(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 107人登録
  • 3.90評価
    • (7)
    • (14)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 村山早紀
  • ポプラ社 (2016年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591150214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人々の陰の心が集まって魔物が生まれる。現われた吸血鬼は!? 織姫さんの対抗策は抜群です♡ そうだよね~と嬉しくなりました。SF感もあって、ワクワクしながら読みました。
    コンビニたそがれ堂を読み始めた時、風早の街は私の中ではご近所さんのスケールでした。今は海も山もある○○県くらいのイメージ。色々な所とお近づきになれたからかな。

  • 【あらすじ】
    小学6年生の時岡さやかは、あやかしを払う魔法の力を持っている。
    満月横丁のロックハート邸跡に、最近、吸血鬼にまつわる悪い噂が流れるようになった。
    何でも、今年2005年の8月に、その女吸血鬼がよみがえるというのだが…?

    【感想】

  • 吸血鬼はまだしも、宇宙人来ちゃいましたか。
    涼くんエピソードはらしいけど。

  • 不思議な力を持った女の子、さやかのお話第二巻です。
    風早の人々に起こったとても不思議で恐ろしい事故が出てきます。なにか別の本で読んだ気がしますが、この人たちがこの本の副主役でしょうか。
    ここで、さやかのお兄さんと同じ心臓の病気を持っていた男の子が出てきますが、彼は病気のため事故には遭わず、けれど快方に向かっている「幸運」な子です。辛いことにずっと耐えてきたから、優しくて強い彼は、さやかの友達に加わって、新しい理解者になるのです。
    「ムーン」に振り回されるさやかの姿は、もう少し落ち着きが必要な子どもらしさを象徴しているようにも見えました。
    それにしても、本当に、小学生当時の私につくづく手渡してあげたい物語です。数年の誤差でタイミングが合わなかったのが本当にもったいない!

  • 誰かが誰かにささやけば、魔物の力は強くなる。少しずつ、少しずつ、闇をひろげて―。風早の街に拡散した「吸血鬼」の伝説は、かつての外国人居留地、ロックハート邸の悲劇から生まれた「噂」に過ぎない。けれど、存在しないはずのその「吸血鬼」が、この夏、この街に復活するという。異能の少女さやかは、友人たちとともに謎の解明に挑む。そこに姿をみせたのは!?レトロな街並を舞台に繰り広げられる愛と友情のファンタジー、第二弾!

  • ふしぎな力をもつさやかの、風早の街の物語、第2巻

    季節が夏の話なので、この時期にぜひ読んでほしい(読めて良かった!)

    古い素敵な街並みに眠る、美しい女吸血鬼
    今年の夏、その恐ろしい吸血鬼が復活を遂げるらしい
    小学生を中心に拡まる噂はどんどんと恐怖の色を増し
    やがて運命の夜を迎える

    さやかは友人と、そしてこの街を守ることができるのかーー


    ***


    章タイトルが素敵
    目次を見ただけでワクワクする
    けっこう、本を読み始める際には目次を見るタイプなので、これは自分の中ではけっこう大事なことだったりする

    ベトナムコーヒーなるものの存在を知って、早速自分の住む近くにもないだろうかと調べてみた
    何軒かありそうなので飲んでみたいと思う

    またまた素敵な名前の香水の存在も知られた
    どこかで試しに香りがかげたらいいんだけども…
    気になる

    物語そのものの魅力や面白さももちろん大事だけれど、
    話の中に実際リアルにも存在するもののことを知れたり
    へぇー!と思えることがあるところが
    素敵な作品だなぁと思う
    その不思議な繋がりが、ワクワクドキドキと、そして夢の叶う始まりなんだなぁと

    さやかは、前回得た心の拠り所をより強く、素敵なものにしていく
    なんだか顔がほころんでしまうような淡い恋心のアレコレもありそうで
    次巻が楽しみ
    1人で背負い込まず、みんなで向かおうとする姿が
    安心できた

    しかし、狂おしいほど横丁に行ってみたい気持ちを昇華できずにいる!星くずコーヒー店きてくださいお願いします。。。

  • ところどころに入るさやかの冷静なツッコミに笑う。

    さて、この巻からの新キャラ・日野原くん。
    からかわれて耳を赤くしたり、目が合うと恥ずかしさで目をそらしたりするくせに、「時岡さんはぼくの魔法だなって、いま、思った」とかさらっと言っちゃうギャップ。たぶん本好きというのも関係あるんだろうなあ。

    桜子姫も、結構おちゃめなところがあったんだね。日野原くんにいたずらしてみたりさ。

    満月横丁の住人たち、おもしろくて好きだなあ。魔法のラムネに、カップにつぐと銀色の星が散るコーヒー。なんて素敵なの。
    たまとシロキチの舌足らずな日本語がかわいくて、だめだわ。頭から離れない。

    そしてそして。あの人とご近所さんだった、ということは、もしかして図書室のタロットの本を修理してくれたのも……? など、いろいろ想像が膨らむ。

    十年後のさやかたちは、どんな夏を過ごしているだろう。できれば、ずっとずっと仲良しでいてほしい。

  • 好きなシリーズ。

  • わからないお互いに家族の思いに気づく様子に心温まりました。
    それにしても不思議なラムネやコーヒーを飲んでみたいと思いました。

  • 伝説の吸血鬼が復活するという噂の広がる風早の街
    子どもたちを守るため、さやかと仲間たちは十三丁目に向かう
    実体化した魔物と対決しているとき姿を現した“あの人”はだれなのか

    “伝説のファンタジー”の文庫化第2作(オリジナルは2006年刊)
    「あとがき」によると第3巻は書き下ろし準備中とのこと

全12件中 1 - 10件を表示

(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[む]1-14)天空のミラクル 夏の魔法 (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする