ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)

  • 81人登録
  • 3.89評価
    • (7)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : A.F.ハロルド
制作 : エミリー グラヴェット  A.F. Harrold  Emily Gravett  こだま ともこ 
  • ポプラ社 (2016年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591150283

ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「外国の本っておもしろい! ~子どもの作文から生まれた翻訳書ガイドブック」の「3. ファンタジー・冒険」で紹介されていた10冊のうちの1冊。

  •  アマンダは、想像力豊かな女の子。ラジャーは、アマンダにしか見えない、他のだれにも見えない、アマンダだけの友だち。アマンダの家にバンディングという男が調査のためだと言って訪れる。男のとなりには…。

  • 見えないお友だち
    空想好きの子どもなら、一緒に遊んでる

    そういうお話しかと思ったら、
    悪いやつに追いかけられたり、ドキドキの場面も。

  • アマンダは想像力抜群の女の子。
    他の人には「見えない友達」ラジャーと出会い、親友になる。
    ラジャーはアマンダが作り出した空想の男の子、という事はアマンダ自身もお母さんも理解してくれてるし(お母さんも昔は見えない友達がいた)、学校の友達も「アマンダがまた変な事言ってる」的に知られている。

    けれど、見えない友達がいる事を嗅ぎつけて、見えない友達を狙う謎の男バンティング氏が現れた。恐ろしい見えない友達の黒髪の少女を連れて…

    クリスティーナ・ロセッティの「思い出」の詩の後、
    アマンダの死んでしまったラジャーの心情が綴られ、
    物語ははじまる。





















    アマンダとラジャー、どちらが主人公と思って読むのか、どちらも主人公だな。

  • 見えない(想像上の)お友だちと、彼らとの別れについて。誰かの見えないお友だちが、想像力の足りない人間の子どもにレンタルされる、という発想が面白かった。彼らの待機場所が図書館というのも素敵だ。たとえ見えないお友だちの思い出がなくても、自分にもいたのかも、と思わせてくれる、暖かい作品。
    主人公のお母さんのストーリーは、大人が読む方がぐっとくると思う。ちょっと怖いところもあって、子どもだったら眠れなくなっていたかも。

  • 「ひみつの友だち」ものは、それだけでワンジャンルできるほどたくさんあるけど、ひみつの友だち視点で書かれたものというのはついぞ読んだことがない。そういう意味ではほんとに奇想天外。

    しかもよく正体のわからない男とそのひみつの友だちも出てくるし(これがまたこわい!)頭のなかにいっぱい「?」が飛び交って、最後も謎が解けたような解けないようななんだけど、しまいにはジーーーーン。

    この本は、完全に大人視点で読んだな~。ママのリジーがいいんだよね。クラスメートのママが、娘がひみつの友だちが見えると言い出したとたんうろたえて精神科に連れていくところが茶化して描いてあるけど、親になったらそういうふうになってしまう人はたくさんいる。子どもがオタクでも引きこもっても、ずっと「大丈夫」と信じて待つのはなかなかむずかしいことなのだ。

    なんかいっぱい暗喩めいたものが込められていて、ちょっと読んだ人と語り合いたい感じがした。

    あ、それからエミリー・グラヴェットの挿絵がほんとにいい。これは愛蔵版になりそう。ページの下隅の小鳥さんはいったい何者? いろいろ気になるなー。

  • 「見えないお友だち」の物語。
    想像力豊かなアマンダとアマンダのつくりだしたラジャー。ふたりは大の親友だったけど、ある日アマンダが事故にあって、ラジャーはどんどんうすくなっていってしまう。見えないラジャーの風変わりな冒険譚。

    想像力豊かな子どもがつくりだす「見えないお友だち」がでてくる作品はおおいけれど、「見えないお友だち」の方が主人公のものはめずらしい。ファンタジーを交えて想像力あふれる子どもの世界を描く一方で「見えないお友だち」を信じない子や親たちも描いている。ラジャーの存在を信じてくれるアマンダのママがとてもいい。おめでたいただのハッピーエンドじゃない終わり方もすき。わりとコミカルな語り口なのに、しっかりと表現するところはしていて読みやすいのに深い。それに、エミリー・グラヴェットさんの挿絵が物語を本当に引き立てていてとてもいい。

  • アマンダの想像力は凄い。
    私も、いっぱい想像してみたい。
    表紙の絵がとっても素敵。

  • 想像力が豊かで魅力的な少女がいる。
    が、彼女は語り手ではない。
    語り手は、彼女が作り出した空想の友達である少年だ。
    文句を言いつつも最高の相棒だった二人にある出来事が起き、少年は消え去るかも知れない状況で孤独な戦いをすることになる。
    予想外に怖くて、大人の私でもドキドキした。
    なかなか容赦ない…!
    しかしグッと来る物語で、挿絵もとてもいい。
    この作者の他の作品も読みたくなった。

  • 子どもの想像力が創り出したもの
    すごい!
    イギリスの作者
    そして、挿絵がいいなあ
    何度も見返したよ
    ドキドキさせられたよ

    あまり期待せず読み始めたけれど引き込まれてしまった

    私にもいたのかなあ
    想像力貧弱だったからショボいともだちだったかも

    ≪ 想像は 儚く消えて 今になり ≫

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
トーン テレヘン
ヨシタケ シンス...
tupera t...
戸森 しるこ
エラ・フランシス...
R・J・パラシオ
福田 隆浩
ひこ・田中
辻村 深月
キム・ファン
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)の作品紹介

ラジャーは、少女アマンダが想像してつくり出した親友だ。
ふたりはいつも一緒に、楽しい時間をすごしていた。
しかしある日突然、アマンダがいなくなり、ラジャーはひとりぼっちになってしまう。
アマンダに忘れられると、ラジャーはこの世から消えてしまうというのに。
さらに、子どもたちの想像力を盗む、不気味な男もあらわれて・・・。
大切な友だちを探すため、ラジャーの旅がはじまった・・・・・・!
子ども時代の不安や喜びをスリリングな展開で描く、イギリス発のファンタジー。人気画家、エミリー・グラヴェットの挿絵入り。

「子どものときのことなんて、みんな忘れていく。でも、子どもに忘れられていく友だちを書いたこの本を、きみはきっと忘れない」ー金原瑞人氏(法政大学教授・翻訳家)

「とても明瞭かつ独特な語り口で読者を魅了する、温かくて笑いのある物語」
―ガーディアン誌

「恐ろしくもあり、ユーモアもあり、感傷的になることなく、感動させてくれる。エミリー・グラヴェットの絵も美しい。はじめから終わりまで、喜びにあふれた本」
―ファイナンシャル・タイムズ

「想像力について、一風変わった作風で描くことに成功している。ケイト・グリーナウェイ賞を受賞したことのあるエミリー・グラヴェットの挿絵は、モノクロでもフルカラーでも美しく、文章と融合することで特別な一冊に仕上げている」
―ブックリスト

ツイートする