおやつについての一文は心に刻んでおきたい。

    「豊かにおやつのあった日々から、まったくなくなるまで、わずか二、三年、いや二年ちょっとのことだった。変化は初めは素知らぬ顔をしていて、次第に音もなく近づき、そしてあっという間にやって来る。信じられないほど、それは速い。」

    世界中で、豊かでしあわせなおやつの時間が持たれ、そしてそれがずっとずっと続いていきますように。

  • +++
    小学生のとき大好きだったおやつ、初めて作ったクッキー、今ハマっているスイーツ…おやつの思い出は本当に人それぞれ。自分だけの「おやつの記憶」を語るエッセイ・アンソロジーの第2弾!30人分のなつかしくておいしい時間がたっぷり味わえます。
    +++
    松井今朝子、小路幸也、名久井直子、文月悠光、角野栄子、那須正幹、若竹七海、中山可穂、光原百合、小手鞠るい、森下佳子、半藤茉利子、藤野恵美、宮内悠介、松昭教、坂木司、円城塔、辻村深月、東朔水、松田青子、中島久枝、栗田有起、徳永圭、池澤春菜、寺地はるな、向井湘吾、棚橋弘至、穂村弘、西村玲子、岡田利規
    +++

    一人当たり5~6ページという短いものではあるが、それぞれの心に残るおやつの数々と、それらにまつわるエピソードが堪らない。時代もおやつの種類も、まさに三十人三十色であり、それぞれが大切にしているものが垣間見られるようで興味深い。水羊羹を作りたくなってしまう一冊である。

  • 有名な作家さんたちの子供の頃の思い出のおやつの話。

  • てか、続編だと思ったら再販なの!?w

  • 【収録作品】「アフタヌーンティー」 松井今朝子/「〈一斗缶〉と〈雪印〉のアイスクリーム」 小路幸也/「エプロンのにぼし」 名久井直子/「オブラート、もしくはカンロ飴」 文月悠光/「辛口の思い出」 角野栄子/「カルメ焼き」 那須正幹/「消えた綿飴」 若竹七海/「五三焼とショコラショー」 中山可穂/「砂糖なしで和スイーツ」 光原百合/「3C、あるいは、チョコレート死」 小手鞠るい/「醤油と海苔」 森下佳子/「清張先生も食べた、懐かしのケーキたち」 半藤末利子/「たこ焼き」 藤野恵美/「チョココロネ」 宮内悠介/「でんぷん」 松昭教/「土台はいらねえ」 坂木司/「ドーナツかシュークリームのようななにか」 円城塔/「二色ムースのしあわせ」 辻村深月/「バターケーキ」 東朔水/「母と作ったクッキー」 松田青子/「パン粉で作るりんごのクランブル」 中島久枝/「ハンドメイドの逆襲」 栗田有起/「抹茶のフレンチトースト」 徳永圭/「まるくてあまくてふわふわで」 池澤春菜/「丸ぼうろ」 寺地はるな/「水ヨウカン」 向井湘吾/「メープルシロップのホットケーキ」 棚橋弘至/「夢が叶った日」 穂村弘/「夢の赤福」 西村玲子/「『わかったさん』のクッキー」 岡田利規

  • おやつ。
    ごはんじゃなく、おやつでおなかを
    いっぱいにしたい‼️と焦がれていた
    子供のころ。
    いまや、ひとりの夕食が
    おやつオンリー。という、時が多々ある。夢のよな生活。人間失格。
    だけどさ、自己責任だし。
    ええねん。

  • 棚橋って棚橋!
    おやつにホットケーキなんて豪華!
    おやつだけ食べて生きられたらいいのに…。

  • 3時のおやつ、続編。著者も作家からプロレスラーまで、幅広いラインナップである。前回と同様、30名の方が30通りのおやつにまつわる思い出、懐かしいお菓子、手作りのおやつ、年齢も幅広く、時代背景も映し出され、おやつの語源も書かれているなどバラエティーに富んでいて、共感したり、自分でも懐かしいお菓子だなと感慨にふけったりしてしまった。2色ムースや羊羹は今度作ってみようかなと思う。気軽に読める話が多いが、どれも美味しそうで、空腹が襲って来るような感覚になってしまい、食べたくなる気分。

