([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)

  • 1034人登録
  • 3.95評価
    • (89)
    • (133)
    • (83)
    • (7)
    • (3)
  • 131レビュー
  • ポプラ社 (2016年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591150412

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
恩田 陸
坂木 司
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「世界は森」「八月のコースター」「星たちの涙」「ひとつだけの活字」。ツボに入ってしまったのか、1章読むごとにうるうるきてしまって、うわぁ…どうしよう…と収集がつきませんでした。読み終わってからも、余韻が残って心地がいいのです。ほんと手にしてみてよかった…。正直ポプラ文庫だからYAで中高生のよみもの的にしか思っていなかった自分をグーで殴りたい。

    読書が好き、本が好き、活字が好きな人にはたまらないんじゃないかな。活字を拾うという作業。一冊の本にどれだけの活字が使われているのか…考えると、それはもう宇宙に散らばる星の数並みで、どの作品も書き手の想いがつまっていているんだなぁ…と、当たり前なことを改めて思った。うまくいえないけど感謝の気持ちで胸がいっぱい。この本が手元にあるうちに続きが読みたいです。

  • 古びた印刷所「三日月堂」が営むのは、昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂にはいろんな悩みを抱えたお客が訪れ、活字と言葉の温かみによって心を解きほぐされていくが、店主の弓子も何かを抱えているようで…。

  • 壁一面の活字の棚、ってどんなんやろ、と思ったのですが、ポプラ文庫がこの本のプロモーション用に作った「特別動画」にリアルな活字棚が映ってました(^o^)

    "ルビ"ってそういう語源だったのか~、も新発見。

    活字を拾うことで、昔、伝えられなかった"言葉"に新しい命が吹き込まれる心温まるお話でした。

  • 純粋に良いと思える本とは、内容も然ることながら、そこから伝わる世界観や、読後流れてくる静寂の時間に浸らせてくれる作品だと個人的には思っている。そしてわたしはこの本がそれだと思う。素敵なものはずっと変わらず残されればいいのに。手間がかかっても何でも、そこからしか生み出せないものは絶対あるのだから。何かを新たに作り出すのも素敵だけど、元々あったものを守って現代に生かすことはもっと素敵で無敵だと思う。

  • 活版印刷を通して繋ぐ人と人との絆。
    銀河鉄道の夜が出てきたのが嬉しかったなぁ。

  • 「伝えられていない〝言葉〟はありませんか――」
    発売前から社内外で感涙・絶賛の声、続出!!
    優しさと切なさと感動の詰まった、今年一番の自信作!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    <内容>
    川越の街の片隅に佇む印刷所・三日月堂。店主が亡くなり、長らく空き家になっていた三日月堂だが、店主の孫娘・弓子が川越に帰ってきたことで営業を再開する。三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂には色んな悩みを抱えたお客が訪れ、活字と言葉の温かみによって心が解きほぐされていくのだが、弓子もどうやら事情を抱えているようで…

  • 活字を拾う。

    何度も何度も登場するこのフレーズに言葉以上のものが含まれているんだろうな。

    いろんなものを含んで拾い上げた活字が印字されて、決して消えないものとして刻まれたものが、人の心を打つというベタではあるけども、とても清々しい優しさに満ちた作品でした。

  • ほしおさなえさんの「活版印刷 三日月堂 星たちの栞」読了。文字一つ一つを繋ぎ合わせて印刷する活版印刷、そんな古びた印刷所の三日月堂を舞台にした心温まる作品。祖父の代で止めてしまった三日月堂に訳あって戻ってきた孫の弓子。運送業のハルがきっかけに動き始める活版印刷。祖父に教え込まれた職人としての教えを胸に弓子は戸惑いながらも川越の人々に「言葉」を届ける。。いやー、良かったです。読むまで全く知らなかった活版印刷。文字の濃淡、打ち付けの強さなど、奥が深い。全4話どれも言葉にまつわる素敵な物語。オススメです♪

  • 小説のテーマは色々ありますが、活版印刷を持ってくるというのは結構良い取り合わせだなぁと感じました。
    実際のこの本自体はDTPな訳なので、そのものの風情を伝えられないのは難しいところ。たとえアナログレコードのような音でスマホから音楽が流れてきても、それはレコードを聴く体験じゃない訳で。

    でも、本著の物語の中から活版印刷の魅力は伝わってきました。筆致自体も、まるで1文字ずつ丁寧に組み合わせて印刷する活版印刷を体現しているかのように、言葉と言うか、文字をとても大事にしているのが伝わってきます。
    登場人物たちが穏やかに、緩やかにバントを繋いでいって綴られていく4つの短編は、読んでいて落ち着くような気持ちにさせられます。
    川越の古い印刷所という設定も素敵だし、未来の無い技術(活字の鋳造機はもう造られていないとか)である活版印刷が、関わった人の未来の可能性を創っていくという枠組みも良いのでは。

    電子化が進むご時勢ですが(このレビューも含め…)、実際のものに触れた時の驚きや喜びを呼び覚ましてくれるような1冊でした。

  • 活字の持つパワーや温かみを感じて、文字のがもっと好きになる。ハートフルなお話も心に染みる。

    一文字一文字に込められた思いを大切に感じる、あんなアイテム達、私の手元にあったら絶対に宝物にする!

    活版印刷、かっこよすぎる!!

全131件中 1 - 10件を表示

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)に関連するまとめ

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする