学校図書館の出番です!

  • 66人登録
著者 : 肥田美代子
  • ポプラ社 (2018年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591150191

肥田美代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
三浦 しをん
アレックス・ジョ...
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
村山 早紀
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

学校図書館の出番です!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

学校図書館の出番です!を本棚に「積読」で登録しているひと

学校図書館の出番です!はこんな本です

学校図書館の出番です!の作品紹介

学校図書館が、新しい学習指導要領の元、アクティブラーニングなど新しい学習に対応して、より進化して大きく変わっていかなければならない。その望まれる姿を明らかにする。
著者は、元衆議院議員、文字・活字文化推進機構理事長として、学校図書館法の2次の改正をなしとげた。そこにこめた思いと、改正の柱である司書教諭と学校司書がなすべきことを示している。
新しい学習の姿が示され、学習指導要領が変わるごとに、学校図書館の姿とその役割も進化してきた。著者自身も小学生として戦中戦後の激変を経験してきた。そして国会議員として教育、学校図書館に取り組む中で、学校図書館が大きな問題をかかえていることを知り、予算面では5次に渡る「学校図書館図書整備等5か年計画」を獲得し、人の面では、司書教諭や学校司書などを配置してきた。これらにより、鍵がかかっていた図書館が開かれた。
学校図書館が新しい教育の核であることは明確でる。学校関係者は、そのためにやらなければならないことを本書で学び、実行していっていただきたい。

ツイートする