  • お店のお菓子から母親に作ってもらった想い出のお菓子……
    読んでるとお菓子が恋しくなります。
    あぁ、またお菓子が食べたくなってきた…(もぐもぐ)

  • 小さい頃のおやつとともにいろいろなことを思い出した。おやつっていいなあ。

  • いろいろな著名人のおやつにまつわる逸話をあつめたもの。
    読みながら自分の子どものころを思い出しほっこりとした気持ちになりました。

  • 子供の頃、おやつに何を食べましたか第2弾。

    どれもこれも、想像すると美味しそうで
    空腹時に読んではいけない内容ばかり。
    若竹さんが言っておりますが、すべてのお菓子は
    想像しているのが一番美味しいです。
    思い出は美化する、と同じレベルだと思われます。

    中で、ひとつだけレシピがついていましたが
    作って食べてみたい2色ムースにはなし。
    1:1の水ようかんは作れそうですが
    アンコはすでに甘いのを買ってこないと
    甘くないもの、が出来上がってしまうかと。

  • PR誌「asta*」リレーエッセイの文庫化第2弾。
    月に一本ずつ読んでいるときと違って、こうしてアンソロジーにまとまってみると文体見本帳のような雰囲気もでてきて、細切れにも読める暇つぶし好適品。

  • おやつ ふたたび。子供の頃におやつを食べれていたら良かったかも。

  • おやつ、っていい響きですよね♡

  • おやつアンソロジー第二弾!
    おやつ大好きでした。わたしの家にはスナック菓子が山ほど常にストックされてたのでここに描かれているおやつとはちょっと違うのだけれども。松井今朝子さんのアフターヌーン・ティーから始まるアンソロジー。初っ端から面白い。わたしはまだアフターヌーンティーというものをしたことなく、そしてとても憧れてるのだけど、昔の本場英国の、わざわざ手紙出して予約とってまでしたってエピソードが興味深かったですね。
    小路幸也さんの一斗缶のお菓子たちや、小手鞠るいさんの3C(クリーミー、クランブリー、クランチー)と、ベターザンセックスっていうアメリカのお菓子めっちゃ気になる。辻村深月さんの二色ムースや向井湘吾さんの作った水ヨウカンのエピソードが個人的に面白かったです。

    久しぶりにおやつ作りたくなりました、そして最後の岡田利規さんのわかったさんのクッキーに纏わる話も好き!

  • おやつアンソロジー第2弾
    前作はドーナツの写真の表紙に惹かれて購入。今回はたい焼きにつられた。本当に美味しそうなんだもん。
    アンソロジーだと初めましての方にも触れられるのがいい発見になって嬉しい。
    今回一番お腹がぐぐぅっと正直に反応したのはプロレスラーの棚橋さんのもの。ホットケーキが焼ける様子やメープルシロップにいたるまでなんとも甘く艶やかな悦びが溢れている。あぁ食べたい。食べたい。
    パン粉で作るりんごのクランブルとやらはレシピが載っているし簡単そうなので作ってみたい一品。
    甘くないおやつもまたいい。やっぱたこ焼き。作る過程が楽しくて、その後食べても美味しいなんて幸せでしかない。

  • 小説家からプロレスラーまで30人の著名人によるおやつエッセイ。
    「おやつ」というテーマだけに幼少の頃の家族の想い出を記したものが多かった。
    角野栄子の作が印象的。
    YAに入れてしまったが、YAよりもかつてを懐かしみたい大人向け。

  • 小学生のとき大好きだったおやつ、初めて作ったクッキー、今ハマっているスイーツ…おやつの思い出は本当に人それぞれ。自分だけの「おやつの記憶」を語るエッセイ・アンソロジーの第2弾!30人分のなつかしくておいしい時間がたっぷり味わえます。

  • 円城塔が書いてるので購入。ほむほむもいた。

全23件中 1 - 23件を表示

([ん]1-8)3時のおやつ ふたたび (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([ん]1-8)3時のおやつ ふたたび (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする