これから戦場に向かいます

  • 50人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 山本美香
  • ポプラ社 (2016年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591150962

これから戦場に向かいますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『力でねじふせるやり方は、
    即効性があって、
    表面的には効果があるよに見える。

    しかし、
    人間の心にきざみこまれた憎しみは、
    何かのひょうしに爆発し、
    暴走するだろう。』

    命をかけて世界の戦争の実態を報道するジャーナリスト達。
    山本美香さんはその尊い仕事をしている最中に銃撃され、命を奪われた。

    世界の現状を見るに、人類は過去の沢山の過ちの歴史から学びつつ成長している、とはとても思えない。これからもどれだけ尊い命が殺戮されなけばいけないのか。そんな遣る瀬ない思いを抱きながらも、どんなちっぽけなことでも自分が出来ることを探していきたい。

  • 戦場を映したジャーナリスト、山本美香さんの写真絵本。
    絵や写真は、大きくてきれいな印刷でみると訴える力もかわってくると思う。
    他の本でも見た写真がほとんどだけど、このサイズで見ることができるのは良かったと思う。

    大人向けの本や、もう少し年長の子供向けの本と同じくストレートな文章と写真。
    それがいいところだけど、子供のころに読んだら怖さが先に立っちゃったかもしれない。
    大人としては、子供に(それ以上に大人に)、これを読んでストレートに受け止めてほしいと思う。

    以下の引用の文章と、どんどん危機を煽る現在を考えてしまう。
    “力でねじふせるやり方は、即効性があって、表面的には効果があるように見える。
    しかし、人間の心にきざみこまれた憎しみは、何かのひょうしに爆発し、暴走するだろう。
    今は、じっとだまって成り行きを見ているイラクの人たちだが、彼らのうけた傷は、いつまでも消えることなく、くすぶりつづけるだろう。p39-40“

    私が山本美香さんの活動を知ったのは生前だった。
    常に思い出すわけじゃないけど、いまだに受け止め方がわからない。
    もう5年もたつのか。

  • 亡くなった戦場カメラマン、山本美香さんのドキュメンタリー絵本です。

    2017/03/30 更新

  • 山本美香さんシリーズ、結構好きで何冊か読んでいる。
    亡くなった時一緒にいた方があとがきを書いてある、山本さんがどんな人であったかが一緒に取材をしていた人の視点から知ることができた。

  • 【図書館】山本美香さんの写真絵本である。復讐はくり返され、果てしなく続く。一度動き出した戦争は、簡単には止められない。だからこそ、戦争を始めたらいけない。これが戦場で、現実なんだ。世界のどこかで、こういったことが起こっているんだと改めて、知らされました!写真だから、感じるものは大きいと思います。

  • 胸の詰まる写真も、文章も。
    ぽんっ。と置いていい本ではないと思います。
    声かけが必要なのではないか。もしくは、フォローの言葉が。
    キツイことかもしれないけど、それでも知ってほしいし、知るべきことだと思うし。
    手渡すことの責任を感じつつ、よく考えてみよう。

全6件中 1 - 6件を表示

山本美香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R・J・パラシオ
ウィリアム・グリ...
キム・ファン
モーリス・センダ...
三浦 しをん
トーン テレヘン
ヨシタケ シンス...
宮下 奈都
アーサー・ビナー...
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

これから戦場に向かいますを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする